News/Blog

News/Blog News/Blog

中間試験:失敗から学ぶもの

「中間試験」この言葉を聞けば、

何処か「ズ~ン!」と言う気持ちになります。

 


もうかれこれ、40年近く前まで(歳ですネ!)体験していたことです。

懐かしいやら、嫌な気分とが交差しています。

 


丁度、上の娘が、初めての中学校の中間試験を体験しようとしています。


娘にとっても初めての経験ですので、

何処か、小学校の時の試験のイメージでいるようです。


ともかくのんびりしています。

焦りもなければ怖さも知らない。

毎日と変わらない日常生活をしています。

一応試験なので少しは勉強をしていますが、

いつも通りにテレビドラマを観ています。

娘にとってのMyブームのようです。

観終わると、眠たいといって寝ているようです。

 

ある意味で幸せです。


怖い物知らずは強い物です。

後の結果を知らないで!

 

私も始めての中間試験は何もせずに、

いつも通りの勉強しかしていませんでした。

みんなも一緒と思って。

影で、一生懸命勉強をしている事も知らないで!


結果は、皆さんの想像通り散々な結果でした。

 


娘も同じ状態になるかもしれません。


でも、失敗して悲しい思い、

恥ずかしい思い(私達の時代は成績を校内に張り出されてました。)

嫌な経験、が大切です。

 


その失敗体験が、次の成功に導かれます。


次からどうすれば良いか。

勉強方法、

準備期間、

勉強スケジュールの立て方、

日常生活の勉強方法など、

色々改善できる事が出てきます。


これも、失敗して気づいたからこそ分かる事です。

 


親に言われても、実感など湧きません。

却って、反発してしまい意地を張ってしまい、

行動を起さなくなります。


うっとうしがられますしね!

 


失敗経験大いに結構!

成功体験の産みの親です!

 


PS:ここ一番強い娘ですので、案外結果を出すかもしれません。

(親バカですね。欲目で見てしまって!)


そうしたら、またTVを観続けるのだろうな!

頭を打たないので(@_@;)

↑

オンライン体験講座体験講座
オンライン講座
資料請求