TKN心理サロンブログ:与えられた権利「苦の耐性」

yokoitomizou 2015年1月13日 by yokoitomizou

フランス連続テロ事件に対して、フランスで370万人もの人々が、犠牲者を悼む大行進が行われました。

いろんな国の首脳クラスも、行進に加わって「テロに屈しない!言論の自由」を訴える、ニュースが流れています。

 

でも、日本では考えられない行動です。

これ程までの民衆が行動を起こす事は、聴いた事が有りません。

国民性もあるでしょうが、これ程まで「自由」に対して反応が違うのは!

 

私の勝手な考え方ですが、

ヨーロッパや諸外国は「勝ち取った自由。権利。民主主義」が有る気がします。

フランスで言えば、「フランス革命」により、民衆が「自由」を勝ち取りました。

しかし、勝ち取るために、どれだけの尊い命が犠牲になったでしょうか?

多くの犠牲の上に、権力から「勝ち取った」思いが強いからこそ、

その自由を侵すものに対して、強い憤りが湧いてくるのかもしれません。

 

日本も昔は、権力者に支配され「自由・権利」はありませんでした。

しかし戦争に負けた事により「自由・権利・民主主義」を与えられた、処が有ります。

もしかしたら、「与えられ民主主義」故に、思い入れも弱いのかもしれません。

どこかで、「自由は当たり前」という、安易な考え方が有るからこそかもしれません。

 

自分たちの力で勝ち取ったものだからこそ、価値が有ると思います。

 

悩みの世界でも同じです。

悩み苦しんでいる時は、「謎が解け、悩みから解放される」事を望みます。誰しもが!

でも、その時に誰かに対処法の答えを貰い、悩みから解放されれば、楽になります。

そして、それ以上苦しい事に関わらないようにします。

根本的な原因に蓋をして。

でも、やがて再び「悩み」が再発します。

そして又、人に答えを求めます。

繰り返し繰り返し!

 

それよりも、

たとえ苦しくても問題点に立ち向かい、

自分の力で謎を解き、

悩みから解き放たれたらば、「自由」になれます。

自分で、勝ち取った「自由」です。

自分で勝ち取った自由であるからこそ、

その自由を侵すものに対し、戦います。

自由を守るために!

 

悩みから解放ざれ、自由を手に入れるための

産みの苦しみ

「苦の耐性」が必要です。

 

勝ち取った「自分らしさ」を手に入れ、誇りにしませんか!

 

 水仙

 

カウンセリング:カウンセラー体験講座への申込みはこちらから!

 

コメントは受け付けていません。