身近なカウンセリング

妖怪シリーズ⑤「不幸自慢」

cocorotkn 2011年8月9日 by cocorotkn

今回の妖怪は

「妖怪:不幸自慢」です。

 

この妖怪は、ともかく不幸な自分が好きです。

何が在っても、総ての事を不幸に捉えます。

 

「私程、この世の中で不幸な者は居ない。

他の人の不幸など、とるに足りません!」と豪語します。

でも内容を聴けば、

誰でもが在るチョットしたトラブルなのです。

 

不幸な話をすると、止まりません。

ばんばんの歌「サチコ」ではありませんが、

「幸せを数えたら片手にさえ余る。

不幸せ数えたら、一晩でも足りない。」その通りです。

 

話題に尽きません。

 

夜な夜な出没して、

何処かに不幸な事が起こらないか探し求めています。

 

時には、他の人の不幸を

自分の不幸として捉えてでも、

「悲劇のヒロイン(ヒーロー)」になって浸っています。

 

みんなんが幸せな状況下にある事は、

嫉み、恨み、嫉妬します。

でもそのくせ、それが至極の喜びになります。

 

その分、自分が不幸せのポジションに立てるからです。

 

不幸で居ると、

みんなんが構ってくれるからです。

幸せが嫌いで、

不幸がとても好きな妖怪です。
 

※この妖怪は、特定の人を例えて居るのではありません。

みんなの心の中何処かで、巣食っている「妖怪」です。

そして、私の中にも!

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング

妖怪シリーズ④「いいわけ」

cocorotkn 2011年8月5日 by cocorotkn

さて次の妖怪は

「妖怪:いいわけ」です。
 

 

人間は辛い時、

失敗したとき、

間違った事をした時、

苦しい時、

「言い訳」をします。

 

でもこれは時には必要です。

苦しんでいる状況では、

その事に捉われて仕舞い、

立ち直る事ができません。

 

痛みから解放され、

立ち直る為に必要な

「言い訳」があります。

そして、落ち着いたらその責任を取ればよいのです。
 

 

しかしこの妖怪は、

「言い訳」しかしません。

ともかく、

「自分が悪くない、相手が悪い」がポジションです。

 

例えば、遅刻をした時には先ず言い訳から入ります。

「出るときに、

急に電話が掛かって来たのよ。

だから家を出るのがチョット遅れてしまい

電車に乗り遅れたの!

電話さえなければ!」と言って、

相手の問題にすり替えます。

 

ミスをしても誰かのせいにして、言い訳をします。

 

この妖怪の特徴は、

問題が起きたら先ず

「状況説明から入り、言いわけに入ります。ダラダラと。」

絶対に結論は言いません。

 

その「言い訳」に浸っているだけです。
 

 

これが妖怪:「いいわけ」です。

※この妖怪は、特定の人を例えて居るのではありません。

みんなの心の中何処かで、巣食っている「妖怪」です。

そして、私の中にも!

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング

妖怪シリーズ③「優しさもどき」

cocorotkn 2011年8月2日 by cocorotkn

今回の妖怪は「妖怪:優しさもどき」です。
 

 

この妖怪は、とても人間に似ています。

 

特に、困っている人が大好物なのです。

困っている人を見ると、

スーッと忍び寄り

「お助けしましょうか?」と言って近寄ってきます。

 

相手の話を「根掘り、葉掘り」聞き出し、

親切そうに関わります。

初めは相手の望むがままに振る舞います。

 

そして相手が気を許し頼ってくると、

今度はその要求に対し、焦らしてきます。

焦らしに焦らして、

やっとこさ望みを叶えてやります。

 

じわじわ「痺れ毒」を浸透さして行きます。

本人が気がつかないように麻痺するまで!
 

 

その毒により中毒にしてしまい、

二度と離れないように縛りつけます。

 

つまり「自律」をさせないのです。

自分を必要とさせている「共依存」です。

得意技は「同情」「優しい笑顔」時には「相手に同情した泣き顔」です。

 

これが妖怪:「優しさもどき」です。
 

※この妖怪は、特定の人を例えて居るのではありません。

みんなの心の中何処かで、巣食っている「妖怪」です。

そして、私の中にも!

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング

妖怪シリーズ②「なりすまし」

cocorotkn 2011年7月28日 by cocorotkn

次は妖怪「なりすまし」:
 
 

 

この妖怪の特徴は、

「他の誰かになり切ります。」

 

相手に成りすまし生きて行くのです。

相手の出来上がった人格を丸々コピーしますから、とても楽なのです。

相手の意見を、

まるで自分が考えた意見の如く発言できます。

 

本人の中では全く違和感はありません。

この妖怪の初期段階は「知ったかぶり」です。

「おませ」になり、

大人たちの話に顔を突っ込みます。

仲間に入りたいのです。

構って欲しいので

何でも知ったかぶりして、話に顔を突っ込んできます。

 

「大人びた子ども」をしすぎた、

挙句の「妖怪」です。

子供らしく振る舞っても、

親から構って貰えないので、

「大人(親)の期待に応える子供:親にとってのいい子」になれば

親から愛して貰えるからです。

 

私もやっていましたね!
 

 

これが「妖怪:なりすまし」です。

※この妖怪は、特定の人を例えて居るのではありません。

みんなの心の中何処かで、巣食っている「妖怪」です。

そして、私の中にも!

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング

妖怪シリーズ①「傷なめ」

cocorotkn 2011年7月19日 by cocorotkn

新種の妖怪を見つけましたので、発表します!

 

先ずは、妖怪「傷なめ」:
 

 

この妖怪は、常に傷ついている事が好きな妖怪です。

「傷ついている」間は、みんなから構って貰えます。

「大丈夫!無理しちゃだめだよ!痛そうだね!代わってあげるよ!」等と、

みんなが心配してくれて構ってくれます。

しかし「傷」が癒ると、誰も知らん顔して構ってくれません。

とても淋しいので、

傷が治りそうになると「かさぶたを剥がす」が如く、

傷口を舐め回します。

傷口が塞がらないように!

 

時には、人の傷口を爪楊枝でほじくり返します。

「治ったらあかんよ!

  治ったら、誰も構ってくれへんよ!

    血が出てる間はみんな、心配して構ってくれるよ!

     ほら、痛い方がいいでしょ!

   その代わり、私の傷口も舐め回してね!

     仲間だもんね!」

 

と言って、相手の傷口を舐め回します。
 

 

これが「妖怪:傷なめ」です。

※この妖怪は、特定の人を例えて居るのではありません。

みんなの心の中何処かで、巣食っている「妖怪」です。

そして、私の中にも!

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング

妖怪シリーズ再開!

cocorotkn 2011年7月19日 by cocorotkn

約3年ほど前に「妖怪:尻ふきばばあ」を書き込みました。

 

新たな妖怪が発生しました。

 

今度は「14体」の妖怪です。

又、身近な所に居る妖怪です。

 

そして、自分自身の中に巣食う

「哀しいこころ」が現れています。

 

みなさんの中にも、

そして私の中にも!

 

以前、書き込みました

「妖怪尻ふきばばあ」を思い出して貰う為に、

コピーして貼り付けました。

思い出して読んでみてください。
 

 

 

妖怪が出ました。

 

でも季節柄、夏だからと言うわけでもありません。

年がら年中出没します。

この妖怪は「新種?」です。

名付けて「妖怪尻ふきばばあ(じじい、でも構いません)」(砂かけばばあ、をもじっています)

 

新種とは書きましたが、

よく見ると昔からごく普通に居ます。

家庭にも職場にも学校にも、本当にあちこちに!
 
 

 

この妖怪の特徴は、

「人の世話をする事に喜びを感じます。」と、言われると

人畜無害でよい妖怪のように見えますが、

本当はみんなの心の中に忍び込み、

蝕んでいき、

忍び込んだ相手を、自分の思い通りコントロールします。

誰も気づかぬうちに!

見た目はとても優しく温和な感じですが、

とても恐ろしい妖怪なのです。
 

 

トイレに行った人のお尻を、

優しく拭いてあげるのです。

親切そうに!

拭かれた人は、

初めは少し違和感を感じるのですが

楽なので拭いてもらいます。

そのうち「当たり前」になってきて、何も違和感を感じなくなります。

 

でも今度は、他の人のお尻を拭きたくなるのです。

拭いた後の相手からの

「ありがとう」の一言がうれしいからです。

まるで「ゾンビ」の如く、増殖していきます。

「拭かれたら今度は人を拭きたがる。」

「拭いたから拭いてね!」

 

この連鎖の輪が出来あがります。

でも本人たちは「仲間意識」が生まれ、気持ちよく感じるのです。

まさしく「共依存」です。
 

 

連鎖の輪を崩すことは許されません。

誰かが「こんな事していれば、いつまで経っても自分らしく生きられない。自立するのだ。」と思い、

連鎖の輪から抜け出すと、

全体のバランス(悪いのですが)崩れます。

 

「共依存の輪」の中で安心している仲間にとっては、とても困ります。

恐怖以外の何者でもありません。その物です。

 

「共依存の輪」を崩す物は「悪」(共依存者にとっては)です。

みんなでよってたかって「バッシング」をします。

昔から誰もが『「悪」は「バッシング」しても良い。正義だ』と思っています。

そして私たちは

「悪い子はダメ!

親から喜んでもらえるように生きてOKなのだ。」と、思って生きてますから、

とても耐えれません。

「悪者扱い」(本当は正しい事でさえも)は

悪い事だと刷り込まれているからです。

 

結局、「共依存の輪」から抜け出せなくなります。
 
 

 

今日も何処かで、「妖怪尻ふきばばあ」が拭いていますよ。

あなたの学校で、職場で、友達同士の中で、そして家族の中で!

「あなたのお尻を拭いてあげるから、

わたしのお尻も拭いてね!

そしたらみんなで仲良くなれるから!」と、

あなたの耳元で、ささやいていますよ!

 

こんな妖怪に取り付かれないように「共依存の輪」から、

抜け出してください!

 

「自律の道」を歩んでください。

マスクワークショップ

cocorotkn 2011年7月14日 by cocorotkn

 本来、Luciaによる「5リズムワークショップ:ハートビート」を開催する予定でしたが、

福島原発事故による放射能漏れにより、

Luciaの来日が出来なくなり、

急遽開催を決めたワークでしたので、

充分にワークが行えるか少し心配でしたが、

成果を上げて終了する事が出来ました。

 

 

 110710_1137~01.jpg

 

 

総勢30名によるワークショップでした。

参加者の半数近くはワークショップ自体初参加でしたので、

不安と期待と入り乱れたスタートでした。

 

スタートは「5リズム」によるウォーミングアップから始まり、

ワークを進める上で重要なグループの信頼関係を構築するために、

色々なゲシュタルトゲームを行いました。

みんな余裕の中でした。

 

110709_1031~02.jpg

 

ゲシュタルトゲームの間に、パートナーを見つけます。

 

このワークは、パートナーが重要です。

 

この信頼関係こそが

このワークを成功させるかの重要ポイントです。

マスクを作成するのも、

このパートナーが中心です。

 

受け止められている安心感が、

「ペルソナ」「シャドー」を叫ばします。
 

 

自分への「Who are You!」との問いかけから始まり、

そして「白いマスク」に対する

「Who are You!」の問いかけ!
 

そこから、マスク右半分に

「ペルソナ」をペインティング。

マスク左半分に「シャドー」のペインティング!

 

 

 110710_1057~01.jpg

 

 

110710_1137~02.jpg

 

 

 

この辺りからは、

徐々に「感情」が飛び出してきます。

そのマスクの顔は、

「怒りに満ちたり」

「悲しみが溢れていたり」

「不安に震えていたり」

「ごまかし笑いをしていたり」様々です。

 

 

HP用.jpg
 

 

 

ここからが「真剣勝負」の時です。

 

マスクを着けての「パフォーマンス」です。

この時に、

いっきに今まで呑み込んで、

抑え込んできた、感情が湧きでてきます。

 

初めて参加の人は、

「マスクを着けて踊ることで、

感情なんかが出るのか?」と

半信半疑の参加者も居ましたが、

「サークル」の中に足を踏み入れて、

2・3歩、歩み出しただけで涙があふれ出したと、

感想を伝える生徒も居ました。
 

 

しかし、素直に感情を出してはいけないと、育っている私たちには、

感情を出すという事は「恐怖」が襲ってきます。

踊り出しても、

止まってしまう人も居ます。

(この人には、パートナーが勇気を与えます。一緒に成り踊ります。)

 

一生懸命「恐怖」に立ち向かう人もいます。

 

「怒り」をぶつけていく人もいます。

 

「泣き叫ぶ」人もいます。

 

その人なりの表現の仕方です。
 

みんなに守られている「空間」の中で、

みんな精一杯頑張りました。

 

 

 110710_1455~01.jpg

 

110710_1507~01.jpg

 

110710_1422~02.jpg

 

P7107064.jpg

 

ダンスが終わった後、

感情を出して震えている「パフォーマー」を

パートナーがしっかり「ハグ」をして受け止め、

感情を落ちつかさせます。

 

「あなたは独りでは無い。

    みんな仲間が居る。

      安心していいのです。

         あなたはあなただから!」との思いで。
 

 

そして、マスクを優しく「剥がして」あげます。

 

そこに現れた顔が「トゥルーマスク:リアルマスク」です。

そこには、優しく包まれた安心感から、

「素敵な笑顔」が現れました。

 

 

 
P7107090.jpg

 

P7107278.jpg

 

 

P7107304.jpg

 

 

とても素敵な、晴々した顔でした。

そしてやり遂げたという達成感に満ちた、

自信に溢れた顔になって居ました。
 

 

後は、ラストダンスです。
 

みんな、自分を取り戻したかの如く、

自由に、

伸びやかに、

誰に制約される事もなく、

自分自身のダンスを楽しんでいました。

このうえない笑顔で、

まるで「疲れの知らない子供のように」踊って居ました。

 

P7107352.jpg  P7107469.jpg 

 

P7107505.jpg

 

 

このワークショップで「トゥルーマスク」を見つけました。

しかしこのマスクは既に「シャドー」です。

新たなる「トゥルーマスク」を見つける為の旅が始まったのです。

しかし恐れる事は有りません。

既に「トゥルーマスク」を手に入れた私たちです。

新たなる「トゥルーマスク」を見つける力が、

私たちにはもう備わっているのです。

自信を持って、進みましょ!

 

 

P1010341-HP用.jpg

 
P1010500-HP.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カルシウム・パラドックス

cocorotkn 2011年6月28日 by cocorotkn

先週、女房が左肩に激しい痛みを経験しました。

 

その前の週から少しは訴えていたのですが、

「肩凝り」か、

寝る時の姿勢で筋肉に痛みが出ているのかと、

軽く考えていたのですが、

車の運転をするのに

「ギアチェンジ」が左で出来ない位痛み出しました。

(オートマチックですから、運転には支障が無かったのですが!)

 

腕も肩の高さより

上に挙げれない状況でした!
 

 

あまりにも様子がおかしいので、

病院で診察をして貰うと

 

「石灰沈着性腱板炎」と診断されました。

 

肩の関節の間に、

石灰質が出来ていて

それが痛みを発生させていたようです。

 

カルシウムのサプリメントを呑んでいるので、

それが災いをしたのかと思いきや、

逆の「カルシウム不足」が原因らしいのです。
 

 

何で?
 

 

人間の身体というものは、

奇妙なもので「カルシウム不足」になると、

体内の骨から「カルシウム」を溶かして、

身体に補充するようです。

 

そのために「骨」はカスカスになってしまい

「骨粗鬆症」になってしまうらしいです。
 

 

その溶け出た「カルシウム」が

肩の関節の処に「石灰質」を造り、

イタズラをしたようです。
 

 

「カルシウム・パラドックス」と言うそうです。
 

 

人間の身体は「摩訶不思議」です。

不足すると、

違うところから補い、

バランスを取ろうとするようですね。

 

「肝硬変」で肝臓が堅くなり

「血液」の行き場が無くなれば、

勝手に血管が出来上がり

「血液」を他の場所に流す事もあるそうです。
 

 

このバランスは、

「アンバランスの上のバランス」とでも言えばいいのでしょうか?
 

 

もっと自然の形で、バランスを取らなければなりませんね。

 

先週は、痛みの為に夜も眠れない状況でした。

少し触れるだけで「激痛」が走る程で、

着替えもままならない、

悲惨な毎日でした。
 

 

幸いにも、

「肩」に痛み止めの注射を討ち込む事により

痛みが落ち着きだし、日常生活に戻りつつあります。

 

また変なもので、

その石灰質を融かすために「胃腸薬」を呑むそうです。

 

これまた「摩訶不思議」です。

マインドコントロール

cocorotkn 2011年6月21日 by cocorotkn

「マインドコントロール」

この言葉に振り回される事が在ります。

 

私たちがこの言葉を使う時は、

「自分自身で、

自分をコントロールして、

自分らしく自己責任を取りながら生きる。」と

言う意味で使います。

 

表現を変えれば

「セルフ・マインドコントロール≒セルフコントロール」と

捉えて貰う方がよいかも知れません。
 

 

しかしながら、

私たちは「マインドコントロール」をされている状況下にいて居るかもしれません。

 

「放射能被爆」に関してです。

 

今回の原発事故で

放射能量表示を始めは「マイクロシーベルト」をされていました。

それが途中で「ミリシーベルト」に!

 

これで、表示が1000分の1に減ってしまいました。

数字のトリックですね。

 

マイクロと言われている間は、大きな数字でしたが、

ミリと言われたら1000分の1に減っているので、

大きく感じなくなります。

 

その内、ミリでも大きい数字になると、

もうマイクロの単位は忘れてしまい、

ミリで普通の感覚になります。

時たま、「テラ」と言う単位も出て来ているので、混乱しています。

 

放射線量も、大きい数字ばかり普段の報道で聞かされているので、

20ミリシーベルトでも「健康に直ぐに影響しない数字」を言われれば、

「そうなのか!」と、思いこんでしまいます。

 

自然界では、1ミリシーベルトなのですがね!

 

非常時だから、

それも仕方が無い事と、

何処かで思いこんでいる感じが在ります。

 

これもある意味で「マインドコントロール」です。
 

 

「メルトダウン」「メルトスルー」も同じではないでしょうか?

 

原発事故当時に直ぐに「大問題視」されていた事ですが、

初めは「安全です。」と言いながら、

徐々に被害の大きさを発表していき、

危機感をあおり、

少し安定したところで

「実は、初期にメルトダウンしていた。」と発表されてました。

 

私たちは、危険な状況を知らされ続けたので、

落ち着いた処で言われても「そうだったのか!」と、

普通に受け入れてしまっているところが、

無かったでしょうか?

 

「メルトスルー」も同じです。
 

始めに「メルトダウン、メルトスルー」の危険性を発表してしまうと、

みんながパニックになるので、

初めは小出しにして、

感覚がマヒした頃に発表すると

「ふぅ~ん。やっぱりね。そうだと思っていたよ!」で、

感覚が済んでしまっていませんか?
 

 

タレントの「ビートたけし」さんが

「素晴らしい危機管理だ!」と言っていた事を思い出します。
 

 

こんな「マインドコントロール」等は、願い下げです。

 

本当に、身近にある事ですので、

何が真実なのかを見極める力が要求されますね!

BLACK SWAN:一卵性母子

cocorotkn 2011年6月7日 by cocorotkn

昨日、

映画「BLACK SWAN」を観てきました。
 

 

今回の「マスクワーク」のテーマと

似ている気がしていましたので、

とても興味がありました。
 

 

そして、みた結果は「Bingo」でした。
 

 

映画のストーリ自体は観る人によれば、

今一つと、いう風に思われるかもしれませんが、

「心理学」の観点から見れば、とても奥深いものでした。

 

「白鳥の湖」のプリマドンナを射止め、

「White Swan」を演ずるために不可欠な

「Black Swan」を如何に表現するか?
 

 

主人公「ニナ」が

「完璧」を目指す故に

「Black Swan」が表現できない。

 

お母さんの期待に応え、

失敗の無い完璧なプリマになる為に頑張るが、

常にトップにはなれない。

卒なくこなせるゆえに、

常に優等生で魅力が無い。

 

とても「良い子」です。

結果、

正反対の妖艶で悪の化身「Black Swan」が踊れません。

 

これが「ペルソナ」です。
 

 

ここから過酷な試練の中

「Black Swan」が産まれます。(内容は映画を観てください) 
 

 

「ニナ」の中には「Black Swan」が居ます。

映画の冒頭から姿を現していました。(地下鉄のシーンから!)

 

彼女の中にある無意識の世界。

「嫉妬、恐怖、恨み、不安、嫉み、妖艶、虚栄心 etc」が

目覚め始めていきます。

 

ライバルを蹴落とし、

演出家を惹きつけ、

プリマを勝ち取り、

新たなるライバル・リリーの出現により、

こころの中に「封印」してきた

「Black Swan」が目覚めて、

成長していきます。

 

これこそが「シャドー」です。

 

「ペルソナ」とは真逆の

「シャドー」が叫びます!

 

抑え込めば抑え込むほど、凝縮され

「シャドー」が現れた時は、激しく燃え上がります。
 

 

「Black Swan」自身が彼女の化身なのです。

 

特に、

母親からの「トラウマ」により封印が強くなり、

激しく燃え上がります。

 

母親も優秀なバレリーナでしたが、

「ニナ」を妊娠した事によりバレリーナを諦めます。

そして彼女に、事有る度に話します。

 

「あなたを妊娠した事は後悔はしていない。

只、キャリアを諦めた!」と。

 

「地獄のメッセージ」です。

 

翻訳すれば

「あなたのお陰で、

私は夢を諦めた。

あなたさえ居なければ、

私のキャリアはプリマに成れた。」

つまり彼女の存在自身を

「否定」し続けたのです。
 

 

しかしながら、

彼女は母親に認めて貰いたいが為に、

母親の「理想の子供」を演じ続けていくのです。

 

身体を

「爪でひっ掻く」という信号を出しながらも、

母親の期待に応えようとして

「ペルソナ」を被り続けます。
 

 

彼女は、自分の中の「シャドー」により

「Black Swan」を見事に踊ります。

 

「White Swan」から

「Black Swan」に変化していく演技は、

魅せられました。

 

特に「Black Swan」のバレーには

吸い込まれるように、釘づけになりました。
 

 

でも彼女は、

「シャドー」である「Black Swan」を受け入れることが出来ず、

魅せられたようです。

完璧な「白鳥」を踊る事は出来ても、

「シャドー」の世界に呑み込まれてしまいました。

 

本当の私を見失いました。
 

 

「ペルソナ」と「シャドー」は

「私自身」です。
 

 

「光と影」ふたつが一つなのです。

どちらを否定しても、

自分自身を否定する事になります。

 

母親に存在を否定され、

今度は自分自身を否定したのです。
 

 

如何に

「ペルソナ」と「シャドー」を受け入れるかがテーマです。

 

今回の「マスクワーク」は

「ペルソナ」と「シャドー」の受け入れを目指します。

 

映画のような激しい葛藤は行ないません。

もっとソフトなところから入りますので、安心してください。
 

 

誰の心の中にも潜んでいる「Black Swan」
 

 

「私だけが」と言う事は有りません。
 

 

久しぶりの印象深い映画でした。