対人関係の糸口

所長のカウンセリングアドバイス:ゲシュタルト療法「ピリオドを打つ」

yokoitomizou 2020年12月14日 by yokoitomizou

私たちは悩みます。

断ち切ることは出来ません。

悩みをクリアーして強くなり

成長をしていきます。

現在、起きている悩みは成長への証ですが

過去の悩みは、足を引っ張るだけです。

何気ない会話、出来事、風景から

過去を思い出し悩みます。

過去に済んでしまった悩みを思い出し

あ~でもいない!こ~でもない!

あの時こうしていれば良かった!

また、相手に怒りを持って腹を立てたり

勝手なストーリーを創って

過去の世界に浸っています。

何か意味がありますか?

過去の出来事が変わりますか?

あの時の嫌な思い、

惨めな思い、

苦しい思いが変わりますか?

変わるならば、なんぼ振り返ってもらっても構いません。

過去は絶対に変わりません。

意味がありません。

それよりも、

過去は過去と捉えて「ピリオド」を打つことが大事です。

「あの時は、こんな事が起きた。苦しかった、腹が立った、

でも、それを乗り越えて今の私がある」と、

ピリオドを打ちましょう。

私たちは、過去を消すことは出来ません。

消してしまえば、自分自身の人生を消すことになります。

また、自分自身を否定することになります。

必ず、過去を思い出します。

ただ、過去に囚われている時間はもったいないです。

この囚われている時間を短くしましょう!

そのためには、過去に「ピリオド」を打つことが大事です。

過去に囚われてしまったとき、

ピリオドを打っておけば

我に戻れます。

「アホらしい!もったいない。もったいな。」と、

自分に言いましょう!

「ちちん、ぷいぷい」でも、構いませんよ!

 

 

 

 

 

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング

 

所長のカウンセリングアドバイス:ダメ出し

yokoitomizou 2020年12月7日 by yokoitomizou

「ダメ出し」を私たちは繰り返し繰り返し行ないます。

本当に懲りないぐらい。

ダメ出しを行なっても何も変わらない事を百も承知です。

また、意味の無いことも!

なのに繰り返します。

そもそも、何に対して「ダメ出し」をしているのでしょう?

誰からもダメ出しをされていなくても。

ダメな自分は何処から来ているのでしょうか?

他者評価によるダメ出し!

他人と比較して、自分にダメ出しをしていませんか?

相手と比較して自分にダメ出しをしています。

相手と比べてみて何になるのでしょうか?

相手は私自身ではありません。

相手は、あくまでも相手自身。

私でありません。

私は、私自身です。

相手ではありません。

決して、相手のまねをして相手自身になるわけではないのです。

相手と比較して劣るところや、憧れるところは

自分自身を高めていけば良いのです。

ダメ出しをしている限り何も変わりません。

「ダメ出し」をして、その言葉に酔っているだけです。

変わろうとしない、理由付け、言い訳をしているだけです。

アドラー心理学でよく出てくる言葉です。

過去のダメだった自分に囚われているだけです。

過去の他者評価に囚われているだけです。

私は、今に生きています。

今の自分を自己評価すべきです。

今を自分らしく生きるために。

先ずは、他人と比較してダメだしている自分に気付き

そして、ダメな自分を認め

今、自分らしく生きる事を目指しましょう!

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング

 

 

 

それも、過去からの思い込みから!

 

 

 

 

所長のカウンセリングアドバイス:人生共同体

yokoitomizou 2020年10月19日 by yokoitomizou

人生共同体って書けば、重たく感じますが

私たちは「共生の動物」です。

ひとりでは決して生きていけません。

人と触れ合うからこそ生きていけます。

触れ合うからこそ、存在感を確認し心の安定を図ります。

私たちは、助け合って、触れ合ってこそ生きていけるのです。

スキンシップは心の安定を図ります。

産まれた子供は「ひとり」ですが

母親と触れ合うことにより、信頼関係の基礎が育まれ

自分以外の人と触れ合うことが出来ます。

やがて、家族、親戚、近所、保育園、幼稚園、学校と

どんどん触れ合って、対人関係の関わり方を学びます。

そして、学校生活の中で

個人中心主義から、集団中心主義つまり

個人の利益から、グループの利益、成果に価値観が変わってきます。

クラブ活動に於いて

先輩後輩の上下関係を通じて

人間関係性を学び

勝つことの喜び

負ける事への悔しさを知り、

クラスでチームワークを学び

個人の成果、達成感より

グループによる大きな成果に喜びが生まれ

達成感もてきます。

個人では、達成できないことでも

グループでやれば、大きな事が達成できる。

チームワークの大切さを修得します。

これは「ミニ社会」ですね。

社会人となった時に必要となります。

社会(企業)では、大きなプロジェクトの成果が要求されます。

個人で能力ではとても出来ないことでも

チームワークで分業制などを活かして

協力し合い、能力を引き出し合いながら

大きなプロジェクトの成果を出します。

新入社員ではできませんが、

学生生活で修得したグループ行動が

ベースにあれば、経験を積みながら

社会に順応出来ます。

学生時代の、失敗経験、

失敗から学び成功に導く成功体験

仲間たちと協力、助け合いながらをしながら

テーマを達成する力を養っています。

クラス対抗競技、クラブ活動の経験が

このベースになります。

 

 

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング

 

所長のカウンセリングアドバイス:マスク・「シャドー」

yokoitomizou 2020年8月24日 by yokoitomizou

前回に続き、ユング心理学の「ペルソナ」の先にある「シャドー」です。

人から嫌われたくない思いから

善良なマスク「ペルソナ」を被ります。

例えるならば「弥勒菩薩」のような

優しく、慈悲の心を持っています。

自分自身にとっては、偽りのマスクです。

これに対して真逆の顔が「シャドー」です。

ある意味で、叫びのマスクでもあります。

例えるならば「夜叉」の顔かもしれません。

私は、そんな善良な人間じゃないのよ!

弱虫で

泣き虫で

怖がりで

卑怯者で

嘘つきで

汚く

裏切り者

辛いとき、苦しいとき、責任を取らなければならないときには

一番先に逃げ出したい

責任転換をしてしまう。

誰にも見せられない、最低な私が居るのよ。

こんな私は、絶対にバレてはいけない

禁断の私。

だって、これがバレたら

私で無くなってしまう。

そんな私は認められない。

親から嫌われては生きていけないから!

今まで頑張って

人に嫌われないように

「ペルソナ」を創り上げてきたのだから!

でも、これが私!

怒りを込め、悲しみを堪え

ペルソナの裏で、叫び続けています。

哀しみの私

苦しみの私

怒りの私

「こんな私を分かって!」

シャドーの仮面の下で

私は泣き続けて居るの!

「ねぇ!ペルソナの私もシャドーの私も私!

そのまんまの私を、肯定も否定もせず、丸ごと受け止めて!」

「般若」の面も、女性の「陰」の部分が怒りになり

産まれた化身の面とも言われますが、

「般若」の顔の奥で、

菩薩の私が、苦しみ恨み妬みから産まれた

哀しみの私居るの!

そんな私を分かって貰えない

悲しみのマスクをも言われています。

「般若」もシャドーマスクでもあります。

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング

 

 

 

 

 

所長のカウンセリングアドバイス:マスク・「ペルソナ」

yokoitomizou 2020年8月17日 by yokoitomizou

カール・ユングの理論で「ペルソナ」があります。

私たちは普段「マスク」を被っています。

いろいろな役割の

「家族の中でのマスク」

「会社の中でのマスク」

「友人の中でのマスク」

「近所で見せいているマスク」

「恋人に見せているマスク」

また、その時々の役割のマスクを被り分けています。

一説によりば「1,700のマスク」「7,000のマスク」を

被り分けているとも言われます。

だって、出会う人出会う人により被り分けているのです。

生きていくために必要なマスクです。

ただし、自分というのが分かっていてならばOKです。

しかしながら、被っているのは「偽りのマスク」です。

相手の人に、よく思われたい、嫌われたくない、との思いから

偽りの仮面「ペルソナ」を被っています。

優しくて

思いやりがあり

正義感があり

誠実で

自律して

責任感があり

誰からも慕われ

尊敬され

スーパーマンのように救世主であり

誰からも愛される・・・などなど

完璧までの完成した「私」を演じる「ペルソナ」を被ります。

自分自身に嘘をつきながら!

だって、人から嫌われたくないのですから!

傷つけられたくないから

拒絶されたくないから

悪い人にならないために「ペルソナ」を被り続けます。

本当の私と区別がつかないぐらいに

悪い人になれば

誰からも愛されず

嫌われ

拒絶され

無視されるからです。

一人では生きていけないからです。

みんなから愛される「ペルソナ」を被るのです。

悲しい性です。

元々の行為は

親から愛されるように

親から嫌われにようにするために

親が喜ぶ仮面「ペルソナ」を被り続けるのです。

いつの日か「ペルソナ」は肉面の如く

自分自身と一体化してしまいます。

悲しみの「ペルソナ」でも有ります。

 

 

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング

 

所長のカウンセリングアドバイス:SNS・顔の見えないコミュニケーション

yokoitomizou 2019年12月9日 by yokoitomizou

昨今、SNSが犯罪に利用されて問題になっていますね。

新しいコミュニケーション・ツールとして

日常生活に欠かせないものになりました。

時代ですね。

顔の見えないコミュニケーション

私達の時代は

謝罪や重要な事を伝えるときには

直接相手会いに行き

顔を合わせ、伝えない限り

相手にして貰えませんでした。

失礼な行為として、社会人失格、人間失格とされていました。

どんなに、嫌なことでも。

コミュニケーション・ツールとして初めは

言葉によるコミュニケーションです。

お互いが顔を合わせ、

会話をして相手に思いを伝えていました。

その後、文字が生まれ

手紙によるコミュニケーションが生れ

やがて、電話による言葉だけのコミュニケーションになり

パソコンや携帯が生まれ「メール」によるコミュニケーションに代り

今は、SNSによるコミュニケーションに進化しました。

仕事や重要な事を伝えるには

対面によるコミュニケーションが正式な対応で

手紙によるコミュニケーションは失礼と言われていました。

取り敢えず、手紙で意思を伝えても

必ず、直接会いに行き気持を伝え無ければ

失礼の行為をしたことになる時代でした。

特に、謝罪をしなければならないときには!

その内、

手紙でもOKになり

その後は電話でも許されて

今は、電話迄は直接相手に向かわなければならないので

メールならば、双方とも都合の良い時間に確認が取れるので

メールの方が手軽だと言うことになり

やがて、SNSで用事を済まそうとする時代になりつつあります。

顔が見えないコミュニケーションの時代になりました。

コミュニケーションは簡略化されましたね。

今の子供達は、この環境の中で生活しています。

SNSによるコミュニケーションが普通なのです。

対面、手紙、電話による

コミュニケーションが必要でない時代に育ったのです。

極端に言えば、

SNSによるコミュニケーションしか知らない、出来ない世代なのです。

こんな環境ですから

犯罪に巻き込まれても当然の結果とも言えます。

日常生活の中で普通のコミュニケーション手段ですから

何が問題なのか、何処が危険なのか実感出来ないのが現実だと思います。

幾ら、子供達に危険性を伝えても、

被害を受けない限り、怖さは分かりません。

大人達を信じて犯罪に巻き込まれ

被害を受ける子供達が問題ではなく

大人が問題なのです。

子供達に規制を掛けるも必要ですが

大人達に規制、罰則を掛ける必要があります。

大人達が問題なのです。

だって、私達大人がコミュニケーションルールを変えたのですから。

顔の見えないコミュニケーションは恐いです。

便利になった分だけ、問題も一杯生まれますね。

 

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング

 

 

所長のカウンセリングアドバイス:パーソンセンタード(心の分霊箱)

yokoitomizou 2019年10月21日 by yokoitomizou

ハリーポッターに出てくるヴォルデモートの分霊箱ではありませんが、

私達にも「心の分霊箱」が必要です。

私達は対人関係の於いて

色々な顔を持たなければなりません。

家族の中での顔・役割

友達の中での顔・役割

職場の中での顔・役割

学校の中での顔・役割

恋人としての顔・役割

近所としての顔・役割・・・等々

色々な顔・役割を演じなければなりません。

ある意味で色々な自分を創り上げ

対人関係を円滑に進むように努めています。

例えるならば

「心の分霊箱」を持ち

こころの分霊箱のの中に

その役割に合わせた「私」を納めているのです。

箱の中には人格が収まっています。

私の魂があり

私の個性があり

私の人格があり

私の分身です。

心の分霊箱の私が

対人関係を円滑に進むように演じています。

でも、分霊箱が勝手に行動されては困ります。

勝手に動けば「乖離性人格障害:多重人格」になっていますので

「心の分霊箱」をトータル管理するのが

「パーソンセンタード:自己一致」です。

本体である「私」があれば

その場その場の指示を出し

役割(分霊箱)を使い分け、

役割を果たします。

役割(分霊箱)が済めば

元の私に戻れば良いのです。

パーソンセンタードをしっかりと創り上げているかが

とても重要です。

果たして、

「心の分霊箱」を幾つ持っているのでしょうね?

 

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング

 

 

 

 

所長のカウンセリングアドバイス:人生は適応の旅

yokoitomizou 2019年10月14日 by yokoitomizou

人生には色々なことが起きて当たり前です。

環境は常に変化します。

今の現状と

明日の環境は違います。

人との関わりも、日々変化します。

昨日まで友だちや同僚であった仲間が

明日には、ライバルや敵に変ることもあります。

進学、クラス替え、学期の変わり目

就職、配置換え、転勤

友情、恋愛、結婚、子供の誕生

引っ越し、子供の入園、入学

加齢による環境の変化、等々

常に環境は変ります。

素時々に合わせた役割も変ります。

学校、職場、近所付合い、親。舅姑などの環境に合った

役割に適応していかなければなりません。

常に、その置かれた環境の中で

与えられた役割に適応していかなければ

人間関係は崩れてしまいます。

Aの環境ならAの役割を

Bの環境ならばBの役割に適応していく事が大切です。

物事の捉え方、考え方、環境、文化の違い、価値観の違いが

在って当たり前なのです。

それに合わせられないとなれば苦しくなります。

居場所が無くなります。

孤独になりますが

100%合わせて自分を変えるのではありません。

あくまでも「適応」するだけです。

役割が終われば、自分に戻れば良いのです。

「着ぐるみを着替える」のです。

Aの環境ならAの役割を演じます

Bの環境ならばBの役割を演じるのです。

「私は私。あたなはあなた。

貴方と居るときは、その役割を演じます。

でも、終われば私に戻ります。

貴方と私は違うのですから」

その時々の環境に合った「適応能力」を身に付けることも大切ですネ。

無理せずに生きていきましょ!

 

 

 

 

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング

所長のカウンセリングアドバイス:予約スルー

yokoitomizou 2019年9月23日 by yokoitomizou

「予約無視」

現代病ですかね。

と言う私も、心の世界に入るまではやっていました。

反省です。

今の時代、予約もキャンセルもNet   で意図も簡単にできます。

何の抵抗もなく。

「とりあえず予約」ポッチと!

簡単に済みます。

以前は、その店に行って予約を入れる事になりました。

連絡先から氏名、時には会社名まで。

お互いが顔を見せ、

人と人との信頼関係の中で成立しました。

故に、キャンセルは信用を無くす事になります。

お互いが責任を持った行動をしていました。

キャンセルをするに当たっても、

相手の事を考えて、迷惑の掛からないように行動を起こします。

裏切れば、二度と予約は受け付けて貰えません。

だからこそ、お互いに責任を持った対応をしてきました。

信頼関係の上で成り立つのが「予約」だったのです。

一見さんは予約を取れないのです。

とても手間が掛かりました。

やがて、対面から「電話」に変ります。

だいぶ、敷居が低くなりました。

でも、顔が見えません。

顔が見えない分だけ信頼度が下がります。

電話一本で予約が出来る代わりに

電話一本でキャンセルも出来ます。

気が楽になりました。

それでも、まだ信頼関係の中で予約をしていました。

今は、Netの予約サイトからです。

意図も簡単に何時でも何処でもできます。

Netで見ますから、その店がどの様な店かも理解せずに。

「とりあえず予約」ポッチと!

顔も見えなければ、声も聞こえません。

何処の誰かも特定できません。

自分が見えないので、意図も簡単に「キャンセル」

店側から連絡が入っても

メールを見なければ良いのです。

「既読スルー」です。無視です。

自分に責任が掛からないと思って居るからです。

こんな事で良いのでしょうか?

自己責任がとれない状況で!

便利なNet社会が、私達の責任感を奪っているのでしょうか?

こんな事が続けば

予約を入れて店に行っても

「予約?そんなの知らないね!お客さんで一杯だから入れないよ」って

事が起るかも!

人と人との関係は

信頼と自己責任の上で成り立っています。

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング

所長のカウンセリングアドバイス:共同体感覚=共生

yokoitomizou 2019年9月9日 by yokoitomizou

私達は共生体です。

ひとりでは何も出来ません。

決してひとりでは生きていけないのです。

人と助け合って共に生きていきます。

ひとりの力ではしれています。

みんなの力で共同し助け合い

大きな結果を出します。

その為には、色々なことの経験が必要です。

共同体感覚=チームプレイ能力が必要です。

学校生活の中で

クラブ活動や体育祭や文化祭

クラス対抗などを通じて

チームプレイ・チームワークを身に付けます。

その中で、色々な役割分担を担い

時には、リーダーシップをとり

時には、サブリーダーとしてサポート役に回り

時には、縁の下の力持ちになったり

時には、みんなの潤滑剤になり

時には、嫌われ役になったり

色々な役割を経験して

チームの目的にに向かってゴールできるように

大きな結果を出します。

時には、失敗し負け、悔しく涙する事を仲間と共に経験事も必要です。

時には、ゴールに達成し、勝負に勝ち喜びを仲間と分かち合う経験が大切です。

この経験が、社会に出たときに重要な役割を果たします。

世の中は、みんなの力を合わせて物事を達成するのですから。

でもこの経験の無いもは孤独です。

相手に対して、思いやりを持てません。

自分さえ良ければ、相手が苦しもと悲しもうが、関係ないのです。

自分さえ良ければ良いのです。

自分が勝利者になれば良いのです。

自分が勝利者になるように、みんなが力を出せば良いのです。

エリート族に多く居ます。

友達はライバルなのです。敵なのです。

友達が落ちれば、自分が合格するのです。

助け合う必要は無いのです。

この様なメンバーは

幼いときに「セルフコントロール能力」を身に付けていないのです。

この様なタイプの人間が増えてきました。

対人関係がおかしくなってきています。

 

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング