スタッフブログ

所長のカウンセリングアドバイス:共同体感覚=共生

yokoitomizou 2019年9月9日 by yokoitomizou

私達は共生体です。

ひとりでは何も出来ません。

決してひとりでは生きていけないのです。

人と助け合って共に生きていきます。

ひとりの力ではしれています。

みんなの力で共同し助け合い

大きな結果を出します。

その為には、色々なことの経験が必要です。

共同体感覚=チームプレイ能力が必要です。

学校生活の中で

クラブ活動や体育祭や文化祭

クラス対抗などを通じて

チームプレイ・チームワークを身に付けます。

その中で、色々な役割分担を担い

時には、リーダーシップをとり

時には、サブリーダーとしてサポート役に回り

時には、縁の下の力持ちになったり

時には、みんなの潤滑剤になり

時には、嫌われ役になったり

色々な役割を経験して

チームの目的にに向かってゴールできるように

大きな結果を出します。

時には、失敗し負け、悔しく涙する事を仲間と共に経験事も必要です。

時には、ゴールに達成し、勝負に勝ち喜びを仲間と分かち合う経験が大切です。

この経験が、社会に出たときに重要な役割を果たします。

世の中は、みんなの力を合わせて物事を達成するのですから。

でもこの経験の無いもは孤独です。

相手に対して、思いやりを持てません。

自分さえ良ければ、相手が苦しもと悲しもうが、関係ないのです。

自分さえ良ければ良いのです。

自分が勝利者になれば良いのです。

自分が勝利者になるように、みんなが力を出せば良いのです。

エリート族に多く居ます。

友達はライバルなのです。敵なのです。

友達が落ちれば、自分が合格するのです。

助け合う必要は無いのです。

この様なメンバーは

幼いときに「セルフコントロール能力」を身に付けていないのです。

この様なタイプの人間が増えてきました。

対人関係がおかしくなってきています。

 

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング

 

 

所長のカウンセリングアドバイス:心のアルバム

yokoitomizou 2019年9月2日 by yokoitomizou

娘がチャイルドボランティアとして

シドニーに2週間ホームステイしながら

語学勉強に行きました。

急に決ったので、行くまではてんやわんやでした。

香港国際空港経由でしたので、無事に着くか帰ってくるか?

デモによる香港国際空港の閉鎖等がありましたし。

季節は南半球ですので「冬」

案の定、風邪もひきボロボロの様でしたが

ホームステイ先にも恵まれ、

ボランティア先の幼稚園にも恵まれ

なかなか心を開かない園児にも慕われたようで

充実した経験だったと思います。

楽しい思い出も創り。

でも最終日近くにスマホをバスに忘れました。

土日はバスの運行がなく週明けまで連絡が取れない。

ショックを受けています。

スマホには思いでの写真が一杯詰まっているからです。

スマホがなければ思い出の写真が総て消えてしまうからです。

人と人との出会いから産れる

信頼関係、思いやり、優しさ、暖かさ、一杯の喜び

言葉には言い表せきれない思い出が詰まった写真が消えるのですから

何ともいえない悲しみが溢れています。

 

でも、ものは捉えようです。

例え写真が無くなり哀しいだろうけれども

写真に頼った思い出は、何時の日か消えます。

しかし、こころに残した思い出は永遠に消えません。

ホストファミリーのやさしさ

幼稚園では娘に心を開いてくれた子の素敵な思い出は永遠に心に残ります。

写真という形に囚われない思い出です。

形あるものは何時か消えます。

でも心に残した思い出は

何時までもその心に生き続けるのです。永遠に!

心の思い出は、何かあった時に

勇気と希望を与えてくれます。

苦難を乗り越える力となります。

ふっと思い出したとき、

心の思い出は

心を豊かにしてくれます。

心を暖かくしてくれます。

心に勇気をくれます。

チャレンジャーにしてくれます。

失敗を恐れず立ち向かえます。

成功へと導いてくれます。

自信を持つことが出来ます。

それは、思い出を共に創った仲間が

力を勇気をくれるのです。

哀しいときは慰め

哀しみを半減してくれます。

嬉しいときは共に喜び

喜びを倍増してくれます。

写真は、見ないと思い出しません。

心の思い出は

折に触れて蘇ります。

 

娘は、哀しいでしょうが

心の思い出を一杯創ったと思います。

今回のチャイルドボランティアでも

最大のプレゼント・収穫だとお思います。

でも、淋しいだろうなぁ!

 

 

 

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング

所長のカウンセリングアドバイス:価値観の対立

yokoitomizou 2019年8月26日 by yokoitomizou

近頃、お隣の国とイザコザが絶えませんね!

それどころか、悪化して居るぐらいですね。

そもそも、国同士は価値観、考え方が違うのです。

だからこそ、「国・国境」が産れるのです。

心がひとつであれば、考え方が一緒であれば

「国・国境」は要らないのです。

世界はひとつなのです。

同じ思いでいるのですから、

境界線を創り分ける必要性はありません。

国同士の戦いもありません。

戦争も起きません。

だって、同じ考え方、価値観が一緒のですから

戦う必要なんて要らないのです。

違う価値観、思想、宗教が在るので

「国・国境」が必要なのです。

「国」とは、他の国と違うことを主張してるのです。

自分の国は正しくて、他の国は間違っている。

国同士の対立が起きたとして、

問題を起こした方は「非を認める」事はしません。

そうすれば、その時の政権が持たなくなりません。

お互いが納得出来ることは在りません。

是々非々の駆け引きで、

お互いの顔を潰さず、

顔を立てた形で納めるしかないのです。

腹に一物を持ちながらも。

違う思想の価値観を持った国なのですから。

ある意味、大人の対応です。

 

これは、個人にも言えます。

「私」と「貴方」は別人です。

個性があり、価値観があるので「私」なのです。

ですから「一心同体」は無理なのです。

お互い違う「個体」なのだと受け止めて

譲れるところは譲り、

押すところは押す

お互いの許容範囲内で付き合う事を目指すべきです。

個人ですから、周りの気持ちは関係ありません。

自分の気持ちに正直に聴き

嫌いな人には嫌いな人との付合い方

好きな人には好きな人の付合い方をすれば良いのではないですか。

決して、100%受け入れる必要はありません。

 

 

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング

所長のカウンセリングアドバイス:嫌いを好きに!

yokoitomizou 2019年8月19日 by yokoitomizou

皆さんは、好きな人と嫌いな人はどちらが多いですか?

世の中は、好きな人達ばかりならば

楽しく暮らせますよね。

嫌いな人が居れば

いざこざが起き

悩みが発生し

生きづらいですよね。

ならばどうすれば良いのか?

嫌いな人を無くせば良いのです!ヤッター!

でも、ムリです。

貴方は、嫌いな人を好きになれますか?

私には出来ません。

嫌いな人を好きにすると

自分に嘘を付くことになります。

嫌いは嫌いで良いのです。

嫌いなんですから。

嫌いな人を好きになっても一過性です。

またすぐに嫌いになります。

更にキツく!

だからといって、排除することは出来ません。

日常生活にいっぱい居てるのですから。

嫌いな人には、嫌いな人なりの付合いをすれば良いのです。

「自分の気持ちに正直に」が大切です。

距離を開けるなり、

話しを半分にして聴く、

付合い鷹を飼える、

信じる度合いを少なくする。とか!

自分の気持ちを思いを変える方が

上手く行きますよ。

嫌いな人は嫌いなのですから。

 

 

 

 

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング

所長のカウンセリングアドバイス:信頼・野の医者

yokoitomizou 2019年8月12日 by yokoitomizou

東畑開人さんの「野の医者は笑う:心の治療とは何か?」を読みました。

とても面白く、共感できるところもあり興味がもてました。

心理学のスタートは「宗教だ」という下りも。

確かに、心を始めに扱っていたのは、色々な宗教ですからね。

それを科学的に証明してきたのが「心理学」ですから。

野の医者を簡単に表現すれば「民間治療をする人」と思えば分り易かな?

前世、クリスタル、タロット、天使、レイキ、お払い、除霊、スピリッチャル系・・・色々

基本的には病気やこころの病は治りません。

処が、医療でも治らない人が「野の医者」に掛かれば

画期的に寛解する事がよくあります。??????

「鰯の頭も信心から」「信じる者は救われる」など、

そこに救われる思いが満ちています。

それこそ、「信じる」からこそ治癒できた処があります。

医学の世界でも「プラシーボ効果」があります。

薬効成分を含んでいない薬を与えても、

同じ効果が生まれるのと同じです。

車酔いの薬と言って「小麦粉」を呑ませても

車に酔わないのと一緒です。

その人は「薬を飲めば酔わない」と信じているからです。

以前までは、

病院に行って「注射」を打って貰えば治と思っていました。

医者が診察をして、注射を打ち、薬を飲めばな治る。

これも、医者を信じているからです。

又その薬も、化科学的に証明されているから信じています。

医者を、薬を、医科学的に信じているからです。

風邪をひいて医者に行き、注射を打ち、薬を飲めば風邪は治ると信じていました。

でも、「風邪を治す薬」は存在しません。

出来れば、ノーベル賞らしいです。

医者が薬が治すのでは無いのです。

その人自身が、自分を治すのです。

カウンセリングも同じです。

悩みをカウンセラーが治すのではありません。

クライエントが悩みを語り

その中にある悩みのカラクリを

カウンセラーが気付き

謎を解きクライエントに伝えます。

それにより、クライエントが問題点に気付き

自らが治していきます。

カウンセラーを信じているからこそ

謎解きを信じて、実際に行動を起こすので治るのです。

カウンセラーは、そのお手伝いをしているだけです。

親子関係も同じです。

子供は、親を信じているからこそ

親の言動を同一視して

自分を創り上げていきます。

信じる力は偉大です。

基本的信頼は重要です。

 

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング

 

 

所長のカウンセリングアドバイス:優越&劣等コンプレックス

yokoitomizou 2019年8月5日 by yokoitomizou

貴方は「優越コンプレックス」派ですか?

それとも「劣等コンプレックス」派ですか?

人は誰しも「コンプレックス」を多かれ少なかれ持っているものです。

「劣等コンプレックス」は、皆さんも分かり易いかと思います。

アイデンティティが確立していないので

自分に自信が無く

相手と比較をして

自分が劣っているところを

わざわざ探しだし、

自分自身を卑下したり

相手を嫉んだりして

劣等感を創り出します。

ある意味で

ひとと比べて劣るところをみつけだし

劣等感を感じることにより

自分自身の存在感を見いだしてるとも言えます。

劣等感から相手に対して、一歩引き

見下されるポジションに立ち

構って貰う事により存在感を確認する

不健全な関わり方をしています。

 

「優越コンプレックス」は

逆の形で、不健全な関わり方をします。

劣等コンプレックスと同様、

アイデンティティが確立されていなく

自分に自信を持っていません。

ただ、対人関係において

自分を優位な立場に置くことにより

存在感を確認します。

ともかく

自分には能力がある。

何でも出来る

成績も優秀

失敗はしない

成功する。と思い込んで居ます。

実際にはそうではありませんが

それを信じています。

自分が相手より優位に立ち

相手を見下すことが一番なのです。

優越感が無いと自分自身は存在できないのです。

特に、甘やかされ過ぎて育ち

何でも自分の思うようにならないと気が済まない様です。

社会性に問題があり

人との協調性に欠けます。

 

どちらも似たようなタイプですが

育った環境によりタイプが変わるようです。

 

皆さんは、どちらのタイプに似ていますか?

私には両方ともあるかと思います。

 

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング

 

 

 

所長のカウンセリングアドバイス:知的納得

yokoitomizou 2019年7月29日 by yokoitomizou

「人は経験から条件反射で生きている

常に変わらないと失敗を繰り返す。」

私達は物事に対して「知的納得」と言う方法を取ります。

何かミスが起きたり、トラブルに巻き込まれたり

不安、悩み事が起きれば

「理由付け」をして、問題を回避します。

遅刻をして上司に怒られた。

「改札口でお婆さんに行き先を尋ねられた、

結果、電車に乗れてしまい。

会社に遅刻をした。

お陰で、上司に絞られた!

だから、あのお婆さんが悪いんだ。

私が悪いわけでは無い」と

理由付けが出来れば納得をします。

悩みも一緒です。

悩みが発生します。

それに対して、

何故、悩みが起きたか考え

それに、有効な反論を加えて納得させます。

答えが出れば納得をして、悩みから解放されます。

でも、その答えの出し方が間違っていたら、

悩みは、又繰り返されます。

この繰り返しが条件反射の如く定着するのです。

つまり、

「答えの出し方が間違っているのです」

その答えの出し方は、

過去の問題に対しての答えです。

今、起きている問題の答えでは無いのです。

新しい答えが必要なのです。

過去の答えの出し方に執着している限り

新しい答えは手に入りません。

そもそも、答えの出し方を間違っていたのですから

新しい答えの出し方を見つけるためには

過去の答えの出し方を棄てる勇気が必要です。

常に変わらないと失敗を繰り返す事になるのです。

「今に生きる」これもゲシュタルト療法ですね。

 

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング

 

 

 

所長のカウンセリングアドバイス:ボディカウンセリング・ブロッキング

yokoitomizou 2019年7月22日 by yokoitomizou

私達は感情を呑み込みます。

喜怒哀楽の感情は、素直に吐き出して当たり前なのです。

でも出せば、

怒られるのです。

傷つけられるのです。

嫌われるのです。

悪い子になるのです。

悪い子は愛されません。

愛されなければ生きていけません。

だから、嫌われないように「良い子」になるために

感情を呑み殺すのです。

筋肉の中に緊張という形のブロッキングを創ります。

その部分は

堅かったり、柔らかすぎたり、

冷たかったり、熱も持っていたりしています。

特に「怒り」の感情は出せません。

皆さんは、何処に溜め込んでいますか?

「腸が煮えくりかえる」

「腹に据えかねる」

「腹立たしい」等の

お腹に関する表現が多々あります。

アレキサンダーローエンの

バイオエナジティックシティックスで言われています。

下腹部に「怒りのブロッキング」があります。

結構、便秘や下痢になりやすい人が多いです。

そして、その怒りを出すと嫌われるという恐怖から

グッと抑えこみます。

呼吸を止めることにより。

「恐怖のブロッキング」は胸から喉に掛けての呼吸器系にあります。

この人達は、呼吸が浅いです。

大きく吸えば、怒りが飛び出しますので

深い呼吸が出来ないのです。

声も出さないように、喉に緊張を与えます。

常に首筋が緊張した状態です。

呼吸が浅く、声が小さいタイプです。

私達はこの様な形で身体の中に感情を閉じ込めています。

これでは、病気になって当たり前です。

その症状が、

身体に出るか!

心に出るか!

私達が行なっている

ボディカウンセリングも

マッサージやハグにより

身体の緊張を解し

感情を解放してもらうゲシュタルト療法です。

 

感情を解放してあげましょう!

 

 

 

 

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング

 

所長のカウンセリングアドバイス:実家それとも里?

yokoitomizou 2019年7月15日 by yokoitomizou

実家とは、大辞林では「自分が産まれた家」になっています。

又、父母の家ともなっています。

独身の間はひとり暮らしをしていても

生まれ育った家に対し

「実家に帰る」は良いでしょうが、

自分の家族を持っていて

「実家に帰る」と言うことに何時も疑問を感じます。

それならば、

結婚をして子供が産れ家族を持ち

今住んでいる処は何でしょうね?

今、家族と共に生活をしている処こそ

今の「実家」ではないでしょうか!

私が居て、女房が居て、子供達が居る。

家族が成長する居場所。

結婚をし夫と妻になり

やがて子供が出来

父親と母親似なる。

家族と共に喜び、悲しみ、時には怒り、不安、苦しみを

味わいながらも共に助け合い、

成長刷する家族の居場所

それが今の「実家」と私は思います。

自分が生まれ育った家族の場所は「過去の実家」

親が創った「親の実家」です。

私は「里=親の実家」と思って居ます。

未だに実家に帰ると言うことは

「心の親離れ」が出来ていない証しです!

一番大切で、大事にしなければならない処は

今、家族が一緒に暮らしている居場所が

本当の実家「今の実家」です。

私の女房の家に行ったときは

女房の親御さんは、私達家族に対して

「いらっしゃい」と言ってくれます。

帰るときは「又、来てね」と言ってくれます。

私は自然で好きです。

今の実家を大切にしましょう!!

 

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング

所長のカウンセリングアドバイス:スッキリ☆

yokoitomizou 2019年7月8日 by yokoitomizou

スッキリしたいですね☆

何も悩みも問題が無いことがベストですよね。

でも、皆さんは経験をしたことがありますか?

私はありません。

悩み問題が発生し、それがクリアされればスッキリしますよね。

でも、これは一過性です。

直ぐに、次の悩み問題が発生して、スッキリが消え失せます。

これが繰り返されています。

つまり、「永遠のスッキリ」など無いのです。

悩み問題は「人生の信号」です。

人生の軌道は走っていますが、

結構、脱線します。

脱線したら違う軌道を走ることになりますので

「悩み・問題」が発生し

クリアして元の軌道に戻り走ります。

成長し強くなり人生を歩みます。

「悩み・問題」はその人を成長させ強くするのです。

逆を言えば「悩み・問題」の無い人は成長がないのです。

又、「悩み・問題」から逃げる人も成長がないのです。

「永遠のスッキリ」を味わえば成長がなくなります。

「永遠のスッキリ」を欲しければ「悟り」を開いてください。

一切の欲を棄てる事が出来れば「永遠のスッキリ」が手に入ります。

私は嫌ですけれどね。

欲がなくなるのはね。

悩み・問題とスッキリの繰り返しで良いじゃないですか!

「スッキリしたい」というのは無理な話ですね。

 

 

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング