身近なゲシュタルト

所長のカウンセリングアドバイス:知的納得

yokoitomizou 2019年7月29日 by yokoitomizou

「人は経験から条件反射で生きている

常に変わらないと失敗を繰り返す。」

私達は物事に対して「知的納得」と言う方法を取ります。

何かミスが起きたり、トラブルに巻き込まれたり

不安、悩み事が起きれば

「理由付け」をして、問題を回避します。

遅刻をして上司に怒られた。

「改札口でお婆さんに行き先を尋ねられた、

結果、電車に乗れてしまい。

会社に遅刻をした。

お陰で、上司に絞られた!

だから、あのお婆さんが悪いんだ。

私が悪いわけでは無い」と

理由付けが出来れば納得をします。

悩みも一緒です。

悩みが発生します。

それに対して、

何故、悩みが起きたか考え

それに、有効な反論を加えて納得させます。

答えが出れば納得をして、悩みから解放されます。

でも、その答えの出し方が間違っていたら、

悩みは、又繰り返されます。

この繰り返しが条件反射の如く定着するのです。

つまり、

「答えの出し方が間違っているのです」

その答えの出し方は、

過去の問題に対しての答えです。

今、起きている問題の答えでは無いのです。

新しい答えが必要なのです。

過去の答えの出し方に執着している限り

新しい答えは手に入りません。

そもそも、答えの出し方を間違っていたのですから

新しい答えの出し方を見つけるためには

過去の答えの出し方を棄てる勇気が必要です。

常に変わらないと失敗を繰り返す事になるのです。

「今に生きる」これもゲシュタルト療法ですね。

 

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング

 

 

 

所長のカウンセリングアドバイス:ボディカウンセリング・ブロッキング

yokoitomizou 2019年7月22日 by yokoitomizou

私達は感情を呑み込みます。

喜怒哀楽の感情は、素直に吐き出して当たり前なのです。

でも出せば、

怒られるのです。

傷つけられるのです。

嫌われるのです。

悪い子になるのです。

悪い子は愛されません。

愛されなければ生きていけません。

だから、嫌われないように「良い子」になるために

感情を呑み殺すのです。

筋肉の中に緊張という形のブロッキングを創ります。

その部分は

堅かったり、柔らかすぎたり、

冷たかったり、熱も持っていたりしています。

特に「怒り」の感情は出せません。

皆さんは、何処に溜め込んでいますか?

「腸が煮えくりかえる」

「腹に据えかねる」

「腹立たしい」等の

お腹に関する表現が多々あります。

アレキサンダーローエンの

バイオエナジティックシティックスで言われています。

下腹部に「怒りのブロッキング」があります。

結構、便秘や下痢になりやすい人が多いです。

そして、その怒りを出すと嫌われるという恐怖から

グッと抑えこみます。

呼吸を止めることにより。

「恐怖のブロッキング」は胸から喉に掛けての呼吸器系にあります。

この人達は、呼吸が浅いです。

大きく吸えば、怒りが飛び出しますので

深い呼吸が出来ないのです。

声も出さないように、喉に緊張を与えます。

常に首筋が緊張した状態です。

呼吸が浅く、声が小さいタイプです。

私達はこの様な形で身体の中に感情を閉じ込めています。

これでは、病気になって当たり前です。

その症状が、

身体に出るか!

心に出るか!

私達が行なっている

ボディカウンセリングも

マッサージやハグにより

身体の緊張を解し

感情を解放してもらうゲシュタルト療法です。

 

感情を解放してあげましょう!

 

 

 

 

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング

 

所長のカウンセリングアドバイス:後悔していませんか?

yokoitomizou 2019年5月27日 by yokoitomizou

後悔したことはありませんか?

今まで、やりたいと思っていても

何らかの諸事情によって出来なく後悔したことはありませんか?

でも、その諸事情ってなんでしょうね?

本当に「やりたいことを出来なかった」理由でしょか?

やらなかった事の言い訳にしていませんか?

結果、心の中で燻っていませんか?

「後悔」という形で。

「後悔先に立たず」その通りです。

私達は「やりたいこと=夢」を先送りにしています。

失敗、収入、世間体、不安・・・等、

私達の心を見えない鎖が縛っています。

リスクを考えて、先送りばかりしています。

チャレンジしないと、後悔が残るだけです。

時には、後悔を人のせいにして恨んだりします。

やらなかったのは自分自身なのに!

「やりたいこと=夢」は叶うものです。

その人にとって「本当の夢」ならば!

時には、遠回りをして時間が掛かるかも知れません。

本当の夢ならば、やり続けられるはずです。

苦しくても、辛くても、問題なく続けられるはずです。

生き生きした毎日を送ります。

だって、やりたこと=夢だからです。

やらされている限り、何時やるのでしょうか?

リスクを考えて、

先延ばしをして、

「出来ない≒やらない」理由付けをしているから

やらないのです。

夢を叶えない人は

やらない理由を探します。

夢を叶える人は、

「今、やれる事」から、始めます。

やりたいことの理由を探します。

何もやらないで

一生「あの時しておいたらなぁ」と、後悔するよりも

今、やってみる事をして

後悔の無い人生を歩みませんか!

 

ゲシュタルト療法の

「今ここに生きる」と一緒です。

 

 

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング

所長のカウンセリングアドバイス:ボディカウンセリング

yokoitomizou 2019年4月15日 by yokoitomizou

私達は感情を呑み込む癖があります。

喜怒哀楽の感情は吐き出し事が自然なのです。

哀しいから泣く

楽しいから笑う

喜びがあり

怒りがあり怒る

これが当たり前なのです。

でもその感情を素直に出せば

怒られるのです。

傷つけられるのです。

ダメな子になり

悪い子になります。

嫌われます。

悪い子は愛されません。

愛されなかったら、生きていけません。

嫌われないように、感情を殺します。

感情をぐっと呑み込み

筋肉の中に力を入れ

緊張という形で

「ブロッキング」を掛けます。

お腹の中に「怒り」を

胸から喉にかけ「恐怖」を溜め込みます。

その部分は、

堅かったり、柔らか過ぎたり

熱を持っていたり、冷たかったり

その人により、形を変えてブロッキングを掛けます。

怒りを出せば、嫌われる、見捨てられるとの思いから恐怖が湧き出し

声がでなくなり

呼吸が浅くなったりします。

ボディカウンセリングは

マッサージやハグ、そっと手を握る等の

スキンシップにより

心と筋肉の緊張を解し

ブロッキングにより閉じ込めた感情を吐き出して貰います。

時には

声を張り上げて号泣をされたり

怒りが爆発したりします。

その感情を受け止められたときに

こころが解放されます。

これは、「ゲシュタルト療法」からできたセラピーです。

 

 

 

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング

所長のカウンセリングアドバイス:痛いの痛いの飛んでけ!

yokoitomizou 2019年2月18日 by yokoitomizou

「痛いの痛いの飛んでけ!」世界共通言語です。

この言葉に聞き覚えがありませんか?

幼い時にいっぱい聴いたかと思います。

頭をテーブルにぶつけたとき

転んで、愛から血が出ているとき

親御さんが

「痛いの痛いの飛んでけ!」と言いながら

頭を打って「たんこぶ」が出来たところや

怪我をしたところを「さすって」くれた事を覚えていますか?

不思議と、痛みが消えていきます。

現実的には「たんこぶ」はへこんでないし

傷も治ってないのですよ。

これは、スキンシップによる安心感から生まれる心理状態です。

転んで痛い!

でも、親が撫でてくれて治してくれる。

痛みを取ってくれると言う、安心感から痛みが治るのです。

私の子供が幼いとき、

振り向きざまにテーブルの角で頭をぶつけました。

「ゴン」と大きな音が鳴りました。と同時に大泣きです。

この時に、たんこぶを撫でながら「痛いの痛いの取った」と言いい

手で痛みを取ったポーズをしました。

子供は泣き止み、笑顔が戻りました、そして

「この痛いの取ったのをどうしようか?」と、聴くと

「食べる」と言い、私の手から食べた真似をしました。

そのとたん「痛い痛い」です。

又、「痛いの痛いの取った」とやれば、ニッコと(^0^)い

「食べる」と言って、又痛がります。

もうゲームです。

子供は笑顔です。

たんこぶはひいていませんよ。まだ痛い筈です。

皆さんも今でもしていませんか?

何処かぶつけたとき、患部を手でこすっていませんか?

「痛いの痛いの飛んでけ!」です。

これが本当の「手当」です。

 

 

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング

所長のカウンセリングアドバイス:夢を掴む☆

yokoitomizou 2019年1月1日 by yokoitomizou

新年明けまして

おめでとうございます。

新しい歳をどの様な気持ちで迎えられましたか!

 

希望に満ちていますか!

旧年は

楽しいこやと嬉しいこと

又、辛いこと、哀しいこと、苦しいこと等色々あったでしょう!

でもそれは、昨年のことです。

過ぎ去った昔のことです。

今、新しい時が産まれたのです。

総てが真っ白です。

この真っ白なキャンパスに

思いっきり「夢」を描きませんか!

そして描いた夢を掴みに行きませんか。

夢は描いただけでは、淡雪と同じです。

やがて、露と消えてきます。

夢に向かって行動を起こしてこそ

夢は現実になります。

自分のものになるのです。

誰も夢は叶えてくれません。

夢は、自分で叶えるものです。

夢を叶えることにより

自分に自信が付き

新たなる「希望」が産まれます。

 

皆さんは「真っ白なキャンパス」に

どの様な夢を描きますか?

楽しみな一年ですね!

 

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング

所長のカウンセリングアドバイス:回り回って☆

yokoitomizou 2018年11月19日 by yokoitomizou

「自己利益」と「他者利益」の二つの言葉があります。

自分が得する行為が「自己利益」

他人が得する行為が「他者利益」

これば、一つに繋がれば素敵なことになります。

自分が得すると思って行なった行動が

相手にも利益がもたらさせる。

また、

相手の利益になるように行なった行為が

自分にも利益が回ってくる。

例えば、

親が喜びたいという利益を得るために子供に「チョコレート」を渡す。

これは「自己利益」です。

その結果、「チョコレート」貰った子供は嬉しく喜ぶ。

これは「他者利益」です。

また、

親が子供を喜ばせたいとの思いから「チョコレート」を渡す。

これは子供が喜びますから「他者利益」ですね。

そして、

子供が喜ぶ姿を見て、親が喜びを感じる

これは「自己利益」になります。

自分が喜ぶ事を行なうことにより相手が喜べた。

相手を喜ばすために行なうことにより自分が喜べた。

巡り巡ってお互いが利益を得る。

「風が吹けば桶屋が儲かる」の考え方と似ていますね。

自分も相手も共に喜ぶ「Win=Win」の法則でもありますね。

笑顔を渡せば相手も笑顔を返す。その笑顔を見て自分も嬉しくなる。

 

自分の利益と思って行なった行為が、

相手の利益になり

他人の利益にと思って行なった行為が

自分の利益になる!

皆が幸せな思いになる

素敵ですね。

 

欲求の階層論を提唱した「アブラハム・マズロー」の

「利己主義と利他主義」の考え方です。

 

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング

所長のカウンセリングアドバイス:守・破・離

yokoitomizou 2018年11月12日 by yokoitomizou

約3年前に書き込んだブログです。

ロールプレイアカデミーや箱庭療法アカデミーを行なっていると、

どうも、基本が大切との思いから

形にはまってしまい、

身動きがとれなくなってしまい堂々巡りする者が出ます。

守りに入ってしまい、

新しい事にチャレンジ出来なくなってしまうことがあります。

これこそが「壁」です。

「新しい私」を創り出す

一歩が踏み出せないのです。

この殻を破ることが大切です。

その意味で、もう一度掲載しました。

 

「守・破・離」という言葉があります。

茶道・武道・芸術等に於ける師弟関係の在り方だそうです。

  • 守:支援のもとに作業を遂行できる。 
  • 破:作業を分析し改善・改良できる。
  • 離:新たな知識(技術)を開発できる

先ずは師匠に言われたこと、「型を守る」ところから修行が始まり、

その後、その型を自分に合った、より良いと思われる型をつくることにより

「型を破る」。新しい型を創る。

自分自身と技についてよく理解して、

型から自由になり、

「型から離れ」て自在になることができる。

 

この事は、カウンセリングや人生に通じます。

初めは誰もカウンセリング・人生は出来ません。

先ずは、ファシリテーター(師匠)の指導受け、

そのテクニックをコピーし、使いこなせるように努めます。

ファシリテーター(師匠)と同じカウンセリングを使いこなしている状態です。

これが「守」ですね。

 

その後、その雛型を基にして、勉強し、工夫をして、自分のものに創り上げていきます。

これはもう元の学びコピーした型ではありません。

ファシリテーター(師匠)を指導の型をコピーして、「守」のカウンセリングから、

指導を受けなくても、カウンセリングが出来る状態です。

自分のカウンセリングとしての変化です。

これが「破」ですね。

 

やがて、

「破」のままでは、基本はファシリテーター(師匠)のカウンセリングです。

その型(基本型)に囚われて、抜け出せなくなります。

とても怖いものです。

出来上がっている型を、打ち破る事はとても勇気が要ります。

更なる、勉強、体験、失敗・成功体験から、

自分自身で創り上げる「オリジナルのカウンセリング」が出来上がります。

これが「離」ですね。

 

人生も同じです。

初めは「親と同一視」します。

親をコピーして、親と同じものになります。

「守」の状況です。

やがて、思春期を迎え、

親をベースに、新しい「自分」を創り出す時が来ます。

「自我同一視:アイデンティティ」:親離れの準備時期です。

「破」の状況です。

そして、

「自我同一視:アイデンティティ」を手に入れ、

「自分」の人生を創る上げていく時期に入ります。

結婚をして、家族を創る時期です。

「離」の状況ですね。

 

今私は、家族を持ち人生に於いては「離」で時期ですが、

カウンセリングに於いてはまだ「破」の時期かもしれません。

此れから「離」を迎える時期なのだと思います。

自分のオリジナルの形の「カウンセリング」を創り上げていく時期が来たと思っています。

それ故に今、次から次へと襲いかかる出来事は、

「離」への、試練だと思っています。

まだまだ、修行です。

必ず乗り越え「破」を実現します。

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング

 

所長のカウンセリングアドバイス:マンダラアート

yokoitomizou 2018年9月24日 by yokoitomizou

6月のエサレン研修で体験した「マンダラアート」を

教室に飾っています。

じっと見ていると、色々な思いが湧いてきます。

エサレンで描いたときには

「もうこれで充分。完成した」と思い筆を置きました。

間違いなく。

でも、あれから数ヶ月経つと、

チョトと重いが変わってきました。

筆を足したい。

物足りない。

未完成。と言う気持ちになっています。

マンダラアートは自分自身の心を表します。

描き始めたときは、ただ兎も角「色を塗る」事を目指していました。

でも、塗る度に気持ちが変わります。

これで良いのか?

他の塗り方があったのではないか?

いや、これで良いのだ!

と繰り返しながら、塗り終えます。

塗り終えると、何か違和感を感じます。

出来上がったのに満足感がないのです。

もっと描きたいと!

でも、筆を足したら折角出来上がった「マンダラアート」が

潰れてしまうのではないか?

もっと描いきたい自分と、失敗を恐れている自分が葛藤しています。

正しく「カオス」状態です。

勇気をふるって筆を足します。

「しまった!」止めれば良かった。

でも、もう遅い。

こうなれば、何とか修正しながらも

「マンダラアート」を創りあげなければならない!

必死にもがきながら、創り上げています。

結果、新しい「マンダラアート」が完成しました。

この行為は、自分創りと同じです。

一度完成した「マンダラアート」は今までの「私」を表します。

色々なしがらみの中で作り上げた自分です。

新しい「私」を産み出すためには

今までの自分を超えなければなりません。

超えると言うことは、今までの「私」に変化を与えなければなりません。

とても怖い行為ではありますが、

変化がない限り、新しい「私」創りは出来ません。

今、教室に飾っている「マンダラアート」は

エサレンでの「私」です。

今の「私」を創りたい思いが目覚めてきました。

そして、新しい「私」も!

ゲシュタルト療法

「今ここに、私らしくあるがまま生きる」です。

 

来年の「マンダラアート」の準備を始めました。

 

 

 

 

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング

 

 

所長のカウンセリングアドバイス:その不安は何?

yokoitomizou 2018年5月7日 by yokoitomizou

先日の恋愛講座で受講生から

「彼のご両親に紹介されました」との話が出ました。

ゴールインに一気に近づいたぁ!

良かったなぁ!と思いきや

受講生は何故か不安げです。

普通は、喜びいっぱいの筈です。なのに何故?

聞くところによると

デートでプロ野球の観戦に行った帰りに突然彼が

「今から俺の親と一緒に晩ご飯を食べよ」と言い出したようです。

恋人の親に会うと言うことは「結婚」に進む過程の内、重要な事です。

服装や、手土産。こころの準備もあります。

結婚に向けて初めて親に会うのは「第1関門」

これにより、結婚への道が上手く行くかどうか決まると言っても良いぐらいです。

それを突然、今から親に会うと言われても女性とすればとても困ることです。

 

男としても同じですけれどね。

それ程重要な事を、心遣いも無く突然言ってくる彼に不安を感じたようです。

「私のことを思ってくれているの?」

何時も、自分の気持ちを優先して押し付けてくるようです。

又、それに会わせていたようです。

今回、彼の彼女への思いやりに無さへの「不安」が一気に心の中で爆発したようです。

受講生(彼女)から色々聴いていくと

親への関わり方が顔を出してきました。

親も自分の思いを優先して押し付けてくるようです。

また、それが当たり前と応えてきたようです。

「私の気持ちを分かって!」という叫びが、

心の中で下りものの如く蓄積されていたようです。

「不安」の原因はこれでした。

この不安を彼に分かって貰えず結婚に進むと将来

「トラブル≒離婚」に繋がります。

GW中に彼と話し合うようです。

彼に気持ちを分かって貰うまで、何回も話し合うことが大切です。

「不安」の原因が何処から来ているのか?

これは、対人関係に現れています。

悩みの花でもあります。

悩みの花の「根っこ」に気づきましょう!

 

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング