所長のカウンセリングアドバイス:イメージの心理学

yokoitomizou 2019年12月23日 by yokoitomizou

「イメージの心理学」

これは、亡き河合隼雄先生の言葉です。

人は「イメージ」で世界を創り上げます。

クライエントが

「私はブスです。これがコンプレックスで

人からは嫌われます。好かれることがありません。

好きな人からも嫌われます。」と、訴えてくることがあります。

でもクライエントは、決してブスではありません。

ブスどころか、優しい顔立ちのどちらかと言えば綺麗系です。

普通以上の容姿をしています。(セクハラになりますかね?)

返答として

「貴方はブスではありませんよ。優しい素敵な人ですよ」と

返しても納得しません。

それどころか反論されます。

「私はブスです。」と怒られます。

これは、カウンセラーが誤解をしている結果です。

クライエントの気持ちをポジティブに切り替えて貰う為に

肯定的に返答をしただけで

クライエントの気持ちを

受容と共感が出来ていない結果です。

他人から見たら例え綺麗でも

本人のイメージの中では

「ブス」以外の何者でもないのです。

現実の世界での綺麗やブスは関係ないのです。

クライエントの心の世界では

ブスと思い込んで居るのです。

「ブスと思って居る」気持を

受容と共感しなければ成りません。

例え痩せていてても

その人が「太っている」と思えば

本人のイメージにとっては「太っている」なのです。

クライエントにとっては

「イメージの世界が現実の世界」なのです。

一般的に見れば「ワガママな自己中心的考え方」であっても

本人が「〇〇さんによって、私は苦しい、哀しい、辛い!」が

訴えていれば、

それが本人ににとっては、現実の世界なのです。

カウンセリングに於いて

一般常識は二の次です。

先ずは、クライエントの世界を於け止めなければ

前には進みません。

 

 

 

 

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング

コメントは受け付けていません。