2018年12月

所長のカウンセリングアドバイス:家族は生き物

yokoitomizou 2018年12月24日 by yokoitomizou

家族は常にシステム変化していきます。

家族の各自が担う役割が変化するのです。

男と女(今のご時世は不適切な表現になりますね!)が結婚すれば

「夫と妻」になり、その役割をします。

やがて子供が出来れば「父親と母親」に変わり役割が変わります。

そして、その子供が結婚をし孫が出来れば「祖父と祖母」に変わり

その役割も変化します。

同時に、

「祖父母」の役割

「父母」の役割

「子供」の役割

「孫」の役割を各の家族が務めます。

もし、家族の何処かが機能しなくなると

問題が発生しますので修復するために

家族が繋がり皆が助け合い家族を守っていきます。

身体を考えてください。

例えば、「胃」が悪くなれば

身体全体に問題が発生してきます。

でもその時、「胃」を休め

他の臓器が胃のフォローしながら

元の健康状態に戻します。

逆に、「胃」の苦しみを周りが気づかねば

「胃」は悪化し他の臓器まで病気にします。

これを家族に置き換えてください。

家族の一員「子供」が外で傷つき苦しんでいます。

家に帰れば、家族の誰かが子供の苦しみに気づき

みんなでフォローして、元気にします。

逆に、誰も気づかなければ

子供は、更に苦しみ、心を閉ざし、死に至る事もあります。

結果、残された家族も悲しみ苦しみます。

家族は、「ひとつの生命体」なのです。

誰かが傷ついても、家族全体が傷つき苦しみます。

家族の一人ひとりが元気で居てこそ

笑顔で幸せな家族なのです。

誰ひとりが欠けても、家族は成り立たないのです。

家族は生き物です。

家族はひとつの生命体です。

 

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング

 

 

 

 

所長のカウンセリングアドバイス:見て盗む☆

yokoitomizou 2018年12月17日 by yokoitomizou

先日ワイドショーで

「仕事は技は目で盗むのか

それとも、教えても貰うのか?」が話題になっていました。

布団を仕立てる職人のコンテストがあったようです。

7年以上の職人さんを退けて

3年間、師匠から丁寧に指導を受けて

訓練をした人が優勝したそうです。

以前は、仕事や技は師匠や先輩の技を

目で、舌で、手などで、あらゆるものを盗め!と

言われてきました。

教わって、身につくものではない。

「自分肌で感じて、あぁだ、こうだと悩み失敗しながら

試行錯誤して自分のものにしなければ、

一人前にはならない。

自分のものにならない」でした。

そうやって修行を重ね職人さんになった人を抑えて

師匠から、一から十まで手取り足取り指導してもらい

「テクニック」や、「コツ」「要領」「見ても分からないような裏技」など

師匠が身につけた技まで丁寧に教えて貰った人が優勝した。

どちらが良いのでしょうね?

修行で身に付けなければならなければ、年数が掛かります。

でも、しっかり丁寧に指導を受けた方が短期間で修得できます。

今の時代は、丁寧な指導を受けて、早く一人前になることがベストかもしれません。

でも、これでは「マニュアル」と同じ事が言えます。

一応、一人前の職人には成れるかはしれませんが

創意工夫が出来ません。

オリジナルが創れません。

応用が利きません。

特に、材料・素材・天然素材は何時も同じではありません。

コンピュータで創った工業製品でも微妙に違います。

そのざいりょうの癖を見抜いて仕上げるには、

色々な失敗経験が、自分自身の力になります。

カウンセリングも同じで、理論やロールプレイで

カウンセリングを学んでも

一応のカウンセリングは出来ます。

でも、応用は利きません。

一人ひとりの人生は違うのです。

その一つ一つにあった、カウンセリングが必要です。

基礎をしっかり身に付け

いろんなチャレンジをして

失敗を繰り返し

そこから、身に付けたテクニックが

カウンセラーの力になります。

 

 

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング

所長のカウンセリングアドバイス:嫌いありき☆

yokoitomizou 2018年12月10日 by yokoitomizou

古今東西

私達の悩みは「対人関係」です。

対人関係の悩みさえ無ければ毎日がハッピーです。

その為には相手から嫌われない事が一番です。

それ故に、自分自身お気持ちに嘘を付き

嫌いな人、苦手な人が好んでくれるように振る舞います。

疲れますよね!こんな生活。

好きな人、気の合う人とだけと関われば何の問題もありません。

でも、貴方にとって

「好きな人」ってどんな人ですか?

何を基準に好きな人と決めていますか?

貴方には「好きな人」はどれほど居ますか?

また、「嫌いな人は」はどれほど居ますか?

どちらが多いですか?好きな人と嫌いな人は?

私達は対人関係に於いて

「嫌いありき」がスタンスです。

グループ内に於いて

自分にとって嫌いな人、嫌なひと、を除いた、

残りが「好きな人」です。

専科講座で

「対人感情と対人行動」という講座があります。

講座の冒頭で

「貴方にとって好きな人、嫌いな人とはどの様な人ですか?」と問いかけます。

すると、「嫌いな人」から話し出します。

また、話しは盛り上がります。

余りにも嫌いな人の話しが盛り上がりすぎるので

途中で遮り「好きな人は?」を振り向けると

急に静かになります。

その後、ポツンと返ってくるだけです。

「嫌いありき」がベースである証拠です。

これだけ沢山の人を嫌ってるのですから

対人関係が悪くて当たり前です。

好きな人ととだけ付き合うことに意識せずに

嫌いな人が多いのですから

嫌い人と、自分が安心できる距離を空けて

対人関係を行ないませんか!

相手に好かれようとせずに!

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング

 

 

所長のカウンセリングアドバイス:他者評価

yokoitomizou 2018年12月3日 by yokoitomizou

貴方は自分のことを自己評価できていますか?

私はこの世界に入るまで「他者評価」で生きていました。

相手が喜ぶ事が良いことだ。

相手から「良い人、優しい人」が良いことだとおも言っていました。

相手が褒めてくれることが「自分の長所」で

相手が嫌うことが「自分の短所」と思い込んでいました。

お陰で、自分の本当の魅力、長所、短所が分からない!

「他者評価」の自分が自分だと思い込んでいたので

心の中の叫び、違和感に気づこうともしませんでした。

「他者評価」に自信をつけても脆いものです。

相手の評価でいとも簡単に崩れます。

「自己評価」の上で頑張って達成すれば

本当の自信いなります。

相手と比較せず、

自分で自分を評価できれば

素敵ですね!

 

 

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング