News/Blog

News/Blog News/Blog

TKNブログ:あるがままのわがまま

「あるがままの私」と

「あるがまま、わがまま」の違い。

言葉は似ていますが、意味は天と地の程の差があります。

 

思いだします。過去のエサレン研修です。

その参加者は

エサレンとクールダウン地のサンフランシスコの期間中、単独行動をとります。

皆で何かする事を拒み、

手助けすることを拒みます。

そのくせ、自分に手助けが居る時には仲間に頼みます。

そのうち、

仲間も距離を空け出し、

グループの空気も悪くなりました。

 

見兼ねて、「もう少し、皆と一緒に行動したら?」と、声を掛けると

 

「私は何時も、自分の気持ちを抑え、人に合わして行動をしてきた。

だから、今回のエサレン研修は、自分の気持ちに正直に行動をします。」と言いました。

確かに大切な気持ちです。

そして、正論です。

エサレンでは、自分の気持ちのに正直に向き合い、

良いも悪いもない「あるがままの私」を受け入れる事をテーマに行きます。

ひとりになって「自分に向き合う」事は、とても大切な時間です。

 

彼女は常にワーク以外の時間は単独行動をしました。

こんな事が続けば、当然仲間からは「嫌悪感」が湧いてきます。

結果、彼女は帰国後も、仲間から距離を空けられる事になり、

居場所を失くしていきました。

 

今年のLuciaによるワークのポイントで

「NO]と言う気持ちの大切だということ。

相手が、恐怖を与えて来るならば、自分が引いて距離をあける勇気。

それでも、侵入してくるならば「NO」と言って、拒否をする。

自分の気持ちに対して、素直に「NO」と言う。

この意味からすれば、彼女の行動は正しいのでしょう。

 

但し、「NO」と伝える相手は、「自分に危害や、恐怖を与える相手:悪意ある相手」です。

悪意ある相手には「NO」が必要です。

 

相手が何も脅威を加えて来ない限り、問題ありません。

「NO」は必要ありません。

 

危害を加えない善良な相手に

「NO」と言えば、相手は嫌悪感を感じ距離を空け、時には攻撃をしてきます。

わざわざ「敵」を創り出してしまいます。

 

私達は「共生」の中で生きています。

共に助け合わなければ、生きていけません。

どんな強い人でも、決して独りでは生きていけません。

みんなと関わる事により、助け合い、生かされています。

自分勝手に生きていけば、皆から嫌われ、「孤独」になります。

 

「あるがまま、自分らしく生きる」と

「あるがまま、自分勝手に生きる」では、天地程の差があります。

 

「あるがまま」と、「あるがままのわがまま」の違いは、

自分の行動に「自己責任」が持てるかどうかです。

 

紙一重の処があります。

 

 飛行機と空10

 

 

 カウンセリング:カウンセラー体験講座への申込みはこちらから!

 

↑

オンライン体験講座体験講座
オンライン講座
資料請求