News/Blog

News/Blog News/Blog

本物を知る

本物を知っている事が如何に大切か!

 


数年前、家族で「寿司屋」に行きました。


カウンターに座り注文をしていると、下の娘が


「このお寿司屋さんは、ニセモノ!だって回ってないもん!」


そうです、

娘達は回転寿司しか、行ったことがなかったのです。

 


この日が本物の「寿司屋さんデビュー」だったのです。

 


「違うよ。こっちが本物で、回転寿司はニセモノ(?)なんだよ!」


「ううん!違う!お皿も丸くないもん。」


娘の言うとおり、

回転寿司の皿は「丸皿」、

本当の寿司屋さんは「細長い皿」なのです。

 


子供は、物事を素直に見て捉えています。

大人には気づかない事も!


「いやいや、細長い皿が本物だよ。」


「へぇ~!変なの!」

 


店の人も、お客さんも微笑みながら子供達を見ています。

親としては少し冷や汗ものでした。

 


本物が何かが分かっているかどうか!

これが大事です。


本物を知っているからこそ、

偽者がわかります。

本物を分からず、

偽者しか知らないと、

「偽物が本物」なります。

とても怖いことです。


本物を分かっているからこそ、違いが分かります。

 


今の子供達は、


「スイカが切り身で、木に生っている。」

「魚が、切り身で泳いでいる。」

「太陽が、地球の周りを回っている。」等、

信じている子供達がいます。

 


大人は、しっかり伝える事が大切です。


「違いの分かる男(大人)!ムゥ マンダム!(古る~)」

 


「こころの世界」も同じです。

「本流」と「亜流」


本当の「こころの世界」を知って、

「本流」を伝えていくのか、


流行に乗り、「亜流」でカウンセリングを行なうのか!


本物を知り、時代に合わせて変えていくのと、

表面だけをかじり時代に合わせるのとでは、大きく違います。(スピリッチャルな世界や、霊の世界に走ったりします。)
 

↑

オンライン体験講座体験講座
オンライン講座
資料請求