対人関係の糸口

所長のカウンセリングアドバイス:ありがとう

yokoitomizou 2017年11月21日 by yokoitomizou

ありがとう

皆さん毎日ありがとうと言っていますか?

ありがとうって

誰のために言ってるんでしょうかね。

人のため、相手のため!

それとも自分のため!

ありがとうと言って

返事がなかったら

何か嫌な気分が起ったりします。

それは見返りを求めているから!

だから嫌な気分が起きるのです

ありがとうの言葉は

相手から何らかの好意をもらったときに

相手に対して言う言葉

「ありがとう」です。

相手の好意に対する感謝の気持ちです。

そこに、見返りはありません。

ここで終了しています。

なのに

また相手からの見返りを求めているから

気持ちが収まらないのです。

「ありがとう」は自分の気持ちです。

「ありがとう」と言われて

どのように受け取るかは相手の問題です。

返ってこなくても、

嬉しい気持ちは、自分に残っています。

相手の人が、

嬉しい感情を返してくれたら、

とてもうれしい気持ちです。

嬉しい気持ちが倍増します。

 

ありがとうって言葉は、

自分のために言ってるんですよね。

たった今から、「ありがとう」を

いっぱい、言いましょう。

それだけで、

なんだか「幸せな」気持ちになります。

 

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング

 

所長のカウンセリングアドバイス:頑張ると我慢する

yokoitomizou 2017年11月14日 by yokoitomizou

頑張ると我慢する

 

世の中には頑張り屋さんがいっぱいいます。

一生懸命がんばってます。

幸せになるために

自分らしく生きるために

がんばって乗り越えることを目指してます。

他人からの圧力からも

いじらしい位です。

他人から嫌われないように

いい子でいるために

いっぱい自分を殺して

頑張っています。

でも

それって自分のために頑張っているのでしょうか?

それはがんばっているのではなく

我慢しているだけです。

他人から嫌われないように

傷つけられないように

愛されたいがために

ただ自分の気持ちを抑えて

我慢してるだけです。

我慢することを頑張ってるだけなんです。

がんばるところ間違っています。

我慢してる自分の気持ちを聞いて

自分の気持ちを吐き出すことに

がんばりませんか?

自分らしく生きることに

がんばりましょ!

頑張ると我慢することを間違わないように!

幸せになるためにがんばりましょう!

 

 

カウンセリング:カウンセラー体験講座への申込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日を設けました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング

所長のカウンセリングアドバイス:当たり前と特別なこと

yokoitomizou 2017年10月31日 by yokoitomizou

特別と当たり前

この捉え方は難しいですね。

こちらは特別な行為と思っていても

相手からすれば「当たり前」の場合があります。

対人関係に於いて

自分が特別にしたとの思いが

相手から見れば当たり前と受け取ることがあります。

例えば、夫婦間の役割分担です。

旦那さんが、奥さんのことを思って特別に手伝ったと、思う。

奥さんは、その事を当たり前の事と思う。

もうここで、意思に相違があります。

旦那さんが行う行為は、何も特別の行為ではありません。

夫婦間で共に助け合うことですから、当たり前の行為です。

奥さんが当然の行為として、当たり前と思うのも問題です。

助けて貰えたのですから、ありがたいことです。

感謝の気持ちという湧くという特別な旦那さんの行為でもあります。

これが、空回りするとトラブルがおきます。

お互いに、相手に対して「思いやり」があれば、

「当たり前」も「特別」もありません。

自然な行為なのです。素敵な思いやりです。

「特別にやった」と思うから、しんどいのです。

「当たり前」と思うから、腹が立ちます。

捉え方次第で、気持ちが変わります。

「思いやり」があれば自然な行為です。

特別にやったのではなく、当たり前にやったのです。

当たり前と思うから角が立ちます。

「ありがとう。助かるわぁ」と思えば、嬉しいものです。

仕事関係、対人関係に置き換えてみても、面白いものですよ。

トラブルのカラクリがよく見えますよ。

まぁ、旦那さんは先ず「特別」でいいですから、

奥さんの手伝いをしましょ!

奥さんへの思いやりがあれば、

やがて自然な形で、当たり前になります。

 

でも、「当たり前」と「特別」難しいですね。

 

 

カウンセリング:カウンセラー体験講座への申込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日を設けました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング

 

所長のカウンセリングアドバイス:クライエントは被害者

yokoitomizou 2017年10月10日 by yokoitomizou

カウンセリングに於いて

クライエントは被害者です。

こころがピュアで優しいが故に、傷つき易く苦しみます。

先ずは、心の傷を癒やことが先決です。

やがて、傷が癒えれば歩き出す。自分らしく生きるために。

カウンセリングの流れです。

でもこの流れが途中で、

「私は貴方のお陰でこんなに苦しい!

だから、私が楽になれるように、貴方が変われ」

「傷ついた私なのだから、私は変わる必要が無い」

と、相手を責めだすことがあります。

怒りが爆発したり、トラブルが増大します。

自分は悪くないのだ、相手が悪いのだ。

その為に私は苦しいのだと、エスカレートしてきます。

これも、心の傷がなせる技です。

本人は、無意識の中で自分の問題点を気づいているのですが、

どうにも、ブレーキが利きません。

ただ、相手や周りの人から見れば

「わがまま」としか写らないのです。

結果、対人関係が悪化します。

いつの間にか

被害者が加害者に移っていることがあります。

また、この感情を抑えこんで

自罰傾向に進む方も多くおられます。

こころの奥底で叫んでいます。

「私のことを分かって。

見捨てないで。

愛してね!」と。

幼いときにの「受け止めて貰いたい」の叫びです。

 

カウンセリング:カウンセラー体験講座への申込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日を設けました。

 

所長のカウンセリングアドバイス:なんぼのもん!

yokoitomizou 2017年10月3日 by yokoitomizou

「なんぼのもん!」

大阪弁です。

標準語に戻せば、「いくらのものですか?」ですね。

大阪では、色々な使い方をします。

そのひとつが

「人の値打ち」にも使います。

「いったいあんたは、なんぼのもんやねん」てな具合に。

見栄っ張りや、プライドが高く、格好付けな人をさします。

相手から悪く思われたり、

見下されたり、

馬鹿にされるのが嫌なのです。

出来もしないのに、出来る振りをして

結果、出来なくて恥をかく。

分かっているのに見栄を張り、格好付ける。

「ええかっこしい!」です。

中身がそのわっていないのに、

見栄だけ張って、

結果、失敗をして墓穴を掘るのです。

そんな時に使います。

「お前はなんぼのもんじゃい。ええかっこするなぁ!」ってね。

出来ないものは出来ないでいいのです。

出来る振りをして、無理をするからしんどいのです。

出来ないんだから「馬鹿」になればいいんです。

強がる必要はありません。

大いに、弱音を吐けばいいのです。

スーパーマン、スパーウーマンになる必要はありません。

期待に応えなくていいんです。

大阪弁でしたら

アホしたらいいんです。

自分の身の丈を知りましょう!

ええかっこする必要は無いのです。

 

「ええかっこせんとこ」

「あほしよう」

「なんぼのもん!」

大阪弁なら、ソフトに入ってきませんか?

 

カウンセリング:カウンセラー体験講座への申込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日を設けました。

 

所長のカウンセリングアドバイス:再び・EV自動車

yokoitomizou 2017年9月17日 by yokoitomizou

偶然、5年前のブログを見つけました。

EV車の事を書いていました。

その事が今は現実になってきています。

今まで培ってきた自動車産業界が

根元からひっくり返る

まさしく「産業革命」ですね。

今までの固定観念で物事を捉えていたら、

時代遅れもいいところですね。

今までの捉え方では、通じない時代が来ていますね。

柔軟性を持った発想が必要な時代ですね。

私達の人生の生き方も

今までの捉え方では難しくなってきています。

今までの常識が、もう通じない時代でもあります

新しい価値観と今までの価値観の融合ができないと

今の時代では、対人関係を上手くこなせない時代が来ています。

今までの考え方が絶対だと言う価値観を捨て、

新しい価値観を取り入れ

時代に合った対人関係が

求められますね。

臨機応変の対応が求められいます。

 

5年前のブログです、

良ければ読んでください。

EV:電気自動車

 

 

カウンセリング:カウンセラー体験講座への申込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日を設けました。

所長のカウンセリングアドバイス:七色めがね

yokoitomizou 2017年9月12日 by yokoitomizou

人生に於いて

いろいろと見られるメガネがあれば良いですね。

物事の判断は「ひとつ」で良いのですが、

世の中を生きていく中で、

特に対人関係では、

いろいろな見方ができるメガネがあれば助かります。

私達は自分の「価値観」で物事を判断します。

善と悪

正しいと間違い

白と黒

1と0と、判断しています。

でも世の中は、その様にはいきません。

結構、グレーな部分が多いものです。

自分の価値観と世の中の事情のギャップに苦しめられます。

意思が通らないのですから

対立が産まれ

トラブルが起こります。

そんなときに「七色めがね」在れば良いですよね。

その時々に合わせて色が変わるのですから

見え方が変わります。

見え方が変われば

考え方が変わり

受け止め方変わります。

対人関係の於いて、柔軟性が持てますよね。

こんな魔法のメガネがあれば、

楽ですよね!

