News/Blog

News/Blog News/Blog

シニアが来た!

この夏に家族旅行に行った時です。

 


遊園地のゲイトの料金表に


   「シニア(55歳以上) ○○○○○円」と表示されていました。


フゥ~んと過ぎていくところが、

私は今年の11月で「55歳」になるのです。
 

まさしく私が「該当者」に11月以降になるのです。ガァク~ん!
 
 

これが現実です。

確かに昔でいえば(私が社会人になった頃)定年は「55歳」でした。


全く意識していなかっただけに、少なからず「ショック」を受けました。

 


仕事がら、若い人たちと関わっていく関係で、

年齢をあまり意識する機会が少ないせいもあります。


ワーク(Ellenやエサレンでのダンスワーク)していても、

生徒さんたちよりも元気に最後まで踊っていますので、

体力的にも自信があったものですので。


「TDR」「USJ」に行っていても、

チケットを手に入れるために、必死になって走って行きます。(途中でアゴが上がりますが!)

子どもたちも「とうとはいくつ」と

疑問視されるぐらいの時もあります。

 


自分自身の意識の中でも、「年齢不問」の状態です。


帰りの電車の中で、仕事帰りのサラリーマンを見ていると、

「この人たちはいくつ?」

酒を飲んで、

会社、上司の悪口を言いまくって、

ヨレヨレになっている姿を見ていると

「このおっさんは!」と思わず思ってしまう事があります。


もしかして、私より若いかも知れないのに!

 


自分自身の中では「若い」意識があるのですが、

現実は「シニア」が近づいてきています。


只、「シニア」として落ち込む気はありません。


「気持は若く、シニアを楽しもう!」と思っています。

「シニア割引」もありますしね!


まだまだ、若い者には負けません!

この発想こそがシニア

 


私には、まだまだやりたい事が残されています。


以前、スタッフが

「20年後、結婚して子供が出来、子育てから手が離れたら、先生と一緒にエサレンに行きたい。」と言っていました。

「おいおい待てよ、20年後は私は75歳だぞ!」


しかしながら、スタッフの意識の中では、

私はいつまでも今のまま居ている気がするそうで!


 

まぁ、私もその期待に応えるようにこれからもがんばります!
 

毎日、若い生徒さん達の「生き血」(エネルギー)を吸って若く頑張ります!

私は「ドラキュラか!」

他の人に何でそんなにパワフルで居られるのか聞かれる時には、

よく冗談で言っています。
 

↑

オンライン体験講座体験講座
オンライン講座
資料請求