2021年10月

所長のカウンセリングアドバイス:男はつらいよ!マザコン

yokoitomizou 2021年10月25日 by yokoitomizou

男はつらいです。

本当に。

常に男は、

強くなれればなりません。

弱音を吐いてはいけません。

泣いてはいけません。

挫けてはいけません。

勝つことが当たり前です。

負けることは許されません。

弱い者を守らなければなりません。・・・等々。

そのためには、強くならないといけないのです。

例え、自分が弱虫でも

男としての期待に応えなければならないのです。

だって、親から男になれと育てられてきたからです。

頑張らなくてはならないのです。

親に認めて貰うために、

一生懸命頑張ります。

弱い自分を見せないため、守るために

鎧を身につけます。

どんな敵が来ても、負けないために

鎧に鎧を重ねて、自分自身を守ります。

重い鎧のために、身動きが出来ない取れなくても。

戦い戦い、鎧がボロボロなっても

必死になって、期待に応えるために戦います。

お陰で、頑固になります。頑なになります。

柔軟性がなくなります。

みんな、弱い自分をさらけ出さないために、

無駄な努力をします。

鎧を脱いで本音を出せば、

自分を取り戻し、楽に生きられるのですが、

ひとえに、母親から愛され認めて貰いたいが為に

哀しい努力を、日々重ねています。

報われることがないのに。

マザコン故に!

 

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング

所長のカウンセリングアドバイス:意思&行動

yokoitomizou 2021年10月18日 by yokoitomizou

カウンセリングに於いて

色々な自分に気付き、

問題点の原因を知り

カラクリを解きます。

その結果、

クライエントは自分の置かれている環境に気付き

問題点の把握から

どの様に進めば良いか

方向性が見えてきます。

結果、意思が固まります。

ただ、ここでは「頭の理解」です。

クライエントは悩みの答えが分かり

納得されます。

今まで、悩み苦しんできた事柄から

解放された思いです。

これで、自由に自分らしく人生を送れる。と思われます。

が、しかし何も現実は変わっていません。

頭での理解でしかないのです。

ここで、実践が必要なのです。

自分の行動を変える必要があります。

今まで、慣れ親しんだ行動パターンがあります。

対人関係に於いて、

この慣れ親しんだ行動パターンが自動的に発動します。

同じ事の繰り返しが起きます。

この自動回路を止めない限り、

同じ対人関係を繰り返します。

意味がありません。

同じパターンが繰り返されないように

行動を変える必要があります。

何でも良いです。

出来ることから。

朝、笑顔で「おはようございます」からでも良いのです。

その結果、相手の反応が変われば、

行動パターンが変わった証です。

良い行動パターンが繰り返されるように

癖付けが大切です。

カウンセリングで悩みの問題点に気付き

悩みのカラクリの謎が解けて

意識改革をするだけでは、何も変わりません。

現状は変わっていませんから。

現状を変えるには、

悩みに対する、強い意志を持ち

それのに伴う行動が必要です。

意思&行動で、初めて変化が訪れます。

実践をしてこそ、掴める幸せがあります。

 

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング

所長のカウンセリングアドバイス:親のルールで生きる・アドラー心理学

yokoitomizou 2021年10月11日 by yokoitomizou

私達は「親のルール」で生きています。

幼いときは、「真っ白」です。

何の価値観も、ルールも有りません。

親に育てられ

親の価値観、ルールを学び

それが、絶対なのだと

何の疑いもなく、信じて人生を送ります。

例え、そのルールが理不尽で自分を苦しめることでも。

ルールを破ることは

親からはダメ出しをされ、

嫌われ、

悪い子になり

見捨てられるからです。

こんな恐怖は有りません。

逆に、親のルールに従っていれば

親は喜び、褒めてくれ、愛して貰え

幸せに過ごせます。

親の喜んでいる姿が、

自分が愛され幸せになのだと思い込んでいます。

でも、子供の頃は仕方が無いところも有ります。

親から愛情を貰って生きていくから。

親のルールを学習します。

つまり親からの「他者評価」で生きています。

でも、大人になった私達に必要でしょうか?

理不尽な価値観、矛盾したルールに従うべきでしょうか?

大人になった、私達は自分の意思で人生を送れます。

自分らしく生きるために

社会生活の中で色々経験して

新しい価値観、社会性ルールを身につけます。

社会性の中のルールを持ち、価値観を養います。

これが「自己評価で生きる」です。

親のルールを基準にして生きている人は

新しいルールに拒否感を覚えます。

親のルールを破ることは、

親にとって悪い子です。

見捨てられる。

このサイクルが自然に湧いてきます。

親に縛り付けられている証です。

そろそろ、自分自身を親の支配下から、離脱しませんか?

自分らしく生きるために。

「自己評価」を大切に。

 

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング

所長のカウンセリングアドバイス:今に生きるor今だけに生きる・ゲシュタルト療法

yokoitomizou 2021年10月4日 by yokoitomizou

貴方は

今に生きていますか?

それとも、今だけに生きていますか?

言葉では、似ていますが

生き方は全然違います。

「今だけに生きる」は

今さえ良ければ、それでいいになります。

対人関係に於いて

苦しいこと、辛いこと、嫌なこと、怖いこと・・・等々。いろいろあります。

こんな事に関わっているだけで

苦しい人生になります。

誰もが、嫌なことから逃れたい思いが募り

対人関係の解消

仕事を辞める

友達関係を切る

等をして環境操作をします。

確かに、嫌なことからは逃れられます。

苦しい思いはしなくて済みます。

でも、問題解決ができたのでしょうか?

問題可決を先延ばしにしただけです。

新しい環境の中で、新しい人間関係を作れば問題は消えます。

しかし、対人関係に於ける問題点はクリアされていませんから

また、同じ問題なある対人関係を繰り返します。

「今だけに生きる」は「今だけが楽ならば良い」です。

問題点の先送りの繰り返し。

自分らしく生きているわけでは有りません。

「今に生きる」は

今まさに、この瞬間を自分らしく生きています。

今、起きたことに責任を持ちます。

対人関係で問題が起きても

問題解決に挑みます。

今の苦しみを、先送りにはしません。

先送りをしても、後でツケが回ってくることを知っているからです。

今の責任をしっかりとり

先、つまり未来に繋げます。

今の幸せは、未来へと繋がり

未来への幸せとなります。

「今、ここにあるがまま、自分らしく生きる」

自己責任とって、自分の心に正直に生きる。

皆さんは、どちらを選びますか?

「今だけに生きる」か

「今ここに生きる」か

 

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング