とうとのひとり言:TKN心理サロンブログ

所長のカウンセリングアドバイス:純粋 空気を読む

yokoitomizou 2017年6月6日 by yokoitomizou

「純粋・無垢」

とても、清々しい響きの在る言葉ですよね。

疑うことなく、

自分の価値観を押し付けることもなく、

嘘を付くこともなく、

相手を純粋に受け入れる。

純粋で在るから物事を

「善と悪」で、はっきりと見極める。

世の中の人が皆、純粋ならば

この世の中は、

幸せでしょうね。

カウンセラーにとっても、大切なテーマです。

 

過去の受講生の中にも「純粋」な方が居られました。

本当に素直でした。

しかし「純粋」故にトラブルに巻き込まれます。

対人関係に於いて

相手の話を「純粋」に聴き、信じます。

只、話しの中には「お愛想」も在ります。

ストレートに言えば、角が立つので

遠回しに伝えます。

でも、「純粋」故に、その言葉を素直に受け、行動を起こします。

京都のお愛想で

お客さんが帰ろうとすると

「ちょっと、ぶぶ漬けでもどうぞ」と言われます。

そこで「ほなぁ。いただきますは」と言えば

無粋な人になります。

これと同じで、

きつく断るのも悪いので

「次の時に誘ってね」と言ったら

それを、素直に受け取って

次の時に誘う様なものです。

「融通の利かない人」と扱われ

だんだんと、郷里を空けたれます。

対人関係には、程々の距離が必要です。

お互いに「空気を読み」

相手への状況判断をしながら、

対応が必要ですね。

大阪弁の

「何処、行きはんの」

「はい、ちょっとそこまで」

「そら、よろしおまんなぁ。気いつけて」

「ありがうさんです」と同じです。

「私は、貴方のことを気にかけていますよ。

でも、それ以上踏み込みませんからね。」

と言う、暗黙の了解事が生まれています。

このほどほどの距離は難しいですが、

必要ですよね。

 

カウンセリング:カウンセラー体験講座への申込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日を設けました。

 

所長のカウンセリングアドバイス:最初の第一歩

yokoitomizou 2017年5月30日 by yokoitomizou

「カウンセリングを受けても何も変わらない」と、

言われることがあります。

「カウンセリングを受けると治る」はありません。

こんな事を書けば身も蓋もないですよね。

カウンセリングを受ける意味がない事になります。

真実は

「カウンセリングを受ける事により治る」のではなく、

「カウンセリングを受けることにより、

悩みの問題点に気づき、

改善する行動を起こす」から、治るのです。

アクションを起こさない限り、何も変わりません。

物事を「ネガティブ」に捉える癖がある人が

カウンセリングにより

「ポジティブ」に物事を捉えましょ!と気づいても、

実際にアクションを起こさない限り、

何も変わりません。

又、無理矢理

「ネガティブ」を「ポジティブ」に切り替えても

しんどくて、直ぐに挫折します。

先ず、

「ネガティブに考えている自分に気づく」

次に

「ネガティブに考えている事を否定しない」

否定すれば、却って落ち込みます。

「今、ネガティブな自分を認める」

「ネガティブになったわ!」と受け止める。

「アホらしい」と思う。

「ポジティブに言い換えてみる」

この様に、少しずつ

物事の考え方、捉え方を変えてく

アクションを起こすことにより

少しずつ、変わっていきます。

 

つまり、カウンセリングが悩みを無くすわけではありません。

カウンセリングを受けたクライエントが

アクションを起こし、

自分で治すのです。

そんな特効薬があれば、私が欲しいです。

クライエントに売りますよ。儲かるでしょうね!

 

 

カウンセリング:カウンセラー体験講座への申込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日を設けました。

所長のカウンセリングアドバイス:相手を創りあげる

yokoitomizou 2017年5月23日 by yokoitomizou

「相手を創りあげる」

これって変な言い方ですよね。

でも、自分の行い次第で相手を創り上げるのです。

こんな症例があります。

優しい思いやりのある旦那さんを

「わがままな旦那」に創り上げました。

友達との電話中、TVの音声が大きかったので

「ボリュームを下げて」って声をかけました。

すると旦那さんはTVを切り、

2階に上がりました。

この瞬間、奥さんは「悩み」が発生しました。

(これで分る人は悩み好きです)

「怒らした」と思ったようです。

直ぐに、旦那さんに謝りました。

確かに、旦那さんは少し気分を害し

少し強い態度に出たかも知れませんが

謝られたのですから、

旦那さんが善人で

奥さんが悪者になったのです。

 

旦那さんの行為は「正当化」されました。

「相手が謝ったのだから、自分の行為は正しい」と、なります。

いくら、優しい思いやりのある旦那さんでも、

こんな事を繰り返すと

「自分の行為が当たりえなのだ」となり

「わがままな旦那」を創り上げていくのです。

 

幼いときに、

「親を怒らしてはいけない。

嫌な思いをさせることは、自分が悪いことをしたのだ」

こんなテーマが無意識の中に刷り込まれているからです。

優しく、いい人程、陥りやすいパターンです。

 

「ありがとう」の一言で事は済んでいたのに。

 

 

カウンセリング:カウンセラー体験講座への申込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日を設けました。

 

所長のカウンセリングアドバイス:気づかない感情

yokoitomizou 2017年5月16日 by yokoitomizou

「気づかない感情」

悩みを抱えている時、

今、起きている悩みに振り回されて苦しんでいます。

当然、その感情が表に出てきます。

カウンセリングの於いても、

この感情が重要視しますが

それよりも奥にある感情が

悩みを発生していることに気づいて場合が多くあります。

先日も「アクティブリスニング・トレーニング」で起きました。

「トレーニングが在るので、万全な状態で挑む予定が

2・3日前から風邪っぽくなり、薬を飲んで早く寝た。

以前から靴擦れのため足が痛くて

朝、出掛けしなに「サンダル」に変え様と下駄箱を探したが

中々見つからず、時間が過ぎてしまい

余裕を持って行動していたのに、

電車に乗り遅れそうになり

イライラしてしまった」と言う内容の話しを

気持ちを汲み「伝え返し」するトレーニングでした。

受講生は

朝の出来事でイライラしていることに

注視していました。

間違いは無いのですが、

それよりも、

「このトレーニングを受講するために、

体調管理もしながら準備をして

「意気込んでいた」のに

直前に風邪をひいてしまい、

その上、朝はサンダルを探す事でイライラして

出鼻を挫かれた。

折角の思い入れが、台無しだ」

この事が大事でした。

「折角の思い入れが、

台無しになって

イライラした」という思いを汲むことが大切でした。

 

悩みの同じです。

今起きている悩みは、過去のテーマを気づかせるために

起きている悩みです。

本人も気づいていない「感情」に

カウンセラーが気づき

クライエントへ「伝え返し」で

気づけるように導くことが大切です。

今、感じている感情を

脇起こしている本当の感情を知ることが大切です。

 

悩みの華を見て、摘むのではなく

悩みの華を咲かせている「根っこ」を

見つけ、摘み取ることが大切です。

悩みの華は、悩みの根っこを気づかせるための華です。

根っこの在処を教えてくれているのです。

華だけを摘んでしまったら、

根っこの在処が分らなくなります。

悩みの感情は、本当の感情を教えてくれる

ヒントです。

 

 

カウンセリング:カウンセラー体験講座への申込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日を設けました。

所長のカウンセリングアドバイス:結婚とは!

yokoitomizou 2017年5月9日 by yokoitomizou

結婚とは、夫婦とは何でしょうね?

幸せになるために、結婚をし夫婦になるのですよね。

なのに何故、

お互いに悪口を言い、

傷つけ合い、

苦しむのでしょう?

決して、嫌いな人と結婚をした訳では無い筈です。

愛する人と結婚した筈ですよね。

性格の不一致。

価値観の違い。

恋愛時代と違った。

私の事を分ってくれない。

挙げ句の果てには、騙された!とまで。

でも、当たり前じゃないですか。

全く違う環境で育った二人ですから。

 

恋愛時代は、

恋人に対して思いやりを持ち

気持ちを汲み

喜ぶように努めます。

その喜んでいる姿を観て、嬉しいのです。

当然、恋人が喜ぶことをしますよね。

嫌がることを極力隠して、

素敵な人を装うって居ます。

しかし、結婚をすれば別です。

毎日ですから。

当然、価値観の違いから喧嘩もします。

育った、家の価値観が違うのですから。

この違いを、ぶつけ合いながら

新しいものを創りあげていくのです。

 

料理の味付けにしたって違います。

初めは、奥さんが旦那さんの家の味に合わせます。

でも、徐々に奥さんの家の味に戻していきます。

元々のベースがあるから、自然な流れです。

しかし、元の奥さんが育った家の味ではありません。

奥さんと旦那さんの家の味が混ざって、

「新しい味」出来上がります。

この様に、二人で新しいものを創り出していくのが

結婚、夫婦なのです。

「Win=Win」の法則です。

 

「夫婦喧嘩」も、気持ちぶつけ合いで、

新しいものを創造していく、素敵な行為ですよね。

夫婦とは

「新しいものを創造していく共同体」ですね。

 

 

カウンセリング:カウンセラー体験講座への申込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日を設けました。

所長のカウンセリングアドバイス:許す事を許すなかれ

yokoitomizou 2017年5月2日 by yokoitomizou

「許すことを許すなかれ」

恨み辛み、怒り、苦しみ等は

いつまで持っていても仕方がありません。

 

カウンセリングに於いても、

「過去に拘らす、今を自分らしく生きよう」と、

目指して貰います。

変わらない過去にいくら嘆いても、

悔やんでも、怒っても何も変わりません。

済んでしまった過去ですから。

だからといって、

苦しめた相手を許せと言うのではありません。

本当に

「私を苦しめた相手を許せますか?」

仮に苦しめた相手が「親」ならば

親が年老いているから、

親が死んだ、後悔しないためにも

もう恨むのは止めようと、許す。

本当に心の底から許せるのならば構いません。

自分の本心では許せないのに、

許してしまえば、逆に後悔が湧きます。

心に嘘をついて

本心を抑えこみ「許した」だけですから。

 

 

自分自身の本当の気持ちを聴いてください。

心が許していないならば、許す必要がありません。

「許すことを許すなかれ」です。

自分が死ぬときには、総て忘れてしまいますから。

ただ、一つの捉え方として

「確かに私は親のお陰で、

辛い、悲しい、悔しい思いをした。

でもそのお陰で、今の私が在るよね」と思えるならば

もう拘ることに拘らないようになってきます。

こんな考え方、捉え方は如何ですか?

それでも、「わだかまり」は残りますからね。

お釈迦様でも在るまいし「悟り」などひらけません。

だって、人間ですから!

それでいいんじゃないですか。

 

 

カウンセリング:カウンセラー体験講座への申込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日を設けました。

 

所長のカウンセリングアドバイス:こころカフェ

yokoitomizou 2017年4月25日 by yokoitomizou

先週土曜日4/22(土)に「こころカフェ」を開催させていただきました。

久しぶりの開催でした。

今回は直前の月曜日に

OBCラジオ大阪「高岡美紀のべっぴんラジオ:人生相談」で、

「引きこもり」の相談でしたので、

良かったら「こころカフェ」にお越しください。と

お声掛けをさせて貰った関係で

問い合わせも多く、「引きこもり」の親御さんが多く参加いただきました。

皆さん、苦労されています。

子供のために必死の思いで頑張られています。

私どものカウンセラーも、いつもより真剣に接していました。

カウンセラーも「生の声」を聴ける、貴重な経験が出来たと思います。

電話で必死に苦しみを訴えられ、当日参加を予約された中に

連絡なしのキャンセルされた方が数組居られました。

「何故?」でした。

一瞬、「そんな事をしているから、引きこもりが続く」と、

思ったのですが、そうでは無いですよね。

10年15年と引きこもりが続くと、

それまでに散々、いろんな事を試されたと思います。

本当に「藁にもすがる思い」で、頑張られたと思います。

その結果、今に至るので、「今更」と言う思いも大きいと思います。

 

確かにそうですよね。

「こころカフェ」に来て、苦しい思いを訴えても、

「そんなこと言われんでも、分っている。

何をやっても結果は変わらなかった」との思いが強いと思います。

でも、諦めないで欲しいのです。

親御さんが諦め「絆」を切ってしまうと、

もう子供は救われません。

ラジオ放送の中でもお伝えしました

「子供の部屋にご飯を持って行き、食べてくれただけでも

『繋がり』が出来ています。その事を大切にして欲しい。

食事に『桜の花が咲いたよ』のメッセージを添える。

その事により、外に意識が向く。

こんな事を続け、繋がっている細い糸を束ねて太くするを

目指しませんか?」

こんなチョットしたことから、繋いでいきませんか?

家族がリビングで大声で笑っている。

部屋に引きこもっている子供が

「うるさい」と怒鳴ったり、

壁を殴りつける。

こんな事も、繋がっている証しです。

本人も「元に戻りたい」との思いはあります。

ただ、どうすれば良いか分らなく

もがき苦しんでいます。

「きっかけ」を探し求めています。

繋がり=絆を大切にしてください。

親御さんも時には「ガス抜き」が必要です。

力にはならないかも知れませんが

「こころカフェ」で、ガス抜きをしてください。

毎月開催しています。

 

カウンセリング:カウンセラー体験講座への申込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日を設けました。

 

所長のカウンセリングアドバイス:思い通りにいく?

yokoitomizou 2017年4月18日 by yokoitomizou

思い通りに物事が進み、

結果が望み通りならば申し分在りませんよね。

処が、そうは旨くいかないのが人生ですね。

逆に、望み通りにいかなかった経験の方が

多いですね。

旨くいったとしても、何処か物足りないところが在ります。

 

旨くいかなかったからと、落ち込んだり、腹を立てたり、

時には八つ当たりしたり。

常にモヤモヤした思いのままが多い筈です。

「禁止令:完璧であれ」が刷り込まれている証しです。

完璧に出来なければ、ダメなんだ。

完璧でないと、敗北者であり親から認めて貰えない。

がテーマです。

追い続ければ「神経質」になってしまいます。

100回に1回

いやいや、1000回に1回

思い通りにいけばば良い方ですよ。

Aの物事に対しては80%

Bの物事に対しては60%

Cの物事に対しては50%

と、思ってみませんか?

旨くいかなかったところは、

次回のチャレンジ項目です。

クリアして、成長すれば良いのですから。

対人関係の関わり方も同じですよ。

心が縮んでいます。

心の背伸びをしましょ!

 

 

カウンセリング:カウンセラー体験講座への申込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日を設けました。

 

所長のカウンセリングアドバイス:ボディカウンセリング

yokoitomizou 2017年4月11日 by yokoitomizou

久しぶりに

ボディカウンセリングをしました。

普段は時節柄、控えていましが

講座「箱庭療法」最中に生徒が置いた箱庭によって、

トレーナーが感情反応がでたので、

講座後にカウンセリングになりました。

自分を見つめ直す作業が、

一応成し遂げているカウンセラーでもありますが、

心の奥底に閉じ込めていた感情が出て来ました。

ちょうど良いタイミングだったので、

ボディカウンセリングを行いました。

お腹の奥底に閉じ込めていた

「悲しみ、怒り等」が湧き出て来るものの、

胸から喉に掛けて

恐怖のブロッキングが出す事を許しません。

湧き出で来るものと、

抑え込むものがぶつかり、

「カオス・混乱」が起こっています。

溝内辺りが苦しくなり

空吐気が起き始めました。

同時にお腹に強烈な「痛み」が出て来ました。

この苦しみ、

恐怖、

強烈な痛に負けず吐き出した時、

叫びが出て来ました。

力の限りテーブルを叩き、

脚を踏み付け激しいものでした。

出しきったあとは、

痛みも苦しみも号泣も収まりました。

かなり激しいボディカウンセリングですが、

何があっても受け止められている安心感が、

心身共に実感出来てこそできるカウンセリングです。

「5リズム・ダンスカウンセリング」の流れにも似ています。

 

私達は幼い時から

「ありのままの私を

受け止めて欲しい。

分かって欲しい。」と叫んでいます。

しかし、望んでも叶えられなかった思いが

心の奥底に閉じ込めた事により起きた叫びです。

今回は「痛い」の叫びがキーワードとして出て来ました。

「痛い」が気づかせてくれます。

 

心のエネルギー交換と言われる

ボディカウンセリングです。

カウンセリングする側も

逃げる事

かわす事、

失敗する事が出来ない真剣勝負です。

私もこれを行うとカウンセリング後

嘔吐くぐらいの空咳をします。

本当の受容と共感が求められます。

 

 

カウンセリング:カウンセラー体験講座への申込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日を設けました。

所長のカウンセリングアドバイス:努力する事をやめる

yokoitomizou 2017年4月4日 by yokoitomizou

「努力することをやめる勇気」を持てますか?

私たちは相手から好かれるために

嫌われないようにするために

いろいろな努力をします。

素晴らしいことです。

しかし、努力の仕方を間違えば逆効果です。

相手に嫌われないように

距離を置かれないようにするために

自分を隠そうとして

自分自身に嘘をつく事をすれば、

かえって自分を苦しめるだけです。

相手好みの自分を変えてしまって良いのですか?

あなたは何処へ行ってしまうのでしょうね?

そんな努力は止めるべきです。

「ありのままの私を愛して欲しい。認めて欲しい」

との思いが強いはずです。

ありのままの自分を表現しませんか?

「ありのままを私」を出して相手が嫌えば

あなたにとって、必要ない人です。

「ありのままの私」を

愛してくれる、認めてくれるひとが一番大切な人です。

でも、恐怖が湧出すので勇気のいることです。

「相手に好かれるために、

相手好みの自分ななる努力」をするよりも、

「ありのままの私」を表現する事に、

エネルギーを注ぎませんか。

 

たけのこ

 

カウンセリング:カウンセラー体験講座への申込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日を設けました。