News/Blog

News/Blog News/Blog

TKNブログ:始まりが有れば、終わりが在る

 楽しい事の始まりは、嬉しです。

でも終わりは、淋しいです。

嫌な苦しい事の始まりは、つらいです。

でも終わりは、嬉しいです。

 

面白いものですね。

始まりと終わりの関係!

 

先日、家族旅行をした時、次女が「もう終わってしまう!悲しい。嫌や。帰りたくない」と言っていました。

次女の口癖でも在ります。

普段は、「家の方が良い。」と言う次女では在りますが、

本当に楽しかった時には必ず出てくる言葉です。

私にとっては、最高に嬉しい言葉です。

 

そんな時に次女に言った事が

「始まりが在れば、必ず終わりが来る。

でも、終わりが在るから、次の新しい始まりが訪れるよ。

又、楽しみがやってくる。嬉しい事じゃないか。」

 

の事の繰り返しです。

 

始まりが在れば、必ず終わりが来ます。

楽しい事も始まれば、必ず終わりが来ます。

悲しい事、苦しい事も始まれば、やがて終りが来ます。

終わりが在るからこそ、新しい事が始まります。

終わりが存在しない限り、始まりは存在できません。

 

「幸せ」も変なもので、「不幸せ」が存在するので、存在できるのです。

「不幸せ」の存在を消せば、「幸せ」も存在できなくなるのです。

 

私達は、「幸せ」と「不幸せ」を比較する事により、「幸せ」を感じて居ます。

「悩み」が在るからこそ、悩みをクリアする事により、「幸せ」になれます。

「悩み」は、幸せに成る為の「道しるべ」ですね。

 

表裏一体:コインの原理です。

 

ゲシュタルトのテーマです。

 どちらか一方では、存在できません。

両方とも在って「ひとつ:一体」なのです。

 

始まりが在れば、必ず終わりが来ます。

終わりが在るからこそ、始まりが訪れます。

 

 

夏空と紙飛行機

 

 カウンセリング:カウンセラー体験講座への申込みはこちらから!

 

 

↑

オンライン体験講座体験講座
オンライン講座
資料請求