News/Blog

News/Blog News/Blog

選挙:自己責任

いよいよ総選挙が始まりましたね!

 

各党が乱立をして、

どの党がこれからの私たちに方向性を示し、

実行、実現するか!

難しい判断に成りましたね!

 

「脱原発」「反消費税」「反TPP」等、

いろいろとテーマがあります。

 

でも、何処まで有言実行が出来るのか?

 

例えば「脱原発」です。

確かに福島第1原発の事故が起きると、

原発など要らないと思うのは、当たり前の事です。

 

クリーンエネルギーと私も思い、

地球温暖化を改善するには重要だと思っていました。

限りある資源の「化石燃料」を

後世の事も考えずに消費し続ける事にも、

疑問を持っていました。

 

しかし、事故による放射能による汚染と、

核のゴミの処分を考えると、

使用しないのが一番安全であると、私も思います。

 

でも、その代替えに「化石燃料」を又使い続ければよいのでしょうか?

再生可能燃料にシフトを変える!

これも何年後に、今のエネルギーを賄えるのでしょうか?

それにより、「電気料金」は大幅に値上がりをします。

たとえ電力会社がコストダウンをしても限界があります。

 

このようなリスクも、

私たちが納得して「脱原発」を受け入れれるのか?

 

このように、少し見るだけで各党の公約に「矛盾」が湧いてきます。

 

私たちも、「権利」を要求するならばそれに伴う

「義務:リスク」も覚悟をしなければなりません。

 

カウンセリングの世界も同じ事が言えます。

 

悩み苦しみから解放される為に、

自分を取り戻す作業をします。

それにより色々な痛みも受けます。

痛み無しに「自分らしさ」を取り戻す事は出来ません。

 

そして周りにも「なみかぜ」をたてます。

自分を取り戻すためには、

いろいろな問題点に「責任」を取らなければなりません。

 

「自己責任」が必要です。

 

「権利が欲しければ義務を果たす」

「自由が欲しければ責任を取る」とても大事な事です。
 

 

因みに「選挙により、政治家を育てる」と言われています。

選挙により選ばれた政治家がだめならば、

選挙により替えれば良いのです。

投票してくれなかった人為には働きません。

政治家は、投票してくれた人のために働きます。

ですので、投票しなければ政治家は変わりません。

 

私たちの一票は小さいかもしれませんが、

投票しない限り政治が悪い方向に行っても、

文句は言えないのです。

悪政を認めた事になります。
 

 

自己責任を取る為にも、今度の選挙は大切だと思います。
 

 

なんか、私「選挙管理委員会」みたいですね!

 

偉そうなことを言って、申し訳ありません!

↑

オンライン体験講座体験講座
オンライン講座
資料請求