海外研修:カウンセリングワーク

所長のカウンセリングアドバイス:マンダラアート・ワークショップを終えて

yokoitomizou 2019年11月5日 by yokoitomizou

マンダラアート・ワークショップが終了しました。

本来ならば、海外研修としてロスアンゼルス・ラグーナビーチでポールの元で

マンダラワークショップを受ける予定でしたが

ポールの都合で研修が実施出来ませんでしたので

TKN心理サロンとして

マンダラアートとユングの理論「光と影」を融合させ

11/2~4までマンダラワークショップとしてチャレンジしました。

始まりはポールの「マンダラアート」です。

各自が好きなマンダラアートを選び、思うがままにマンダラを描いて貰います。

皆、和気あいあいとと進みました。

結構、皆綺麗に描いています。

2日目に入り、ここから本番です。

今まで描いたマンダラは、頭の中で考えて描いた

いわゆる「ペルソナ」偽りの自分自身です。

他人から「いい人」に想われたくて「偽りのマンダラ」です。

過去の私でもあります。

ペルソナマンダラから「シャドーマンダラ」にチャレンジです。

私は良い人なんかではない!

卑怯者、弱虫、恨み、嫉み、裏切り、嘘つき・・・それが私!

ペルソナマンダラをシャドーマンダラに描き変えます。

ペルソナマンダラを潰す勇気は、自分自身の壁を破る勇気が要ります。

葛藤、恐怖、苦しみ、哀しみ、混乱、パニックが襲います。

今まで自分を守っていた「鎧」を剥がす行為は恐怖そのものです。

勇気を持って「シャドーマンダラ」に挑んだ時に

一気にマンダラが変りました。

自分の中の何かが「崩れ」始めました。

昔ながらの「しがらみ」の崩壊です。

「シャドーマンダラ」は本人も驚くぐらいのマンダラです。

最終日には「トゥルーマンダラ」への挑戦です。

「ペルソナマンダラ」と「シャドーマンダラ」を受け入れたとき現われます。

「嘘の自分」も「嫌な自分」も両方とも「私自身」です。

肯定も否定もせず「ありのままの私」を受け入れたときに

「トゥルーマンダラ」が産まれてきます。

グチャグチャな「シャドーマンダラ」からは想像できないほどの

光り輝くマンダラが現われます。

本当の自分が描き出されました。

スタートした時のマンダラとはまるっきり変りました。

その人らしい「ありのままの今の私」です。

涙ながらのマンダラアート・ワークショップでしたが

最後の記念写真は皆、素敵な笑顔に変っていました。

1回限りのワークショップ開催の予定でしたが、

今回の受講生が又、

マンダラを描き続けたいとの希望が多くでましたので

2回目の「マンダラアート・ワークショップ」を開催することになりました。

次回は早くても半年後の開催になります。

「マンダラアート」描きたい方は、心の準備は始めて下さい。

 

元々のオリジナルマンダラ(本の絵です)と

ワークにより変わった自分自身のオリジナルマンダラの違いも

見て下さい、

 

 

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング

日程変更:2019年 第21回海外研修 マンダラアート

cocorotkn 2019年1月4日 by cocorotkn

ワークショップ開催に日程が変わりました。

2019年 第21回 海外研修

マンダラアート研修

 

