スタッフブログ

所長のカウンセリングアドバイス:不幸が好き・ワイドショー

yokoitomizou 2019年11月11日 by yokoitomizou

古今東西

ワイドショーは皆さん好きですね。

手短に世の中のニュースを

面白おかしく知る事が出来とても便利です。

約9年前に手術をして1週間ほど入院したとき

「ワイドショーを」たっぷり見ることになりました。

正直、飽きました。

進展のないニュースを

さも、新しい事実が判明したかの如く

同じニュースを各TV局が毎日繰り返し放送しているのですから。

しかし、楽しい幸せなニュースはあまり繰り返し流れません。

繰り返されるのは「不幸なニュース」です。

不幸なニュースほど多く取り上げられます。

みんな、幸せなニュースより

不幸なニュースに興味があるようですね。

関係者の談話に興味津々で

不孝になればなるほど

ワイドショーネタになり

話題になります。

大いに盛り上がっています。

コメンテーター達もハッスルしているように伺えます。

やっぱし、不幸が好きなのですね。

だって、幸せなニュースは直ぐに消えてしまいます。

不幸なニュースならば何時までも話題になり

記憶に残っています。

こんなに不幸なニュースが好きということは

不幸が好きな証しでもあります。

人の不幸を見て

自分の不幸と比べて

「私の方がマシね!」と思いたい。

つまり、不幸が好きなのです。

人の不幸を見て喜んでいるより

人の幸せを見て喜びましょう!

 

 

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング

 

 

所長のカウンセリングアドバイス:マンダラアート・ワークショップを終えて

yokoitomizou 2019年11月5日 by yokoitomizou

マンダラアート・ワークショップが終了しました。

本来ならば、海外研修としてロスアンゼルス・ラグーナビーチでポールの元で

マンダラワークショップを受ける予定でしたが

ポールの都合で研修が実施出来ませんでしたので

TKN心理サロンとして

マンダラアートとユングの理論「光と影」を融合させ

11/2~4までマンダラワークショップとしてチャレンジしました。

始まりはポールの「マンダラアート」です。

各自が好きなマンダラアートを選び、思うがままにマンダラを描いて貰います。

皆、和気あいあいとと進みました。

結構、皆綺麗に描いています。

2日目に入り、ここから本番です。

今まで描いたマンダラは、頭の中で考えて描いた

いわゆる「ペルソナ」偽りの自分自身です。

他人から「いい人」に想われたくて「偽りのマンダラ」です。

過去の私でもあります。

ペルソナマンダラから「シャドーマンダラ」にチャレンジです。

私は良い人なんかではない!

卑怯者、弱虫、恨み、嫉み、裏切り、嘘つき・・・それが私!

ペルソナマンダラをシャドーマンダラに描き変えます。

ペルソナマンダラを潰す勇気は、自分自身の壁を破る勇気が要ります。

葛藤、恐怖、苦しみ、哀しみ、混乱、パニックが襲います。

今まで自分を守っていた「鎧」を剥がす行為は恐怖そのものです。

勇気を持って「シャドーマンダラ」に挑んだ時に

一気にマンダラが変りました。

自分の中の何かが「崩れ」始めました。

昔ながらの「しがらみ」の崩壊です。

「シャドーマンダラ」は本人も驚くぐらいのマンダラです。

最終日には「トゥルーマンダラ」への挑戦です。

「ペルソナマンダラ」と「シャドーマンダラ」を受け入れたとき現われます。

「嘘の自分」も「嫌な自分」も両方とも「私自身」です。

肯定も否定もせず「ありのままの私」を受け入れたときに

「トゥルーマンダラ」が産まれてきます。

グチャグチャな「シャドーマンダラ」からは想像できないほどの

光り輝くマンダラが現われます。

本当の自分が描き出されました。

スタートした時のマンダラとはまるっきり変りました。

その人らしい「ありのままの今の私」です。

涙ながらのマンダラアート・ワークショップでしたが

最後の記念写真は皆、素敵な笑顔に変っていました。

1回限りのワークショップ開催の予定でしたが、

今回の受講生が又、

マンダラを描き続けたいとの希望が多くでましたので

2回目の「マンダラアート・ワークショップ」を開催することになりました。

次回は早くても半年後の開催になります。

「マンダラアート」描きたい方は、心の準備は始めて下さい。

 

元々のオリジナルマンダラ(本の絵です)と

ワークにより変わった自分自身のオリジナルマンダラの違いも

見て下さい、

 

 

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング

所長のカウンセリングアドバイス:木を見て森を見ず

yokoitomizou 2019年11月4日 by yokoitomizou

「木を見て森を見ず」とは

物事の一部分や細部に気を取られて、

全体を見失うこと言うことわざですね。

私達は「囚われの動物」です。

一度、思い込んだら

なかなか考え方、捉え方を変えることが出来ません。

ゲシュタルト療法のテーマでもあります。

カウンセリングの中でも起きやすいことです。

クライエントが訴える悩みに

どうしても意識がいき

訴えを解決しようと

カウンセリングを進め怪傑を目指します。

悪いことでは無いのですが

その訴えに囚われてしまい

「木を見て森を見ず」になってしまいます。

悩みの花を摘み取っただけで

悩みの花を咲かせている

根っこを見ていません。

今起きている悩みを起こしている

本当の原因に意識が行かないことがあります。

クライエントの悩みを聴きながら

その悩みを引き起こした

本当の原因は何か?

常に問いかけをしながら

カウンセリングを進めていくことが大切です。

どうしても、クライエントを救いたいと

楽にしてあげたいの思いから

今起きている症状に

囚われがちになりやすい物です。

 

 

 

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング

 

所長のカウンセリングアドバイス:先送り。悩みに逃げているだけ

yokoitomizou 2019年10月28日 by yokoitomizou

色々なことを先送りにしていませんか?

実は私も「先送り」にしまいがちです。

分かっているのですが

ついつい、「後で」と先送りにしまいがちです。

後で、やらなければならないのですが

お尻に火がつかないと

重い腰が上がらない

悪循環の繰り返しです。

今やってしまえば楽なのに!

アホですね!

人生、悩みも同じ事が言えます。

苦しいときは「ギャーギャー」言います。

でも、「のど元過ぎれば熱くない」の如く

放ったらかしにします。

でも、楽なんですよね。

今さえ楽になるならば!

これは、悩みに逃げているだけです。

今は楽ですが、逃げたので

次のトラブルが待っています。

今度は、前回よりも「苦しい悩み」として

本人が懲りるまで続きます。

 

時には

仕事上の人間関係で嫌なことがあった、

嫌だから会社を辞める。

新しい会社に変れば

嫌な人間関係はなくなるのでOK!

確かに、一時的にはリセットできて楽ですよね。

根本的な解決を行っていないので

同じ事が起きます。

今度は以前より

短期間でそしてよりキツく再現されます。

先送りにして逃げたからです。

悩みは人生の信号です。

問題点に気付き改善するチャンスとしての信号なのです。

信号を無視して進む大事故になります。

一つの例が、今ワイドショーで賑わっている

タレントのTさん。

確定申告の準備が邪魔くさくて

明日に明日に伸ばし

申告を忘れる。

先送りにして、とりあえずはその場は逃れられたので

また、次の年も

何とかなるさで、先送りをして

最後は身の破滅を招きかねない

代償を払わなければ成りません。

果して、本当に懲りているかどうか定かではありませんが?

悩みに対して

逃げずに

先送りをせずに

今起きている現実の悩みに

向き合う事が大切です。

 

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング

 

 

 

所長のカウンセリングアドバイス:パーソンセンタード(心の分霊箱)

yokoitomizou 2019年10月21日 by yokoitomizou

ハリーポッターに出てくるヴォルデモートの分霊箱ではありませんが、

私達にも「心の分霊箱」が必要です。

私達は対人関係の於いて

色々な顔を持たなければなりません。

家族の中での顔・役割

友達の中での顔・役割

職場の中での顔・役割

学校の中での顔・役割

恋人としての顔・役割

近所としての顔・役割・・・等々

色々な顔・役割を演じなければなりません。

ある意味で色々な自分を創り上げ

対人関係を円滑に進むように努めています。

例えるならば

「心の分霊箱」を持ち

こころの分霊箱のの中に

その役割に合わせた「私」を納めているのです。

箱の中には人格が収まっています。

私の魂があり

私の個性があり

私の人格があり

私の分身です。

心の分霊箱の私が

対人関係を円滑に進むように演じています。

でも、分霊箱が勝手に行動されては困ります。

勝手に動けば「乖離性人格障害:多重人格」になっていますので

「心の分霊箱」をトータル管理するのが

「パーソンセンタード:自己一致」です。

本体である「私」があれば

その場その場の指示を出し

役割(分霊箱)を使い分け、

役割を果たします。

役割(分霊箱)が済めば

元の私に戻れば良いのです。

パーソンセンタードをしっかりと創り上げているかが

とても重要です。

果たして、

「心の分霊箱」を幾つ持っているのでしょうね?

 

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング

 

 

 

 

所長のカウンセリングアドバイス:人生は適応の旅

yokoitomizou 2019年10月14日 by yokoitomizou

人生には色々なことが起きて当たり前です。

環境は常に変化します。

今の現状と

明日の環境は違います。

人との関わりも、日々変化します。

昨日まで友だちや同僚であった仲間が

明日には、ライバルや敵に変ることもあります。

進学、クラス替え、学期の変わり目

就職、配置換え、転勤

友情、恋愛、結婚、子供の誕生

引っ越し、子供の入園、入学

加齢による環境の変化、等々

常に環境は変ります。

素時々に合わせた役割も変ります。

学校、職場、近所付合い、親。舅姑などの環境に合った

役割に適応していかなければなりません。

常に、その置かれた環境の中で

与えられた役割に適応していかなければ

人間関係は崩れてしまいます。

Aの環境ならAの役割を

Bの環境ならばBの役割に適応していく事が大切です。

物事の捉え方、考え方、環境、文化の違い、価値観の違いが

在って当たり前なのです。

それに合わせられないとなれば苦しくなります。

居場所が無くなります。

孤独になりますが

100%合わせて自分を変えるのではありません。

あくまでも「適応」するだけです。

役割が終われば、自分に戻れば良いのです。

「着ぐるみを着替える」のです。

Aの環境ならAの役割を演じます

Bの環境ならばBの役割を演じるのです。

「私は私。あたなはあなた。

貴方と居るときは、その役割を演じます。

でも、終われば私に戻ります。

貴方と私は違うのですから」

その時々の環境に合った「適応能力」を身に付けることも大切ですネ。

無理せずに生きていきましょ!

 

 

 

 

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング

所長のカウンセリングアドバイス:心の声を聴く

yokoitomizou 2019年10月7日 by yokoitomizou

この頃、テレビドラマなどで

「監察医」をテーマにしたドラマをよく見受けます。

この頃、テレビドラマなどで

司法解剖を行うときに

「真実の声を聴かせてください!」のような台詞が言われます。

声なき遺体に秘めた事実を導き出すために

全身全霊をを使い解剖を進め

ちょっとした気づきから

遺体からの声を聴き

真実を見つけます。

カウンセリングも同じです。

クライエントの話しから

クライエント自身も気付いていない

無意識に中に封印された

クライエントの本心からの叫び

哀しみ

苦しみ

憎しみ

怒り

嫉妬

恨み・・・等々を

「私の心の叫びを聴いて!

わたしを受け止めて」との叫びを

カウンセラーが聴き聴き受け止めなければなりせん。

クライエントの話から聴かなければなりません。

取るに足らない言葉の中に

真実の叫びがあります。

ちょっとしたボディランゲージ

声のイントネーションを使って

クライエントは叫んでいるのです。

時には、

今、喋っていることが「嘘」の時もあります。

好き好んで嘘を言ってるのではありません。

心の声が「嘘」という形で

叫んでいるのです。

時には、カウンセラーを試してきます。

「本当に、私のことを分ってくれるの?

見捨てない?

裏切らない?」と。

カウンセラーが、

クライエントの真実の声を聴いたときに

クライエントは救われるのです。

カウンセラーは

「真実の声を聴かせてください!」と

何時も心の中で叫んでいます。

声なき声を聴いています!

 

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング

 

 

 

 

所長のカウンセリングアドバイス:気持ちを分かって!

yokoitomizou 2019年9月30日 by yokoitomizou

カウンセリングの場に於いて

クライエントは色々なことを語ります。

色々な辛い思いや、哀しみ、怒り、恨み・・・

時には、自分にとって都合の良い話しを。

他の人が聞けば

「貴方の身勝手でしょ」と言うようなことも。

でもそれは、

私の気持ちを分かって欲しい!との思いからなのです。

クライエントが大切な相手を

裏切り、傷つけたことにより

相手の人はクライエントの元を去ります。

結果、クライエントは大切な人を失い

傷つき、哀しみ、淋しい思いをします。

自業自得です。

でも、クライエントは

大切な人を失った淋しさ、哀しさ、辛さを訴えます。

身勝手な思い出はありますが

クライエントの心は本当に傷ついているのです。

この思いを、受け止め共感をしないと

カウンセリングは前に進みません。

クライエント自身が先ず、

「気持ちを分かって貰えた」と言う思いが

次の、展開や気付きに繋がります。

例えクライエントに責任があっても

間違い無しに

淋しさ、哀しさ、辛さを感じているのですから。

「今、哀しい、苦しい、辛い思い」を分かって欲しい!のです。

特に、カウンセリングのスタート時の

やりとりが重要です。

この気持ちを分かって貰えたとの思いが

問題点に光が当たり

謎解きが進みます。

クライエントとの間に

信頼関係が生まれているからです。

 

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング

 

 

所長のカウンセリングアドバイス:予約スルー

yokoitomizou 2019年9月23日 by yokoitomizou

「予約無視」

現代病ですかね。

と言う私も、心の世界に入るまではやっていました。

反省です。

今の時代、予約もキャンセルもNet   で意図も簡単にできます。

何の抵抗もなく。

「とりあえず予約」ポッチと!

簡単に済みます。

以前は、その店に行って予約を入れる事になりました。

連絡先から氏名、時には会社名まで。

お互いが顔を見せ、

人と人との信頼関係の中で成立しました。

故に、キャンセルは信用を無くす事になります。

お互いが責任を持った行動をしていました。

キャンセルをするに当たっても、

相手の事を考えて、迷惑の掛からないように行動を起こします。

裏切れば、二度と予約は受け付けて貰えません。

だからこそ、お互いに責任を持った対応をしてきました。

信頼関係の上で成り立つのが「予約」だったのです。

一見さんは予約を取れないのです。

とても手間が掛かりました。

やがて、対面から「電話」に変ります。

だいぶ、敷居が低くなりました。

でも、顔が見えません。

顔が見えない分だけ信頼度が下がります。

電話一本で予約が出来る代わりに

電話一本でキャンセルも出来ます。

気が楽になりました。

それでも、まだ信頼関係の中で予約をしていました。

今は、Netの予約サイトからです。

意図も簡単に何時でも何処でもできます。

Netで見ますから、その店がどの様な店かも理解せずに。

「とりあえず予約」ポッチと!

顔も見えなければ、声も聞こえません。

何処の誰かも特定できません。

自分が見えないので、意図も簡単に「キャンセル」

店側から連絡が入っても

メールを見なければ良いのです。

「既読スルー」です。無視です。

自分に責任が掛からないと思って居るからです。

こんな事で良いのでしょうか?

自己責任がとれない状況で!

便利なNet社会が、私達の責任感を奪っているのでしょうか?

こんな事が続けば

予約を入れて店に行っても

「予約?そんなの知らないね!お客さんで一杯だから入れないよ」って

事が起るかも!

人と人との関係は

信頼と自己責任の上で成り立っています。

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング

所長のカウンセリングアドバイス:受容と共感

yokoitomizou 2019年9月15日 by yokoitomizou

カウンセリングの時には

如何に、クライエントの声を聴き

心の叫びを共感できるかが重要です。

当たり前のことですが

一番難しい事でもあります。

「受容と共感」

分かったかなぁ!と、思えば

分からなくなります。

分からないと悩んでいると

分かってきます!

この繰り返しです。

この繰り返しを経て

カウンセラーは成長します。

本当に

カウンセラー泣かせであり

カウンセラーを苦しめます。

この苦しみの経験から

クライエントの気持ちを汲み取れるようになります。

普通に聞けば

取るに足らないような言葉でも

クライエントにとっては

とても重要な事が多々あります。

気持ちを分かって貰えたと言う思いが

クライエントとカウンセラーとの中に信頼関係が生まれます。

この信頼関係が築けてこそ

カウンセリングが成功します。

カウンセラーの力量が試される事になります。

受容と共感が!

「その人自身にはなれないが

あたかも我が身に起きた如く感じる。

決して、同情はしない。

価値観で判断しない。

肯定も否定もせず

あるがままのクライエントを受け止める」が大切です。

しっかり聴き受け止められるカウンセラーが

カウンセリングを行えば

クライエントは気付き、癒やされます。

未熟なカウンセラーが行えば

却って、悪化することがあります。

 

「受容と共感」

カウンセラーの永遠のテーマです。

 

 

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング