News/Blog

News/Blog News/Blog

所長のカウンセリングアドバイス:無意識で行動する・無意識の意識化

フロイトの理論で「無意識の意識化」があります。

私達は、自分の事を知っているようで

知らないのが現実です。

だからこそ、対人関係のトラブルが起きます。

自分の事を知っている自分が行動したことに対しては

総て把握が出来ます。

問題が起きても、原因が分かりますから対処も出来ます。

でも、知らない自分が起こした問題は、

記憶にありませんから対処が出来ません。

現に、貴方は今日一日、自分の行なった行動を総てを覚えていて

スラスラと話せますか?

また、それを自分自身の意思で行動しましたか?

今、考えていることだけで行動していますか?

何も考えずに、日常生活を行なっていませんか?

条件反射の如く、行動を行なっていませんか?

本当に意識している自分が行動を起こしていれば

行なった行動を、しっかりと覚えているはずです。

処が、一日の行動を私は、皆目覚えていません。

相手の行為に対して、

何も考えずに行動を起こしていることの方が多くあります。

時には、相手の気持ちを先読みして

反応していることもあります。

無意識の中に組み込まれた記憶が

相手の行為に反応して記憶が蘇り

行動を起こしています。

自分も気付かないうちに。

その場の、シチュエーションに合わせて

無意識の私が反応し、行動を起こしています。

総て、無意識の私が反応しています。

対人関係のトラブルも、無意識の自分の言動が起こしています。

私はいつも通りに接しているのに

今日はやけに、あの人は噛みつくよね。

哀しむよね。怒るよねって経験はありませんか?

無意識の自分ですから、問題意識がありませんから

問題点に気付くことは出来ません。

結果、トラブルが悪化します。

お互いさんではありますが。

記憶の中に組み込まれた無意識の私って?

どんなんでしょうね?

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング

↑

オンライン体験講座体験講座
オンライン講座
資料請求