News/Blog

News/Blog News/Blog

TKNブログ:帰属意識

講座中に生徒さんからこんな話が出てきました。

長年、海外でお仕事を去れて来られた方ですが

 「海外で生活している時は、

間違った事をしてはいけない。

後ろ指刺されたり、陰口を言われない様に、正しい振る舞いに心掛けてきました。

私が、マナー違反をするだけで、

日本人はやっぱしダメだね。劣るよね。田舎モンだと言われる。

日本の評価を下げる事になる。恥になる。

日の丸を背中に背負って頑張ってきた。」と、言われました。

成る程と思っていますと、

若い生徒さんが

「何で、そんな思いになるのですか?分からない。

そんなこと気にしませんよ。

あなた一人が、日本人じゃないんだから」と却ってきました。

 

今の日本でも同じような事が起きています。

海外から旅行者が大勢来られています。

その姿を見て、違和感を感じる事があります。

風習、価値観、マナーに。

そして、どの国の旅行者かをみて、

その国は、こんなん事をする国なんだと、決めつけている処がありませんか?

 

私達は何処かで、その出会った人と関わりを持つ事により、

その人物の評価を決め、そこに帰属してるグループの評価まで決めつけ、思いこみます。

怖い事です。

一握り人により、全体を決めつけてしまう。

 

私達は何かに対して「帰属意識」を持っています。

幼い時よりというより、産まれる前から始まっています。

先ずは、家族の中の子として「何々家」。

私ならば「横井家」の一員として、帰属しています。

そして、町内会≒自治会

幼稚園、小学校、中学校、高校、大学、会社に、

大阪人として、日本人として、アジア民族として、

その中の一員として、帰属しています。

この事が、無意識の中に組み込まれ、

自分のアイデンティティとして持っています。

また、その一員として、評価もされ、守られていもいます。

 

昔、悪い事をした時、親からの説教の中で

「横井の家の恥じゃ」と言われました。

何時の間にやら、私達は帰属しているグループの代表でも在るのです。

 

どうも、この意識が薄れてきているように思います。

 

「旅の恥はかき捨て」って諺がありましたね。

 

夏の陽射し

 

 

 カウンセリング:カウンセラー体験講座への申込みはこちらから!

 

無料:学校紹介と悩み&恋愛カウンセリング 開催!

 

↑

オンライン体験講座体験講座
オンライン講座
資料請求