昨年に続き「マンダラアート」に挑戦をします。アートマンダラは、色々な自分が発見できます。

「真っ白なキャンパス」に色を付ける処から自分自身への挑戦です。

描く過程の中で色々な心が現われ、感情が湧き出します。

完成したマンダラが自分自身の現在の心を表現します。

今回はロスアンゼルスのリゾート地・ラグーナビーチにある、ポールのスタジオでワークショップを開催します。

ワークショップ期間は7日間でですので、いつも(5日間)よりじっくりとワークを堪能出来ます。

マンダラアートは貴方の心を描き、成長させます。

真っ白なキャンパスに色を塗る。ここから自分への戦いが始まります。

地の色次第によりこれからのマンダラがどの様になるかが決まるのです。

テンプレートを選びマンダラを描く。見本はありません。

どの様なマンダラにするか想像しながらペイントをする。

だが思うように描けない。描けば描くほどイメージとは離れていく。

修正をしようとすればするほど崩れてくる。

失敗、悪循環が怖いので安全策で描けば、こぢんまりした無難なマンダラが完成する。

出来上がっても何か不満足、でも筆を加えれば「蛇足」になりマンダラが崩れる。

ジレンマの末、思い切って筆を加えれば、やっぱり収拾が付かなくなった。

やはり止めればよかった。後悔をしてももう遅い。進めていくしかない。

こんな葛藤をしながら完成をしたマンダラは、新しい「自分」が表現されます。

恐怖、ためらい、後悔、ジレンマ、チャレンジ、枠を超える、

そして産みの苦しみの果てに「新しい私」を完成させる「マンダラアート」です。

昨年描いたマンダラは、描いた時点での「私」であり、過去の自分でも有ります。

あらたなマンダラを描くことにより「自分自身を知り・新たな私」にチャレンジをしましょう!

 

 

日時:2019年10月27日(日)~11月4日(月):9日間

費用: 48万円(空港税、燃油サーチャージ別途)

※今回、航空チケット、ホテルに関しましては、個人エントリーになりますので、

申込後のキャンセルは全額自己負担になります。

通訳者の費用も個人割り分負担も掛かります。

個人責任に於いてのグループ研修です。

今回はホテル滞在ですので、夕食は別途必要です。

※別途ワーク材料費として$50が必要です。

今回は旅行社を使わずに

通訳の「あき子さん」にコーデュネートをお願いしていますので、

原則個人手配になります。

参加募集最低定員:7名(定員に達しない場合は中止)

 

 

 

2018年のエサレン研修を終えて

yokoitomizou 2018年7月2日 by yokoitomizou

今年のエサレン研修を終えて、もう3週間ほど経ちます。

3年ぶりのエサレンでした。

今回

ポール・ヒューツセンスタムの「アート曼荼羅」ワークショップを受けて、

あらためて、ゲシュタルト療法の素晴らしさを実感しました。

「今に生きる」

今に生きるとは

今、出来ることを一生懸命やること

やっているうちに

次のやることが産まれる

又、その事を一生懸命にやる

この繰り返しを

やっていくうちに

新しい「私」が産まれる。

 

「アート曼荼羅」を描くのに大変苦労をしました。

真っ白なキャンバスに

選んだ「曼荼羅」のテンプレートをトレースし

色を塗っていきます。

綺麗に描きたいという思いと

失敗を恐れなる思い

試行錯誤しながら描いていきます。

ポールのアドバイスを貰う事により

自分らしく描いたい「私」と

アドバイスに対する抵抗する「私」から

葛藤が起きる。

その葛藤から新しい「私」が産まれる。

この葛藤が無ければ

今までの枠に収まった「私」しか無い。

この繰り返しでした。

戸惑い、筆が止まれば何も変わりません。

葛藤しながらも描き続ける中で

「新しい私」が産まれます。

そして、新しい私が

「今の私」です。

これこそが成長です。

変化を続けているのが

「今の私」なのです。

今回の「アート曼荼羅」には完成がありません。

描き続けるのです。

曼荼羅自体が「私」です。

進化、成長を続けます。

新しい「今に生きる」を体感してきました。

教室の飾ってある私の「アート曼荼羅」は未完成です。

人間は、死ぬときまで成長を続けます。

今に生きる、成長を続ける限り

アート曼荼羅は未完成のままです。

 

ポールは日本大好きです。

桜の咲く頃に、日本で「アート曼荼羅」のワークショップを行ないたいようです。

来日の時には、皆さんも「アート曼荼羅」にチャレンジしませんか!

2018-第20回海外研修 エサレン研究所:アート曼荼羅スライドショー

cocorotkn 2018年6月28日 by cocorotkn

2018-第20回海外研修 

エサレン研究所:アート曼荼羅スライドショーが出来上がりました。

アート曼荼羅を描くことにより

自分自身を見つめ直すことになります。

アート曼荼羅に自分自身が映し出されます。

 

 

2018-エサレン研修レポート⑦

yokoitomizou 2018年6月9日 by yokoitomizou

エサレン最終日
いよいよこの日が来ました
果たして、研修の成果が出たのでしょうか?
でも生徒達の様子を見ていると
自身を持って言えます。
自分自身をあるがまま受け入れる事とを
スタートさせた。
時間は掛かりますが、一歩ずつ歩み出した事を。
アート曼荼羅は心の中を描きます。
無意意識で表現します。
表現した自分自身を肯定も否定もされずに
受け入れられた実感が、
更なる成長に自信が持てます。
ワークショップリーダーのポールは
素晴らしです。
生徒が描いたアート曼荼羅を決して否定はしません。
描いたアート曼荼羅を認め、否定もしません。
それが今のどの人だからです。
おかげで、安心してアドバイスに耳を傾けて
自分自身のイメージで描きます。
結果、生徒自身の今を表現し
新たな自分を描きます。
ポールは久し振りにに出会えた
心の熱く、真剣に向き合ってもらえた
素晴らしいワークショップリーダーでした。
そして、通訳をお願いした明子さんには
感謝しかありません。
言葉の壁があるのに、見事に繋いでくれました
旦那さんに
迷惑を掛けましたが、大変助かりました。
皆んなの心の中埋まった
「エサレンの種」がやがて、目が吹き華が咲き
実がなることえお信じています。
今回も大正解のエサレン研修でした。

 

 

2018-エサレン研修レポート⑥

yokoitomizou 2018年6月8日 by yokoitomizou

エサレン最後の夜です。
あっという間に木曜日の夜が来ました。
長い様で短いエサレンです。
今朝は、

5リズムのジョナサンの好意で
特別にダンスワークに

参加させて頂きました。
毎日キャンパスに向き合い
肩も凝り、目も疲れて

キンキンになっている
状態でしたので、とてもラッキーでした。
身体の緊張もほぐれ
ハートもオープンになれました。
アート曼荼羅も完成しました。
長い格闘でしたが、
完成したアート曼荼羅はどれも素敵です。
その人自身を表していて

とても興味深いものです。
心を理性でガードしているもの、
あちこちに興味がいき

まとまりにくくなっているもの
色々な曼荼羅です。
でも完成した時の顔は素敵でした。
私の曼荼羅も、

当初イメージしていたものとは
大きく変わりました。
でも、完成した曼荼羅は
私を表しています。
明日は、ラスト
ワーク最後の仕上げシェアです。

みんないっぱい頑張っていますので
あちこちで、感情が飛び出しています。

流星を見ました。

 

 

2018-エサレン研修レポート⑤

yokoitomizou 2018年6月7日 by yokoitomizou

エサレン4日目
停電も収まり、朝食にもありつけました。
朝から、アート曼荼羅に追い込まれています。
ハートがオープンし始め、感情が湧き出しています。
今日は夜のワークがない日ですが、
アート曼荼羅に掛り切りです。
時間があっという間に過ぎます。
ワークリーダーのポールが皆んなに関わり
アドバイスをくれます。
それも、生徒の心をしっかり把握して
アート曼荼羅がその人を表していきます。
明日は特別にジョナサンの5リズムダンスワークに
特別招待を受け参加です。
それも、アート曼荼羅チームが全員!
5リズムを受けることにより
さらに心のオープンが加速されるでしょう!
アート曼荼羅も最後の仕上げに入ります。
頑張らなくちゃ!

エサレンは今までのエサレンであり

又、新しいエサレンでもあります。

 

2018-エサレン研修レポート④

yokoitomizou 2018年6月6日 by yokoitomizou

(さらに…)

2018-エサレン研修レポート③

yokoitomizou 2018年6月5日 by yokoitomizou

エサレン2日目の朝は霧

アート曼荼羅の始まりです!
キャンパスに下地を描き
曼荼羅をトレース。
もうここから色々な自分の癖が顔を出します。
失敗を恐れたり
綺麗に描いたがったり
マインドで考えっぱなしです。
ワークリーダーのポールの一言で
みんな右往左往して振り回されています。
まだ、自分の殻の中にいていることも気づかず、
殻の中で戦っています!
まだ、下地を作っている段階です。
日を追うごとに、自分の殻にヒビが入り
殻を破り、羽ばたく事期待しています。

 

2018-エサレン研修レポート②

yokoitomizou 2018年6月5日 by yokoitomizou

エサレンに着きました。
エサレンは変わってない様で変わっています。
昔の良きエサレンと新しくなり良くなったエサレン
そして、失われたエサレン。
感じ方は色々です。
それでもエサレンは魅せられます。
総てのものを受け入れてくれます。
今回の生徒達が、どの様に変わっていくか楽しみです。
アート曼陀羅はスタートです。
マインドで見るのオープンハートで描け!
大きな課題です。
今までの殻を破り新たな気づきが産まれるか!
チャレンジが始まりました。