スタッフブログ

所長のカウンセリングアドバイス:親のコピー

yokoitomizou 2018年7月16日 by yokoitomizou

貴方の価値観は何処から来ていますか?

知らない間に、親に吸収された人生を送っています。

私達は産まれたときから

親の価値観を見習って吸収し

成長の中で強化していきます。

赤ちゃんが、お腹が空いたので泣く。

親が泣き声を聴いて

「お腹が空いたんだなぁ!」と理解して

オッパイをあげる。

これで、赤ちゃんは理解されたとして安心感を持ちます。

でも、お腹が空いて泣いても

オッパイを貰えなかったら

どうすれば、気づいてくれるか考えます。

つまり、親の反応(価値観)を学びます。

この幼い赤ちゃんの時から、

親の考え方、態度、反応の仕方、価値観をコピーします。

成長の過程で「親の基準」が「自分の基準」と強化していきます。

何の疑いもなく!

知らない間に

対人関係にも影響を及ぼします。

友達の見方

結婚相手の見方まで

刷り込まれた親の基準をつかって

パートナーを選んでいます。

せめて、両親が幸せであればOKですよ。

もし、不仲な両親ならば最悪です。

親の価値観でパートナーを選ぶのですから

結果は見えていますよね。「不幸せ」

親に吸収されている証しです。

親のコピーで人生を送りたいですか?

親から「心の自律」をしませんか?

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング

 

 

 

 

所長のカウンセリングアドバイス:優柔不断は悪

yokoitomizou 2018年7月9日 by yokoitomizou

「優柔不断」厄介な捉え方です。

私も思いっきりやっていました。

決断を下すことが怖いのです。

決断を下すと、責任を取らないといけないからです。

欲しいものも欲しいと言えません。

お陰で、選択肢がある時には自分の意思で選べないのです。

選んだ限りは文句を言えません。

実行をして結果をださいとダメです。

また、責任を果たさないといけないのです。

失敗は許されません。

失敗をする子は悪い子です。

悪い子は愛されません。

愛されなければ生きていけません。

結果、「優柔不断」になってしまいます。

本当に「アホ」です。

自分が下した選択肢に責任を取りたくないのです。

と言うよりか、取りたくないのです。

心の中のベースとして

傷つきたくない

嫌われたくない

悪い子にはなってはいけない

総ての人に対して「いい人」で無ければらない。

が、出来上がっています。

 

相手の意見にに対して

従順を装い

相手の意見に従います。また、合わせます。

決断を求められれば、

あーでもない。こーでもない。

話しをはぐらします。

決断を下さいように理由付を繰り返します。

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング

 

 

2018年のエサレン研修を終えて

yokoitomizou 2018年7月2日 by yokoitomizou

今年のエサレン研修を終えて、もう3週間ほど経ちます。

3年ぶりのエサレンでした。

今回

ポール・ヒューツセンスタムの「アート曼荼羅」ワークショップを受けて、

あらためて、ゲシュタルト療法の素晴らしさを実感しました。

「今に生きる」

今に生きるとは

今、出来ることを一生懸命やること

やっているうちに

次のやることが産まれる

又、その事を一生懸命にやる

この繰り返しを

やっていくうちに

新しい「私」が産まれる。

 

「アート曼荼羅」を描くのに大変苦労をしました。

真っ白なキャンバスに

選んだ「曼荼羅」のテンプレートをトレースし

色を塗っていきます。

綺麗に描きたいという思いと

失敗を恐れなる思い

試行錯誤しながら描いていきます。

ポールのアドバイスを貰う事により

自分らしく描いたい「私」と

アドバイスに対する抵抗する「私」から

葛藤が起きる。

その葛藤から新しい「私」が産まれる。

この葛藤が無ければ

今までの枠に収まった「私」しか無い。

この繰り返しでした。

戸惑い、筆が止まれば何も変わりません。

葛藤しながらも描き続ける中で

「新しい私」が産まれます。

そして、新しい私が

「今の私」です。

これこそが成長です。

変化を続けているのが

「今の私」なのです。

今回の「アート曼荼羅」には完成がありません。

描き続けるのです。

曼荼羅自体が「私」です。

進化、成長を続けます。

新しい「今に生きる」を体感してきました。

教室の飾ってある私の「アート曼荼羅」は未完成です。

人間は、死ぬときまで成長を続けます。

今に生きる、成長を続ける限り

アート曼荼羅は未完成のままです。

 

ポールは日本大好きです。

桜の咲く頃に、日本で「アート曼荼羅」のワークショップを行ないたいようです。

来日の時には、皆さんも「アート曼荼羅」にチャレンジしませんか!

所長のカウンセリングアドバイス:木を見て森を見ず

yokoitomizou 2018年6月25日 by yokoitomizou

「木を見て森を見ず」

ひとつのことに囚われてしまって

全体が見えなくなっている状況です。

カウンセリングにも言えます。

クライエントの話に対し

「全体の話を聴きながらポイントを聴いてください!」

と伝えています。

どうしても、今おきてる問題点「悩み」に囚われがちで

悩みに聴き入っています。

大事なことではありますが、「落とし穴」にはまりがちです。

今、喋っていることは「悩みの花」です。

いくら花をしっかり見ても

その奥にある「根っこ」のありかを見つけることは出来ません。

花に見とれているから、根っこのありかが見えないのです。

結果、クライエントに振り回されてカウンセリングが堂々巡りします。

クライエント日が近づきすぎてしまい

クライエントとに飲み込まれて吸収されている状態です。

クライエントの話の全体を聴きながら

言葉のイントネーション

ボディーランゲージ

繰り返される言葉

特に強調される言語などに注意を払いながら

悩みの本質を見つけていきます。

人間は囚われの動物です。

一度気になると、そこから逃れられなくなります。

カウンセラーは常に

ニュートラルのポジションで

全体を見ながら、悩みのポイントを探ります。

「木を見て森を見ず」

俯瞰の立場でクライエントの話を聴き

ポイントを見つける!

カウンセリングの必須です。

 

 

 

 

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング

 

所長のカウンセリングアドバイス:対人関係のカラクリ

yokoitomizou 2018年6月18日 by yokoitomizou

「乖離性人格障害」は以前までは「多重人格」を言われていました。

時代と共に呼び名が変わります。

「乖離性人格障害=多重人格」と言えば皆さん敬遠しがちです。

一人の中に、色々な人格があり、個性を持ち単独行動をします。

そして、通常の「私」が各人格をコントロールが出来ない。

他の人格が行なった行動を記憶していない。

簡単に言えばこれが「多重人格」です。

 

ただ、「プチ多重人格」は案外身近にいてるかも!

俗に言う「多面性による問題」を持っていると、

思って貰えれば良いかもしれません。

私達は色々な顔を持っています。

職場での顔

家族での顔

友人との顔

恋人との顔

近所との顔・・・・等々!

一杯持っています。

その場での役割としての顔を持ています。

但し、「私」が総てを把握し「記憶」もして

コントロールが出来ます。

これが通常の「私」です。

でも中には、このコントロールが上手く行かないときがあります。

ひとつの顔が「暴走」して、

まるで、何時もの私と違うが対人関係をおこしトラブルを起こします。

「何時もの貴方とは違う!」と言われる状態です。

対人関係でよくトラブルを起こす方は

「色々な私」を上手く把握が出来ていず

問題行動を引き起こします。

このように伝えると

多かれ少なかれ皆さんお持ちのことと思います。

「いろんな私」を知り、受け止めることが大切です。

そして、周りの方も!

「あっ今!〇〇な私」が出てきている。と、

本人も、周りの人も気づけばトラブルが防げます。

いろんな私を知り、コントロール出来る事が大切です。

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング

 

 

 

2018-エサレン研修レポート⑦

yokoitomizou 2018年6月9日 by yokoitomizou

エサレン最終日
いよいよこの日が来ました
果たして、研修の成果が出たのでしょうか?
でも生徒達の様子を見ていると
自身を持って言えます。
自分自身をあるがまま受け入れる事とを
スタートさせた。
時間は掛かりますが、一歩ずつ歩み出した事を。
アート曼荼羅は心の中を描きます。
無意意識で表現します。
表現した自分自身を肯定も否定もされずに
受け入れられた実感が、
更なる成長に自信が持てます。
ワークショップリーダーのポールは
素晴らしです。
生徒が描いたアート曼荼羅を決して否定はしません。
描いたアート曼荼羅を認め、否定もしません。
それが今のどの人だからです。
おかげで、安心してアドバイスに耳を傾けて
自分自身のイメージで描きます。
結果、生徒自身の今を表現し
新たな自分を描きます。
ポールは久し振りにに出会えた
心の熱く、真剣に向き合ってもらえた
素晴らしいワークショップリーダーでした。
そして、通訳をお願いした明子さんには
感謝しかありません。
言葉の壁があるのに、見事に繋いでくれました
旦那さんに
迷惑を掛けましたが、大変助かりました。
皆んなの心の中埋まった
「エサレンの種」がやがて、目が吹き華が咲き
実がなることえお信じています。
今回も大正解のエサレン研修でした。

 

 

2018-エサレン研修レポート⑥

yokoitomizou 2018年6月8日 by yokoitomizou

エサレン最後の夜です。
あっという間に木曜日の夜が来ました。
長い様で短いエサレンです。
今朝は、

5リズムのジョナサンの好意で
特別にダンスワークに

参加させて頂きました。
毎日キャンパスに向き合い
肩も凝り、目も疲れて

キンキンになっている
状態でしたので、とてもラッキーでした。
身体の緊張もほぐれ
ハートもオープンになれました。
アート曼荼羅も完成しました。
長い格闘でしたが、
完成したアート曼荼羅はどれも素敵です。
その人自身を表していて

とても興味深いものです。
心を理性でガードしているもの、
あちこちに興味がいき

まとまりにくくなっているもの
色々な曼荼羅です。
でも完成した時の顔は素敵でした。
私の曼荼羅も、

当初イメージしていたものとは
大きく変わりました。
でも、完成した曼荼羅は
私を表しています。
明日は、ラスト
ワーク最後の仕上げシェアです。

みんないっぱい頑張っていますので
あちこちで、感情が飛び出しています。

流星を見ました。

 

 

2018-エサレン研修レポート⑤

yokoitomizou 2018年6月7日 by yokoitomizou

エサレン4日目
停電も収まり、朝食にもありつけました。
朝から、アート曼荼羅に追い込まれています。
ハートがオープンし始め、感情が湧き出しています。
今日は夜のワークがない日ですが、
アート曼荼羅に掛り切りです。
時間があっという間に過ぎます。
ワークリーダーのポールが皆んなに関わり
アドバイスをくれます。
それも、生徒の心をしっかり把握して
アート曼荼羅がその人を表していきます。
明日は特別にジョナサンの5リズムダンスワークに
特別招待を受け参加です。
それも、アート曼荼羅チームが全員!
5リズムを受けることにより
さらに心のオープンが加速されるでしょう!
アート曼荼羅も最後の仕上げに入ります。
頑張らなくちゃ!

エサレンは今までのエサレンであり

又、新しいエサレンでもあります。

 

2018-エサレン研修レポート④

yokoitomizou 2018年6月6日 by yokoitomizou

(さらに…)

2018-エサレン研修レポート③

yokoitomizou 2018年6月5日 by yokoitomizou

エサレン2日目の朝は霧

アート曼荼羅の始まりです!
キャンパスに下地を描き
曼荼羅をトレース。
もうここから色々な自分の癖が顔を出します。
失敗を恐れたり
綺麗に描いたがったり
マインドで考えっぱなしです。
ワークリーダーのポールの一言で
みんな右往左往して振り回されています。
まだ、自分の殻の中にいていることも気づかず、
殻の中で戦っています!
まだ、下地を作っている段階です。
日を追うごとに、自分の殻にヒビが入り
殻を破り、羽ばたく事期待しています。