News/Blog

News/Blog News/Blog

ATM:焦り

私はどうもあの「ATM」が苦手です。

 


学校の経理上、

振込、入金、引き出しなどをしなければなりませんが、

どうも苦手です。


特に「月末・月初」とか「五十日」は駄目です。


みんなこの日に集中してくるので、混みあいます。


長~い行列ができます。


長い間待ち、やっと順番が来て作業を始めます。

特に〆の時でしたら、何回も操作をしなければなりません。

ATMの前で10分近く操作をしている時があります。

後ろにはいっぱい並んではります。


いやおうなしに、無言のプレッシャーを感じます。

「早くしてくれ!」と言う。

 


しかしながら、間違った振り込み

(以前に振込先を間違って送った失敗をしています!)をしてはいけませんし、

落ち着いてしっかり操作をしなければなりません。


スムーズに操作をすすめるように、

予め振り込み手数料を差し引いた金額まで計算して、準備をしておきますが、

時たま勘違いから手数料金額を間違えている時があります。


そんな時、修正して金額を打ち込めばいいのですが、

「頭が固まります」


暗算が出来なくなるのです。

普段ならば何の問題もなく「チャチャ」と出来るのに、

「ATM」の前では出来なくなるのです。


「間違ってはいけない」

「早く処理をしなければならない」

とのプレッシャーから来る戸惑いなのです。


後ろに並んでいる人を気にせず、

ゆっくりすればいいのに、

何故かあせってしまい緊張から、思うように行動が出来なくなります。

 


「失敗をしてはいけない!」

「人に迷惑をかけてはいけない!」

「恥をかいてはいけない!」との思い込みによる行為が成せる業です。

 


要するに「エエカッコしい!」なのです。

 


この頃は、「ATM]の処に電卓が置いてあるし、

振り込み手数料を差し引くことが無くなってきましたので、

安心できる要素が増えました。

 


そして、この頃は女房が担当してくれていますので、もっと安心です。


でもどんな時でも、後ろに並ばれるという事は、

なぜか落ち着かないという感覚はあります。

「貧乏性」も在るのかな?

 


皆さんもありませんか?

たぶん多いかと思いますが?

 


ちなみに「ATM」は何の略かご存知ですか?


「オート・テラ・マシン」

つまり自動銀行窓口と言う意味です。


銀行の窓口を「テラ」と呼びますので。


便利でありながら、

何か不便を感じる「ATM」です。

↑

オンライン体験講座体験講座
オンライン講座
資料請求