News/Blog

News/Blog News/Blog

所長のカウンセリングアドバイス:誰に好かれたいの?

「誰に好かれたいのですか?」

ある時受講生からこんな言葉が返ってきました。

「私は今の私が十分好きだし、

今の私を好きだと言ってくれる人達に悪いので、

私にはカウンセリングは必要が無いと思います」

 

何か違和感を感じました。

「私は今の私が十分好きです。」

とても、素敵な思いです。

自分の事を好きと言える事は、素晴らしい事です。

なかなか、この言葉を言える方は少ないものです。

楽しいく過ごしている時は、この思いが溢れて包まれていますが

悩みが発生した時点で、見事に崩壊します。

「私の事を好きになれない」って。

ですから、この言葉が発信できる事はとても良いポジションですね。

とても、嬉しい思いです。

 

ただ、その後の言葉が引っ掛かります。

「今の私を好きだと言ってくれる人達に悪いので」

この受講生は、自分の気持ちに嘘をつき

「しっかり屋さんで、大人びた子ども。

相手の期待に応える事が、自然とできる」方でした。

講座を通して、涙まで流していた方でした。

 

つまりこの言葉を「こころの叫び」に翻訳すれば

「私は、貴方に好かれたい。嫌われたくない。

だから、貴方が私の事を好きになってくれる私になる。

そんな私の事を好きと言ってくれている

貴方の期待を裏切りたくない。悪いから」

嫌われたくない病

傷つきたくない病です。

 

私達は対人関係に於いて、相手に嫌われい様に姿を変えます。

生きていく為に、対人関係に於いては必要な事です。

何も嫌われる必要はありませんから。

ただ、安心できる人の前では「素の自分」で居たいものです。

素の自分を出して、嫌がる人はその程度の人ですから、

その程度の付き合いをすればいいのです。

素の自分を出しても、受け止めてくれる人を大切にしましょう!

 

「素の自分を出しても私の事を好きと言ってくれる人に、

作った私のままで居てる事が悪いので」って、

言葉に変わってくれる事を願っています。

IMG_2644

 

 

カウンセリング:カウンセラー体験講座への申込みはこちらから!

無料:学校紹介と悩み&恋愛カウンセリング 開催!

 

↑

オンライン体験講座体験講座
オンライン講座
資料請求