 

カウンセリング:カウンセラー体験講座への申込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日を設けました。

 

所長のカウンセリングアドバイス:農耕民族と狩猟民族②

yokoitomizou 2017年8月22日 by yokoitomizou

前回の続きになります。

「農耕民族」だから、

争い事は好まない。

平和主義で共存タイプとのイメージがありますが、

実際は逆のようです。

コミュニティーができれば、人が集まり

居住場所や食料が必要になります。

収穫を増やすためには

より多くの土地、

より肥えた田畑が必要です。

隣りのコミュニティーを奪うことにより

広がります。

収穫を増やすために、

土地の奪い合いで戦争が起きやすいようです。

前回も書き込みましたように

「狩猟民族」は

獲物を捕る事だけが目的ですから、

獲物が居なくなれば、他の地域に移動します。

そのテリトリーがぶつからない限り、

戦い、戦争は起きにくいようです。

案外、狩猟民族の方が

平和主義者なのかもしれませんね。

ただし、

定住型になれば、

「領土」を増やす必要が出てきますので

やはり、戦争が起きるようです。

どっちにしても

「戦い」からは逃れられない

遺伝子があるのでしょうね!

 

カウンセリング:カウンセラー体験講座への申込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日を設けました。

 

所長のカウンセリングアドバイス:知的納得:言い聞かせる

yokoitomizou 2017年7月4日 by yokoitomizou

知的納得:言い聞かる

 

悩みは苦しいものです。

それ故に、早く解決をしたものです。

その一つ方法として

「知的納得」があります。

認知行動療法の簡易版とも言えます。

 

苦しく辛いときは、何も出来ません。

そん時、「理由付け」をしてください。

一種の責任転嫁です。

「この悩みは、○○○○が起きたから

私は苦しんだ。○○○○が無ければ、

悩まなくて済んだのだ」と、言う風に。

一旦、苦しみから脱却出来ないと

人は、動けないものです。

そして、落ち着いてから

問題点の自己責任を取ればいいのです。

 

只、注意点があります。

「知的納得:言い聞かせ」をする事により、

一時は、楽になります。

楽になったから、

「もうこれで、済んだ。大丈夫!」では困ります。

先送りをしただけです。責任転換だけです。

これもネガティブな認知行動療法が働きます。

繰り返すことにより、「当たり前」になり、

「癖」になります。

感情を封印する事になります。

認知行動療法は

良い癖も付く代わりに、

悪い癖も付けることが出来ます。

 

幸せになるためのの「言い聞かせ」をしましょ!

 

 

カウンセリング:カウンセラー体験講座への申込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日を設けました。

所長のカウンセリングアドバイス:純粋 空気を読む

yokoitomizou 2017年6月6日 by yokoitomizou

「純粋・無垢」

とても、清々しい響きの在る言葉ですよね。

疑うことなく、

自分の価値観を押し付けることもなく、

嘘を付くこともなく、

相手を純粋に受け入れる。

純粋で在るから物事を

「善と悪」で、はっきりと見極める。

世の中の人が皆、純粋ならば

この世の中は、

幸せでしょうね。

カウンセラーにとっても、大切なテーマです。

 

過去の受講生の中にも「純粋」な方が居られました。

本当に素直でした。

しかし「純粋」故にトラブルに巻き込まれます。

対人関係に於いて

相手の話を「純粋」に聴き、信じます。

只、話しの中には「お愛想」も在ります。

ストレートに言えば、角が立つので

遠回しに伝えます。

でも、「純粋」故に、その言葉を素直に受け、行動を起こします。

京都のお愛想で

お客さんが帰ろうとすると

「ちょっと、ぶぶ漬けでもどうぞ」と言われます。

そこで「ほなぁ。いただきますは」と言えば

無粋な人になります。

これと同じで、

きつく断るのも悪いので

「次の時に誘ってね」と言ったら

それを、素直に受け取って

次の時に誘う様なものです。

「融通の利かない人」と扱われ

だんだんと、郷里を空けたれます。

対人関係には、程々の距離が必要です。

お互いに「空気を読み」

相手への状況判断をしながら、

対応が必要ですね。

大阪弁の

「何処、行きはんの」

「はい、ちょっとそこまで」

「そら、よろしおまんなぁ。気いつけて」

「ありがうさんです」と同じです。

「私は、貴方のことを気にかけていますよ。

でも、それ以上踏み込みませんからね。」

と言う、暗黙の了解事が生まれています。

このほどほどの距離は難しいですが、

必要ですよね。

 

カウンセリング:カウンセラー体験講座への申込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日を設けました。