所長のカウンセリングアドバイス:叱られると、帰りたい。

yokoitomizou 2016年7月19日 by yokoitomizou

大学卒業者の3年以内の離職率が32%を超えるそうです。

それも1年以内が13%も居るそうです。

何故?

でも私も、高校卒業して3年目で辞めましたね。

父親が死に遺言もあり、

家を手伝わないという大義名分がありましたが、

直接は、上司との衝突でした。

今思えば、若気の至りでしたね。

仕事の上で当たり前の事が、

当たり前で無くなってしまい、

初めて衝突して、辞めてしまいました。

3年で辞めてしまうと、会社としては大損です。

会社の経費を掛けて一人前に育てて、

やっとこさ、使えるようになってきたかなぁ、って時に

辞めてしまうのですからね。

車の免許まで取らして貰ったのにですよ。

会社や上司、先輩に迷惑だけを掛けただけです。

今思えば、恥ずかしい思いです。

 

でも今の新卒者はちょっと事情が違うようです。

上司から叱られたから辞めてしまう人が出てくるようです。

「叱られると、帰りたくなる」そうです。

直ぐに、この関係性を断ち切りたいようです。

立ち切れば、叱られる事が無くなる。

という思考になっているようです。

分からないでもありませんが、

ミスをして叱られる都度、

会社を辞める、人間関係を切る事をして居たら

何処にも居場所が無くなってきます。

「叱られると、帰りたくなる」は

「失敗をすると親から怒られる、怖いそんな思いをしたくないから、

その場を逃げたい。逃げれば楽になる」と言う事になります。

今の若い人たちの、人間関係です。

 

人はミスをして失敗をして、そこから学ぶものがあります。

失敗経験を活かし、成功体験にもっていく事により

「やれば出来る」と言う、自信が湧いて来ます。

チャレンジを続ける事が出来ます。

でも今は、「失敗経験」をさせない、風土です。

幼い時から失敗を恐れます。怒られるからです。

怒られない為に、失敗をしないようにする。

その為には、チャレンジをしない。

これでは「産みの苦しみ=苦の耐性」が付きません。

チャレンジをしていると、後もうチョットという処が一番苦しいです。

そこを乗り越えてこそ、自信になります。

「やれば出来る」という自信が。

それには、親からの「評価」が要ります。

「承認欲求」「賞賛欲求」により、子供は自信をつけます。

 

焼酎とうちわ

 

カウンセリング:カウンセラー体験講座への申込みはこちらから!

 

 

コメントは受け付けていません。