海外研修:カウンセリングワーク

2015年 第18回海外研修 エサレン研究所レポート⑥

yokoitomizou 2015年5月1日 by yokoitomizou

木曜日のワークがスタートしました。

エサレンの残り時間も少なくなりました。

ユックリと時間が流れるエサレンも、現実の時間は進みます。
今から、エサレンマッサージの超ベテラン、トーマス・アッティラのマッサージを受けれます。

エサレンの魅力のひとつ、エサレンマッサージ

身体の緊張をほぐし、心のコリをもほぐしてくれます。

とど凝っている感情をも、ほぐしてくれます。

至福の時間を楽しんできます。

  

2015年 第18回海外研修 エサレン研究所レポート⑤

yokoitomizou 2015年4月30日 by yokoitomizou

Mr.ダンディは健在です。

皆んなの人気者です。

私達がエサレンに来る時は、いつも来てくれます。

生徒達のケアもバツグンです。

もしかしたら、秋のワークショップに来日参加してくれるかも!

実現すれば最高ですね。

  

2015年 第18回海外研修 エサレン研究所レポート④

yokoitomizou 2015年4月29日 by yokoitomizou

5リズムが激しくなりました。

不安から恐怖へのワークでした。

恐怖は身を守るディフェンスにもなります。

ワーク内は凄いエネルギーが、充満している様です。

ワークを受けている者からすれば、気づきませんが、ワーク内に居た娘は圧倒された様です。

エサレンのワークの発祥の地「ハクセリー」が無くなりました。

新しく建て変わります。

   
 

2015年 第18回海外研修 エサレン研究所レポート③

yokoitomizou 2015年4月28日 by yokoitomizou

今日から、本格的なワークの始まりです。

50人超の大きなグループです。

流石、ルシアの人気は凄いですね*\(^o^)/*

先ずは、5リズムの基本を押さえてのダンスだけで、かなりハードです。

ライブのパーカッション演奏も入り、生徒達も頑張ってついて来ています。

既に、あちこちが痛いようです。
昼からは、本格的に「ハートビート」が始まります。

  

2015年 第18回海外研修 エサレン研究所レポート②

yokoitomizou 2015年4月27日 by yokoitomizou

エサレンに到着しました。

途中、カーメルマラソンの影響で、何時ものスーパーに寄る事が出来ないハプニングに、遭遇しましたが、ドライバーの機転で他の店へ行く事が出来ました。

何時ながらに、ついています。

期待と不安の中の研修が、始まります。

其処に、いつもと変わらないエサレンがありました。
オフィス、食堂の建替の為に、ハクスリーが無くなっていました。

その為に、風景も変わってしまいましたが、

エサレンに集うメンバーは、

何も変わりません。

夕食の後のワークを前に、

みんな「まったり!」としています。


いよいよ、8:30PMからワークが始まります。

ルシアの5リズム:ハートビートは、どんなにでしょう?

  
  

  

2015年  第18回海外研修  エサレン研究所レポート①

yokoitomizou 2015年4月26日 by yokoitomizou

今年のエサレン研修が始まりました。

少人数ですが、みんなが頑張ってここまできました。

緊張した顔ですが、研修が修了する頃には

一皮向けた顔になるでしょう!

期待しています。

今回は、次女も参加して居ますので

違った刺激が加わるでしょう‼️

思春期ですので、写真には出ませんが^ – ^

随時、レポート更新します。

  

2014年 5リズム® ダンスカウンセリング:ハートビート スライドショー

cocorotkn 2014年11月16日 by cocorotkn

2014年 今年の

「国内ミニエサレン研修:5リズム® ダンスカウンセリング:ハートビート」

ダンスワークショップが終わりました。

その時の模様を、スライドショーとして「You Tube」アップをしました。

皆の、頑張りと、出し切った後の、清々しい笑顔を見てください。

 

5リズム® ハートビート・ダンスカウンセリング スライドショー

 

TKN心理サロンブログ:バンクーバーのひと時

yokoitomizou 2014年6月24日 by yokoitomizou

Hollyhock研修から帰国して、約二週間が過ぎました。

 

まだ何処かで、

Hollyhockを引きずりながら、

現実社会を生活しています。

 

Hollyhockの優しさ、

暖かさ、

安心感がごく普通に在った世界。

現実では悲しいかな、そうはいきません。

 

部屋に鍵が無くても、何の問題意識が無い。

気にならない。

誰も疑問に思わず、当たり前に思っている。

摩訶不思議な空間です。

 

こんな空間ですので、

「ありのままの私」を、

何の躊躇いもなく、

さらけ出していい居場所がそこに在ります。

 

現実社会では味わえない「非日常の空間」。

だからこそ「素の私」が出せます。

 

Hollyhockから離れ、

バンクーバーに入れば、

現実空間。

 

しかし、こころは「Hollyhock病」に罹っています。

人を疑わなくなっていますので、

現実に戻って貰わなければなりません。

 

それでも、バンクーバーの街は優しさが有ります。

ゆっくり現実に戻るには丁度良かったと思います。

 

綺麗な街で、日本人の私たちにも融け込みやすい環境でした。

自然が身近に感じられる空間でもありました。

 

私にとっても、オーバーホールの時間でした。

街の中で「ジャパドック」を見つけました。

ホットドックと、日本食具材がミスマッチしています。

私が食べたのは「黒豚のソーセージに大根おろしポン酢あえ」です。

観た感じは違和感が有りましたが、

食べるとこれが意外にイケるのです。

日本人が考えたらしいですがね、

お好み焼き風味とか、

味噌味とか色々です。

日本食をのミスマッチ!

 

散策をしていると、

犬と共に街の中を歩いている方々が、多く居られました。

ドーベルマン等の大型犬や、小型犬があちらこちらに。

ごく普通に犬と共に歩いています。

 

誰も怖がりません。

犬も怖がりません。

特別避ける事もなく、

街の中を行き来しています。

犬好きの人には住み心地の良い街ですね。

 

ただ少し気になったのが、

この犬たちが「鳴かない」のです。

一回も鳴き声を聴いた事が有りません。

それほど犬にとっても、安心な空間なのでしょうか?

 

それならばとても、素敵な街です。

ペットとの共存。

人々も優しくなれるはずですよね。

 

日本ではちょっと考えられません。

うがった見方をしてしまいます。

鳴かないように矯正しているってね。

 

素敵で綺麗な街でした。

 

 

IMG_0432 IMG_0434 IMG_1249 IMG_1253

TKN心理サロン:第17回海外研修 カナダ・ホリホック研修報告

yokoitomizou 2014年6月17日 by yokoitomizou

2014年 第17回海外研修:カナダ・ホリホック研修を終えて:

 

今年の海外研修は、初めての試みでカナダ・ホリホックに挑みました。

 

ともかく、総ての事が初めての体験です。

企画、準備、そして研修、総てに於いて一から創り上げていかなければなりませんでした。

 

ゲシュタルト三大聖地のひとつ「Hollyhock」。

20年前のEsalenが其処に在る。

 

その通りの実感でした。

海と森に囲まれ、

ただ其処には自然が在るだけでした。

 

海は穏やかな波。

波打ち際には、

ヒラメの稚魚、

海の中の砂を掘れば天然の牡蛎が一杯。

野生の鹿やリス、

大空を羽ばたくイーグル、

キツツキ、

見えない処にはもっと居る事でしょう。

森の中を巡り、辿り着く自然の中のワーク場です。

 

Hollyhockのスタッフは、とても優しく思いやりが有ります。

泣いていれば、そっとティッシュを差し出してくれる。

 

カウンセリングの状況になって話をしていると、

さり気なくお水を届けてくれる。

 

必要以上の事はしない、

その状況下で必要なものだけを提供する。

そんなこころ遣いが、嬉しい!

 

心優しく、見守られている安心感がいっぱいあります。

 

ただ、ホリホックの到着するまでが大変でした。

 

バンクーバーまでは順調に到着できましたが、

そこからホリホックの在るコルテスト島に渡る「水上飛行機」で問題が発生しました。

セスナ機にフロートを付けた飛行機ですので、重量制限が有ります。

既定重量までの荷物はOKですが、超えれば別料金。

これは事前に分かっていました。

 

しかし重量オーバー分が20パウンドを超えると、

1座席分を取られる事が現地で知らされました。

その上荷物は別便で送るでした。

私を含めて4人が引っ掛かりトータルで約2400カナダドルをを請求されました。

それも支払いは現金か、

ローカルクレジットカードでしか受け付けてくれません。

通常のインターナショナルカード(VISAやマスターカードです。)は通用しないのです。

支払わなければ飛行機は飛びません。

飛ばなければホリホックに行けません。

本当に途方に暮れました。

ここで、現地のガイドさんが機転を利かせてくれて、

自分のカードで支払い処理をしてくれました。

 

「清算は後でしましょう。今はともかくホリホックに行く事が一番ですから。」と言って貰えました。

「地獄で仏」でした。

 

予め、20パウンド超えの件が分かっていたら、

皆でシエアして通常の追加料金だけで済むように、段取りを組む事が出来ていました。

(最終的には、ホリホックを離れるまでの間に現地旅行社に交渉して貰い、

通常の追加れ金だけで済みました。

その上、別便で来た荷物も、帰りは同じ便で運べました。

ならば、行きの飛行機は何だったでのしょうね?)

 

ともかく、無事にコルテスト島の桟橋に着き(水上飛行機ですので海面に着水です。)、

ホリホックからの迎えの車で、無事到着できました。

 

チェックインも済み、各部屋に電気自動車で連れて行ってくれます。

ホッとしました。

部屋に入りワークショップように着替え、

ミーティングルームに行こうと思って部屋を出たら、鍵が有りません。

 

そうですホリホックには、鍵がないのです。

すべての部屋に!それほど安心できる場所なのです。(Esalenでも鍵は在りましたが?)

 

そんなバタバタした中での、ホリホック研修の始まりです。

(私は、現地旅行社と日本の旅行社とのメールでのやり取りで落ち着きませんでしたが、

Wi-Fiが繋がっているという事は、とても助かりました。)

 

ワークショップは、Luciaによる「5Rhythms® Form,Flow,Freedom」

 

今回のワークの中でLuciaが言いました。

 

「人の評価で自分の器を決めているから、

侵入をされる事を恐れる、

怒りを感じる。

それは自分自身を持っていない証。

内なる声を聴き、

本当の自分を解き放ち、

良いも悪いもない、

それが総て私。

その私をありのまま受け入れよう。

今、ここに生きる。」

 

その通りです。

 

私達は「親の期待に応えて」自分を造ってきました。

期待に応えていれば、

侵入されずに、

恐れることなく、

怒りも感じることなく、

傷つく事もなく、

愛されて平穏に暮らせます。

 

しかし、自分というものを創る事を忘れてしまいました。

自信を無くし、

傷つくのを恐れ、

人の顔色ばかりを見て、

相手に合わせて生きてきました。

空っぽの器を必死に守って。

 

自分自身の本当の叫びを聴く事を恐れ、

耳を閉じてきました。

こころの声を聴き、

それを訴えれば傷つけられます。

悪い子になります。

親の期待に背くからです。

親の期待に応えないは愛されません。

認めてもらえません。

結果、自分を殺します。

 

無理をして、

叫びを訴えれば「恐怖」が襲います。

 

この恐怖を越えなければ、

自分を取り戻す事ができません。

 

その抵抗勢力が、ダンスの動きを止めるのです。

その方法が泣く、

怒る、

水を飲む、

トイレに行きたい、

足が痛い、

辛い、

しんどい、

踊る事が嫌、etc

 

ダンスにより、

ブロッキングが緩み感情が湧き出してきます。

あともう少し頑張れば超える事が出来るのに、

折角高まってきた叫びに水を差してしまいます。

「苦の耐性」が弱いからです。

 

ワーク中に色々な反応が出ました。

足の動きを止め、泣きだした者。

ダンスの最中に水を飲みに行く者。

踊っている時にトイレに行く者。

ダンスをしている事が、みんなと居る事が辛くなり逃げ出したくなる者。

頭や足がが痛くなり、スキップしたくなる者。

様々です。

これも抵抗勢力になっている可能性が有ります。

 

この壁を越えた時、本当の叫びが聴こえてきます。

 

自分は誰なのか?

私は何を求めているのか?

いったい何をしたいのか?

 

その事に気づけば、「空っぽの私」を埋める事が出来ます。

 

「私はわたし」

「私はわたしの為に生きる」

「決して、貴方の為に生きるのではない」

 

この事は、普段の講座の中で幾度となく伝えてきた事です。

 

今回のLuciaのワークショップでダンス・5Rhythms®を通して実践して貰うことになりました。

 

今年のHollyhock研修のテーマは

「Let  it  GO! 解き放て。ありのままの私を!」です。

 

ありのままの私を自由にして、

自らの器に入れて行ってください。

本当の境界線を持ち、

そして、自分を成長させる為に勇気を持って、

境界線から一歩踏み出し、

成長して行ってください。

 

ホリホック研修メンバーは、

「勇気と力と自信の種」を手に入れました。

その種を芽生えさし、

花を咲かし、

実を結ばすのは、

自分自身です。

一歩踏み出しましょう!         

 

「Let  it  GO! 解き放て。ありのままの私を!」

 

Hollyhock研修のスライドショーもYou Tubeにアップをしました。ページはこちらです。観てください。

DSCN3504 IMG_0174 IMG_0190 IMG_0199 IMG_0241 IMG_0258 IMG_0281 IMG_0296 IMG_0302 IMG_0308 IMG_0316 IMG_0319 IMG_0337 IMG_0384 IMG_0401 IMG_0418 IMG_0436 IMG_0429

 IMG_1197

 

 

心理カウンセラースタッフ日記:何にみえる?

miurayouko 2014年6月15日 by miurayouko

これはホリホックで見た雲です。

何に見えますか?

海外には雲を眺める会というものがあるらしいですが、

見る瞬間の心模様によって感じ方が違います。

 

20140615-171155-61915762.jpg

 

ワークを受けてる最中はイーグルに見えたんですけどねぇ。

今は、ちょっと違いますね。

 

〜心理学を学ぶならTKN心理サロンへ〜