News/Blog

News/Blog News/Blog

心理カウンセラー資格・悩みの謎解き:病名が付いてホッとする!

病名が付いてホッとする

悩み苦しんでいるときは、苦しいものです。藁をもつかみたい気持ちです。対人関係で苦しんでいて、人生の先輩達に相談してアドバイスを貰い、実践してもトラブルは治まらない。何処に問題があって苦しんでいるときに「貴方は「○○症」ですよ」と言われたら、何処かホッとするときがあります。

「この苦しみの原因は○○症だったからなのか」

「トラブルが治まらないのは○○症だから、仕方がない」と、妙に納得するクライエントが居ます。

果してこれで良いのでしょうか?

診断されただけです

確かに、苦しいときにその原因が分からなければ辛いものです。何をやっても旨くいかないのですから。自分の問題点を探しまくり、あれこれ苦します。こんな時、病名が付けば「一条の光」の如く、救われた思いになります。

しかしながら、妙に納得されてカウンセリング、治療を終らせるクライエントが居ます。それで、総てが解決したかの如く。

いえいえ、何も終っていませんよ。病名がつきカウンセリングのスタートラインに立っただけですよ。これからですよ!ここからが本当のカウンセリングですよ。

喉元過ぎれば熱さを忘れる

○○症という病名がつき、今までの謎が解けて安心をした気持ちは分かりますが、ここからが本当のカウンセリングが始まります。

○○症を発症した原因を探し、謎を解き、テーマを受け止めて、これからどの様に人生を送っていくか、前に進んでいくかを見いだす旅をしなければなりません。処が、病名が分かったことで納得をして、肝心な問題解決を先送りする方が増えてきています。勿体ないことです。

喉元過ぎれば熱さを忘れるでは、意味がありません。

今までの悩み苦しみが、教えてくれたのです。「このままでは、自分らしく生きることが出来ないよ。他者評価を気にして、相手の顔色ばかりを見て生きていくことになるよ。○○症にまでなったんだから、これを切掛にしっかりと自分を見つめ直そう」と。

ピンチをチャンスに変えましょう。

カウンセラー育成スクール 大阪・難波 - TKN心理サロン_他者評価_先送り
他者評価_先送り

↑

オンライン体験講座体験講座
オンライン講座
資料請求