News/Blog

News/Blog News/Blog

所長のカウンセリングアドバイス:相手を褒める!

相手を誉めていますか?

相手を気持ち良く動いて貰う秘訣です。

頭で分かっていても、中々出来ない事ですね。

私たちは普段「悪口・非難」等をする事は、得意です。

現に「国会」「ワードショー」を観れば分かります。

人の粗探しばかりしています。

又、それを面白く観ています。私もですが!

知らず知らずの間に粗探しををする事が刷り込まれています。

例で挙げるならば「ニックネーム」を付ける時です。

その人の長所、魅力的な処を見つけて「ニックネーム」にしていますか?

それとも短所、変な癖の処、粗探しをして「ニックネーム」を付けていませんか?

 

子供に対しても似た事をしています。

子供の行動や態度を観て、悪い処を注意し怒っていませんか?

特に、親の意に添わない時等、特に。

当然、子供も怒られれば意に添わないませんから、言う事を聴きません!

反抗期ならば、反発してきます。

これは、大人でも同じです。

けなされ、悪口を言われ、怒られれば、相手の意に添う事はありません。

却って、人間関係がこじれます。

 

それよりも「誉める」事をしませんか!

私たちは「誉められる」事が好きです。

とても嬉しい気持ちになります。

「誉められる」もっと誉められたいので、頑張ります。

努力、創意工夫をして、もっと誉められる様に行動が続きます。

 

怒られている時は、やはり失敗や、トラブルを起こした時です。

 

私たちは、自分が失敗した事は良く分かっています。自責の念があります。

そこを指摘されると、辛く苦しいものです。

また、認めたくないものです。

失敗は、自分の評価が下がり、ダメな人と思われるからです。

ダメな人は、愛されません。構われません。淋しいです。

結果、意地を張り、行動を変えません。

 

でも総てが、失敗では無いと思います。

必ず、成功した処、

成果は出なかったけれど努力して頑張った処、等がある筈です。

その処を、認め、誉めてあげて欲しいのです。

喜んで」、自らが行動を変えます。

 

思い出してください。子供が幼い時を。

幼い子供がちょっとした事をします。

その事を親御さんが、喜んで誉めて、拍手すれば、

幼い子供は、嬉しいので同じ事を何回も繰り返します。

誉めて損はありません。

大いに褒めましょう!

誉めてる「私」も幸せな気持ちになります。

 

しろつめ草

 

 

カウンセリング:カウンセラー体験講座への申込みはこちらから!

無料:学校紹介と悩み&恋愛カウンセリング 開催!

↑

オンライン体験講座体験講座
オンライン講座
資料請求