News/Blog

News/Blog News/Blog

【心理カウンセラーになるために】第2回:教育カウンセリング

カウンセラー育成スクール 大阪・難波 - TKN心理サロン_セルフカウンセリング

自分を知る

カウンセラーになるためには、先ず自分自身のセルフカウンセリングが必要です。

「なぜ、カウンセラーになるためセルフカウンセリングが必要なのか?」

「私は自分自身のことをよく知っている。今更、知る必要がない」

「セルフカウンセリングをして、自分は変る必要がない。できているのだから」などと、言われる方が居られます。

果たしてそうでしょうか?

「己の心分からずして、人の心が何故分かるのか!」この言葉の通りです。

自分の心が分かった分だけ、クライエントの心が分かるのです。

カウンセラーは必ず「教育分析カウンセリング」を行ないます。

一般社団法人:全国心理業連合会のプロフェッショナル心理カウンセラー受験資格にも、150時間の教育分析が必須です。

カウンセリングの第一人者:河合隼雄先生

河合先生が居られなければ、日本のカウンセリングの今は無かったとも、言われる方です。日本にカウンセリングを広められ「臨床心理士」の資格整備をされ、箱庭療法を日本に初めて導入され、日本路として初めてユング派分析家の資格を取得されました。ユングの資格を取得する為に、スイスのユング研究所に行き、先ず始めに与えられた課題が「300時間の教育分析」です。日本で充分に自分を知る作業をされている河合先生が、更に教育分析を行ないます。

ここからが、本当の自分探しでもあります。

それでも、自分自身を総てを知ることは出来ません。

無意識の世界はそれほど深いものです。

自分を知ることがカウンセリングを学ぶ近道

早くカウンセリングのテクニックをマスターしたいのに、自分の事を知る事なんて意味が無い。遠回りだと思われがちです。

学びに来られて方々は、一応にして言われます。

でも逆です。

自分自身をモデルにしてカウンセリングの勉強をする事が1番の近道です。

自分自身の問題点を知り、謎を解き、心の扉を開き、解決することにより

実践的なカウンセリングテクニックが修得できます。

自分の心の痛みとクライエントの心の痛みがリンクして、クライエントの心を良く理解できるのです。

カウンセリングは自分の教育分析

カウンセラーはカウンセリングを行いながら、自分と向き合っています。

クライエントの悩みの問題と、自分の悩みの問題が響き合います。

カウンセラーはカウンセリングをしながら苦しみます。

苦しみを乗り越えて、成長します。

苦しみを乗り越えた分だけ、クライエントをケアできます。

私達カウンセラーは、常にカウンセリングをしながら、自分自身の教育分析:セルフカウンセリングを行ないます。

カウンセリングはカウンセラーを成長させます。

人の心は人の心によってしか磨けません。

クライエントとカウンセラーが共に成長するのがカウンセリングです。

カウンセラーになるために

まずは、教育分析:セルフカウンセリングを始めてください。

セルフカウンセリング

↑

オンライン体験講座体験講座
オンライン講座
資料請求