身近なゲシュタルト

所長のカウンセリングアドバイス:突然変わる!神経質

yokoitomizou 2020年7月6日 by yokoitomizou

物事に対して臆病なぐらい慎重な人が、

突然、びっくりするような大胆な行動をするが方居られます。

皆さんの身近な方にも居られませんか?

周囲を驚かさす位の突拍子もない決断をする人が!

これは、神経質の証しです。

一般的には神経質な方は慎重なぐらい慎重で

石橋を叩いて渡る。

時には、石橋を叩き過ぎてたたき壊すして

やっぱし危なかったでしょう!と、言ってしまうぐらい

決断が遅いように思われています。

一般的に認知されている神経質パターンです。

でも、神経質な行動パターンは

拘りがキツいのが特徴です。

善か悪か

安全か危険か

好きか嫌いか

0か100かのように両極端の考え方に陥りやすい特徴があります。

中間のグレーゾーンが極端に少ないのです。

一方に囚われたら、

もう逆は認めることが出来なくなるで

色々な面でトラブルが起きやすいです。

これが一般的です。

ところが、極端な拘りのお陰で

ふっきれた瞬間

逆側に振られることが起きます。

慎重なぐらい慎重な行動をしているのに

突然、大胆な行動を起こしてしまうのです。

善が悪になり、悪が善になります。

思い込みの激しさも

神経質な人の特徴でもあります。

柔軟性に欠け

融通性に欠け

グーレーに捉えられないのも神経質の特徴です。

周りから見れば、自己中に思われます。

神経質な人のしんどいところです。

 

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング

 

 

 

所長のカウンセリングアドバイス:コロナ維新

yokoitomizou 2020年5月11日 by yokoitomizou

新型コロナウィルスの影響で自粛ムードの為

重苦しい日常生活に覆われています。

行き場のない感情が

今にも吹き出し、爆発しそうです。

折角のGWも家に籠もる毎日でした。

TVを観ることぐらいしか出来なく

「JIN-仁」を観ていたら、何か現代に繋がるなぁ!との思いがありました。

明治維新が起ろうとしている時代です。

黒船により開国を迫られ、改革派諸藩と幕府が対立を深めていき

やがて、戦が始まります。

初めは改革派の藩と幕府派の藩が対立をしますが、

やがて、維新の名の下に結束をし

何も決めない、行動を起こさない幕府に対し

明治維新に進みます。

今の「新型コロナウィルス」の対応に似ていませんか?

政府が意志決定を下さい、地方に指示を出し

コロナ対策をしなければならないのに

国全体のことを考えて責任を取らなければならないのは分かりますが、

政府は曖昧な決定しか出さず

なかなか対策が進みません。

業を煮やし

都道府県知事が

従来の枠を超えて、独自の判断を行ない改革を行なっています。

独自の判断基準を設け、発信をすることにより

他府県の知事も賛同し、

独自のプランを発信していきます。

前例に囚われず、

今、求められている事に応える対応が必要です。

政府の指示を待っている地方との違いがハッキリ出てきました。

まるで、明治維新の時に似ていませんか?

従来の対応の仕方では無理なときには

古いシステムを棄てて

新しいものに切り替える事が必要です。

勇気が要ります。

失敗のリスクを負わなければなりません。

責任を足らなければなりません。

今、出来ることを始める。

問題点が出てきたら、修正をして変革をする。

「朝令暮改」など当たり前です。

必要な物にそぐわない時には、

フィットする様に変えて行けば良いのです。

初めから、完璧なものはありません。

動きながら完璧なものに近づけていけば良いのです。

時代に合うように。

私達の人生も同じです。

従来の人生の生き方では無理があります。

だから、人生が苦しいのです。

今の自分にそぐわないものは、脱ぎ捨てることが必要です。

そして、新しい自分に合ったものを身に付けるべきです。

勇気が要ります。

恐いです。

でもその先にある、自分らしい人生を目指して歩きませんか!

コロナ維新は

人生維新です。

 

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング

 

所長のカウンセリングアドバイス:感情は吐き出そう『ゲシュタルト療法②』

yokoitomizou 2020年4月27日 by yokoitomizou

先ずは、肩の力を抜きましょう!

知らず知らずの内に緊張から

身体全体に力が入っています。

リラックス!そして、

感情は吐き出しましょう!

新型コロナウィルスの影響で自粛、自粛で自閉しています。

我慢、我慢をしなければならない環境であります。

職場でも

家庭でも、

娯楽に関しても

老若男女が皆、我慢しています。

楽しい事をすることも、口にすることも、考えることも、

不謹慎にさえ感じます。

その結果、チョットしたことで

イライラして

怒りが溜まり

不安がつのり

恐怖が襲い

その結果、

何気ない子供の行動、喋り等に腹が立ち怒りが爆発します。

職場でも、対人関係に於いても同じです。

これは「八つ当たり」です!

ズッとが我慢をしていたから

堪忍袋の緒が切れたのです。

当たられた方は、たまったモノではありません。

おおいに「感情」は吐き出して良いのです。

喜怒哀楽の感情は素直に吐き出して当たり前なのです。

哀しいから泣く!

楽しいから笑う!

腹が立つから怒る!これが当たり前です。

我慢して、自分の気持ちに「嘘」をつくから、

八つ当たりをするのです。

喜怒哀楽の感情は表現することが正常のです。

感情は我慢せずに、素直に吐き出しましょ!

相手を責めて、八つ当たりをすると

当然、相手も腹が立ち喧嘩になります。

自分の感情を聴いて貰うのです。

今、湧き出している感情を

吐き出すのです。

その後、その感情が湧いてきた事を説明すれば

相手は、聴き受け入れてくれます。

結果、怒りの感情は消えていきます

哀しみの感情は半減し

喜びの感情は倍増します。

こんな、状況化なのですから

誰もが我慢して、耐えています。

みんなで、感情を分かち合いましょう。

一度、肩の力を抜いて

いま、自分の心の中に湧き出した感情を

聴き、表現する事も「ゲシュタルト療法」のひとつです。

感情は表現しましょう!

 

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング

 

所長のカウンセリングアドバイス:今ここに生きる『ゲシュタルト療法』

yokoitomizou 2020年4月20日 by yokoitomizou

今、ここに自分らしく生きる!!

 

新コロナウィルス=COVID-19の影響で

不安だらけです。

もしかして感染するのではないか?

街中、電車、スーパー行っても、

傍の人が、咳をしたり、クシャミをしたら、

もの触ったりしたら、

息をするだけで感染するのではないかと、

感染すれば、重篤になり、死ぬのではないか!

家族は大丈夫か!

その上、自粛による収入減、

この先、だの様になるのか不安だらけです。

でも、色々な情報による想像でもあります。

現実にはどうでしょう!

実際に目の前に存在するならば恐怖が募り、不安だらけになります。

現実が其処にあるのですから。

貴方の傍に「新型コロナウィルス」は存在するのでしょうか?

大多数の人達の生活の中には存在しない可能性の方が高いのです。

用心する事は大事ですが、

気にしすぎると、不安が不安を呼び苦しみます。

これは、過去に経験した「不安」がベースのなり

今、起きていることに対し過敏に反応し過ぎ

想像して不安を増大させています。

そして、自分自身を追い込んでいきます。

今、何起きているか?

今、その為に何をしなければいけないか?

いま、出来ることは何か?

出来ることに集中すれば、不安は減っていきます。

周りに行動パターンに振り回される事なく

今を生きることを目指しませんか!

ゲシュタルト療法

既に済んで変わらない過去に囚われない

これから何が起る分からないことに不安がらない

それよりも

今出来ることに集中しましょ!

「今、ここに自分らしく、あるがま生きる」を目指しましょ!

 

 

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング

 

所長のカウンセリングアドバイス:価値観を棄てる

yokoitomizou 2020年2月17日 by yokoitomizou

カウンセリングを行うとき

カウンセラーはある意味で

「価値観を棄てる」事が必要となります。

カウンセラーといえども人間です。

感情もあれば、価値観、意思を持っています。

「無」などにはなれません。

結果、無意識の中で

クライエントの話を聴きながら

自分の価値観や感情で

クライエントを見てしまいます。

「受容と共感」で相手を受け止めろと言われても。

特に、常識の物差しで捉えがちです。

でも、これはカウンセラー自身の常識です。

クライエントの常識、考え方ではないのです。

クライエントのイメージの世界に於ける

常識、考え方なのです。

その置かれた環境の中で

悩み、苦しんで居るのですから。

先ずは、クライエントの世界に添わなければなりません。

その為にも、カウンセラーは常にニュートラルなポジションが必要です。

その意味で「価値観を棄てる」です。

カウンセラーとて囚われの動物です。

人生の中で培った感情、価値観、意思があります。

これが顔を出してきますので

囚われないためにも

常に、物事を違う角度から捉える必要があります。

逆から見れば、違う世界が見えます。

捉え方が出来ます。

この訓練をしていれば

カウンセリングの最中でも

色々な角度から

クライエントの気持ち受け止めることが出来ます。

総ての世界には

裏と表、右と左、前と後、正義と悪

ひっくり返したら

見える世界が違います!

 

 

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング

 

所長のカウンセリングアドバイス:後悔、先に立たず

yokoitomizou 2020年1月5日 by yokoitomizou

「後悔、先に立たず」

人生に後悔していませんか?

私は、一杯してきました。

あの時、こうしていたら

こんな人生を歩んで来ただろなぁ?等と

今でも想うことが多々あります。

何故、諦めてしまったのでしょうかね?

小学生の頃、書道を習っていました。

昇級もどんどんしていくし

教室の先生も

「将来は、この教室の先生になってね!」と

期待もされていました。

将来は「書道の先生」という夢がありました。

でも、中学生になり親の薦めもあり辞めました。

あの時、「親の意見に従わず書道を続けていたら

人生は変わっていただろうなぁ」!という後悔。

仕事にしても何故、辞めたのだろう?

恋愛も何故、別れたのだろう?。

あの時、

「こうしていたら人生が変わっていたのに、

何故、やめてしまったのか!」と。

振り返ると、本当に後悔だらけの人生です。

例え想うように行かなくても

諦めずに、納得するまで最後までチャレンジをしなかったのだろう!

不完全燃焼のままでした。

振り返れば本当に「後悔、先に立たず」ばかりです。

でも、今は悔いが残っているわけではありません。

「あの時に、諦めてしまったから、夢は叶わなかった。

後悔はある。しかし、そのお陰で

今の女房と結婚ができ、

人生を大きく変えることが出来た。

そして、子供達に恵まれ

今の幸せな生活がある。

好きな仕事にも恵まれ

今、想えばそれまでの夢が叶わなかったお陰で

いまの幸せがある!」と、想えます。

結果、

今が満足ならば、

後悔はないと言うことですね。

 

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング

 

 

所長のカウンセリングアドバイス:マンダラアート・ワークショップを終えて

yokoitomizou 2019年11月5日 by yokoitomizou

マンダラアート・ワークショップが終了しました。

本来ならば、海外研修としてロスアンゼルス・ラグーナビーチでポールの元で

マンダラワークショップを受ける予定でしたが

ポールの都合で研修が実施出来ませんでしたので

TKN心理サロンとして

マンダラアートとユングの理論「光と影」を融合させ

11/2~4までマンダラワークショップとしてチャレンジしました。

始まりはポールの「マンダラアート」です。

各自が好きなマンダラアートを選び、思うがままにマンダラを描いて貰います。

皆、和気あいあいとと進みました。

結構、皆綺麗に描いています。

2日目に入り、ここから本番です。

今まで描いたマンダラは、頭の中で考えて描いた

いわゆる「ペルソナ」偽りの自分自身です。

他人から「いい人」に想われたくて「偽りのマンダラ」です。

過去の私でもあります。

ペルソナマンダラから「シャドーマンダラ」にチャレンジです。

私は良い人なんかではない!

卑怯者、弱虫、恨み、嫉み、裏切り、嘘つき・・・それが私!

ペルソナマンダラをシャドーマンダラに描き変えます。

ペルソナマンダラを潰す勇気は、自分自身の壁を破る勇気が要ります。

葛藤、恐怖、苦しみ、哀しみ、混乱、パニックが襲います。

今まで自分を守っていた「鎧」を剥がす行為は恐怖そのものです。

勇気を持って「シャドーマンダラ」に挑んだ時に

一気にマンダラが変りました。

自分の中の何かが「崩れ」始めました。

昔ながらの「しがらみ」の崩壊です。

「シャドーマンダラ」は本人も驚くぐらいのマンダラです。

最終日には「トゥルーマンダラ」への挑戦です。

「ペルソナマンダラ」と「シャドーマンダラ」を受け入れたとき現われます。

「嘘の自分」も「嫌な自分」も両方とも「私自身」です。

肯定も否定もせず「ありのままの私」を受け入れたときに

「トゥルーマンダラ」が産まれてきます。

グチャグチャな「シャドーマンダラ」からは想像できないほどの

光り輝くマンダラが現われます。

本当の自分が描き出されました。

スタートした時のマンダラとはまるっきり変りました。

その人らしい「ありのままの今の私」です。

涙ながらのマンダラアート・ワークショップでしたが

最後の記念写真は皆、素敵な笑顔に変っていました。

1回限りのワークショップ開催の予定でしたが、

今回の受講生が又、

マンダラを描き続けたいとの希望が多くでましたので

2回目の「マンダラアート・ワークショップ」を開催することになりました。

次回は早くても半年後の開催になります。

「マンダラアート」描きたい方は、心の準備は始めて下さい。

 

元々のオリジナルマンダラ(本の絵です)と

ワークにより変わった自分自身のオリジナルマンダラの違いも

見て下さい、

 

 

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング

所長のカウンセリングアドバイス:木を見て森を見ず

yokoitomizou 2019年11月4日 by yokoitomizou

「木を見て森を見ず」とは

物事の一部分や細部に気を取られて、

全体を見失うこと言うことわざですね。

私達は「囚われの動物」です。

一度、思い込んだら

なかなか考え方、捉え方を変えることが出来ません。

ゲシュタルト療法のテーマでもあります。

カウンセリングの中でも起きやすいことです。

クライエントが訴える悩みに

どうしても意識がいき

訴えを解決しようと

カウンセリングを進め怪傑を目指します。

悪いことでは無いのですが

その訴えに囚われてしまい

「木を見て森を見ず」になってしまいます。

悩みの花を摘み取っただけで

悩みの花を咲かせている

根っこを見ていません。

今起きている悩みを起こしている

本当の原因に意識が行かないことがあります。

クライエントの悩みを聴きながら

その悩みを引き起こした

本当の原因は何か?

常に問いかけをしながら

カウンセリングを進めていくことが大切です。

どうしても、クライエントを救いたいと

楽にしてあげたいの思いから

今起きている症状に

囚われがちになりやすい物です。

 

 

 

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング

 

所長のカウンセリングアドバイス:人生は適応の旅

yokoitomizou 2019年10月14日 by yokoitomizou

人生には色々なことが起きて当たり前です。

環境は常に変化します。

今の現状と

明日の環境は違います。

人との関わりも、日々変化します。

昨日まで友だちや同僚であった仲間が

明日には、ライバルや敵に変ることもあります。

進学、クラス替え、学期の変わり目

就職、配置換え、転勤

友情、恋愛、結婚、子供の誕生

引っ越し、子供の入園、入学

加齢による環境の変化、等々

常に環境は変ります。

素時々に合わせた役割も変ります。

学校、職場、近所付合い、親。舅姑などの環境に合った

役割に適応していかなければなりません。

常に、その置かれた環境の中で

与えられた役割に適応していかなければ

人間関係は崩れてしまいます。

Aの環境ならAの役割を

Bの環境ならばBの役割に適応していく事が大切です。

物事の捉え方、考え方、環境、文化の違い、価値観の違いが

在って当たり前なのです。

それに合わせられないとなれば苦しくなります。

居場所が無くなります。

孤独になりますが

100%合わせて自分を変えるのではありません。

あくまでも「適応」するだけです。

役割が終われば、自分に戻れば良いのです。

「着ぐるみを着替える」のです。

Aの環境ならAの役割を演じます

Bの環境ならばBの役割を演じるのです。

「私は私。あたなはあなた。

貴方と居るときは、その役割を演じます。

でも、終われば私に戻ります。

貴方と私は違うのですから」

その時々の環境に合った「適応能力」を身に付けることも大切ですネ。

無理せずに生きていきましょ!

 

 

 

 

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング

所長のカウンセリングアドバイス:知的納得

yokoitomizou 2019年7月29日 by yokoitomizou

「人は経験から条件反射で生きている

常に変わらないと失敗を繰り返す。」

私達は物事に対して「知的納得」と言う方法を取ります。

何かミスが起きたり、トラブルに巻き込まれたり

不安、悩み事が起きれば

「理由付け」をして、問題を回避します。

遅刻をして上司に怒られた。

「改札口でお婆さんに行き先を尋ねられた、

結果、電車に乗れてしまい。

会社に遅刻をした。

お陰で、上司に絞られた!

だから、あのお婆さんが悪いんだ。

私が悪いわけでは無い」と

理由付けが出来れば納得をします。

悩みも一緒です。

悩みが発生します。

それに対して、

何故、悩みが起きたか考え

それに、有効な反論を加えて納得させます。

答えが出れば納得をして、悩みから解放されます。

でも、その答えの出し方が間違っていたら、

悩みは、又繰り返されます。

この繰り返しが条件反射の如く定着するのです。

つまり、

「答えの出し方が間違っているのです」

その答えの出し方は、

過去の問題に対しての答えです。

今、起きている問題の答えでは無いのです。

新しい答えが必要なのです。

過去の答えの出し方に執着している限り

新しい答えは手に入りません。

そもそも、答えの出し方を間違っていたのですから

新しい答えの出し方を見つけるためには

過去の答えの出し方を棄てる勇気が必要です。

常に変わらないと失敗を繰り返す事になるのです。

「今に生きる」これもゲシュタルト療法ですね。

 

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング