2020年12月14日

所長のカウンセリングアドバイス:ゲシュタルト療法「ピリオドを打つ」

yokoitomizou 2020年12月14日 by yokoitomizou

私たちは悩みます。

断ち切ることは出来ません。

悩みをクリアーして強くなり

成長をしていきます。

現在、起きている悩みは成長への証ですが

過去の悩みは、足を引っ張るだけです。

何気ない会話、出来事、風景から

過去を思い出し悩みます。

過去に済んでしまった悩みを思い出し

あ~でもいない!こ~でもない!

あの時こうしていれば良かった!

また、相手に怒りを持って腹を立てたり

勝手なストーリーを創って

過去の世界に浸っています。

何か意味がありますか?

過去の出来事が変わりますか?

あの時の嫌な思い、

惨めな思い、

苦しい思いが変わりますか?

変わるならば、なんぼ振り返ってもらっても構いません。

過去は絶対に変わりません。

意味がありません。

それよりも、

過去は過去と捉えて「ピリオド」を打つことが大事です。

「あの時は、こんな事が起きた。苦しかった、腹が立った、

でも、それを乗り越えて今の私がある」と、

ピリオドを打ちましょう。

私たちは、過去を消すことは出来ません。

消してしまえば、自分自身の人生を消すことになります。

また、自分自身を否定することになります。

必ず、過去を思い出します。

ただ、過去に囚われている時間はもったいないです。

この囚われている時間を短くしましょう!

そのためには、過去に「ピリオド」を打つことが大事です。

過去に囚われてしまったとき、

ピリオドを打っておけば

我に戻れます。

「アホらしい!もったいない。もったいな。」と、

自分に言いましょう!

「ちちん、ぷいぷい」でも、構いませんよ!

 

 

 

 

 

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング