News/Blog

News/Blog News/Blog

所長のカウンセリングアドバイス:聴くことのむずかしさ!

10月から「アクティブリスニング・トレーニング」コースを行っています。

「聴く」この単純な様で、すこぶる難しい作業の追及です。

午前中2時間、午後2時間、4回のトレーニングの予定ですが、

毎回、終わるのは午後5時すぎ。

一回6時間のハードなトレーニングです。

費用も通常のセミナーより高い設定です。

真剣に取り組んで貰うためです。

 

通常「聞く」事は、誰でもできる簡単な事と思われがちですが

実は此れが、とてつもなく難しく、

「ひとの話を聞いている様で、聞いていない。

自分の話をして、聞いて貰いたい」

此れが、ベースです。

100人居れば、100人とも聴いていません。

カウンセラー泣かせでもあります。

TKNのカウンセラー達が受講していますが、

当然、カウンセラーですから聴けます。

クライエントの話を聴き、

悩みの問題点の謎を解きます。

カウンセリングも充分に出来ます。

ただ、言葉に出て来ない

「こころの声:本人も気付いていない無意識の声」を

聴き、受け止めるかどうか?

「伝え返し」が出来るかどうか?

このトレーニングに苦しんでいます。

クライエントが語る話だけでなく、

その話に込められている

「こころの声」を聴き受け止め、

そのこころの叫びを

クライエントが気付けるように

「伝え返し」が出来なければなりません。

その為には、

「クライエントの内面:心」と

「カウンセラーの内面:心」をリンクさせなければなりません。

とても難しい大変な作業です。

カウンセラーが自分自身を受け入れていなければ

クライエントに呑み込まれてしまいます。

TKNのカウンセラーには、

この部分を強く求めていますので

トレーニング中は、みんな真剣です。

終わるころには、

出来なかった自分に悔しがり

どの様に聴けばいいのか悩んでいます。

「フラフラ」状態です。

それ程、エネルギーを使う作業なのです。

カウンセリングは!

「話を聴いて貰えた」という、

体感が出来た時

クライエントは、悩みから解放される

第一歩を踏み出していきます。

 

後1回、年末にトレーニングを行います。

みんな、もう少しの処まで来ています。

乗り越えて貰うために、

私、真剣勝負をします。

 

img_3424

 

カウンセリング:カウンセラー体験講座への申込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日を設けました。

↑

オンライン体験講座体験講座
オンライン講座
資料請求