身近なゲシュタルト

所長のカウンセリングアドバイス:木を見て森を見ず

yokoitomizou 2017年6月20日 by yokoitomizou

「木を見て森を見ず」

一つのことに拘ってしまい、

全体像を捉える事が出来なくなっている状況を表します。

これは、「悩みの世界」でも言えることです。

どうしても私達は

「今、起きている悩み」に囚われてしまいます。

この悩みを何とか片付けて、楽になろうと躍起になります。

今、起きている悩みに向き合い、

問題点を解決して、悩みから解放される事は大切です。

でも、その悩みにばかり意識が行き過ぎてしまい、

却って、悩みが悪化することが多々あります。

一つのポイントに囚われてしまい、

全体像が見えなくなっています。

案外、悩みのポイントは

今、悩んでいること以外に、

本当の悩みの原因が見えなくなっていることがあります。

カウンセリングでもあります。

クライエントの悩みに意識が言ってしまい過ぎ

悩みを創り出している

本当の原因の叫びが、聴こえなくなっていることが在ります。

この時、カウンセリングは堂々巡りをしています。

同じ事を何回も語ります。

クライエントも無意識ですが、

聴いて、分って欲しいポイントは別の場所にある場合です。

こんな時は一度、原点に戻り

話しの全体を見直します。

結果、ポイントが見つかります。

人間は囚われの動物です。

一度囚われたら、中々リセットが出来ないものです。

囚われ、堂々巡りに気づいたら、

一度、「OFF」にして、

全体を見直すのも、いいことですよ。

「ゲシュタルト療法」の考え方です。

 

 

カウンセリング:カウンセラー体験講座への申込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日を設けました。

所長のカウンセリングアドバイス:たら・れば

yokoitomizou 2017年2月28日 by yokoitomizou

「もし…していたら(したら)、

 もし…していれば(すれば)」

ってよく言いますよね。

後悔しても後の祭り!

済んでしまい、いくら悔やんでもみても

変わらない過去に対して拘ってみても仕方ないこと。

そんな事より、

「今を大切に生きる」事を目指しましょう!

と、「ゲシュタルト療法」の中で皆さんに伝えることです。

後悔するより、今を自分らしく精一杯生きましょう!

まさしくその通りなのですが、

現実は、そうはいきません。

絶対に過去に事に拘るのです。

なのに、「過去に拘るからダメなんだ」と、

自分自身を責める方も居られます。

これでは、自分の人生総てを

否定することになります。

過去は過去です。

変わらない過去に対して

肯定も否定もなく

「これが私の人生の出来事でした」と、

受け止めることが大切です。

間違いのない事実なのですから。

その過去の出来事を「肥やし」にして、

今に生かし、

自分らしく生きることが大切です。

私だって、毎日のように過去に囚われていますよ。

「あの時は失敗したなぁ!

裏切ったり、傷つけたりしてしまったなぁ!

苦しく辛い思いもしたけれど、

その時の自分が居たからこそ

今の私があるんだよね」と、思います。

肯定も否定もせず、そのままを受け止めながら。

そうして、囚われの時間を短くする事で、

毎日を過ごしています。

そこから、日々の行動に活かすようにしています。

聖人君子、清廉潔白。

お釈迦様や神様でも在るまし、

「過去に囚われずに、今に生きる」事など出来ません。

大いに「たら、れば」を言いましょう。

思い出して当たり前なのです。

だって、人間なのですから!

過去を思い出して、

今に活かしましょう!

 

野に咲く水仙

カウンセリング:カウンセラー体験講座への申込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日を設けました。

所長のカウンセリングアドバイス:陰に隠れないで!

yokoitomizou 2016年9月6日 by yokoitomizou

「癌の陰に隠れないで」

これは、市川海老蔵さんの奥様、

小林麻央さんが書かれたブログの中の言葉です。

勇気ある言葉と思います。

どうしても病に罹ると、

特に生命に関わる様な病に罹ると

打しがられて、

総てが負のスパイラルの渦に呑み込まれてしまいます。

何もやる気が失せて、

悪いようにしか受け取れません。

周りの勇気づける言葉や、気遣いにも

時には、苛立ち、怒り、同情等に聴こえます。

病に呑み込まれ、病の陰に身を心を隠します。

被害者の如く。

自分を見失い、自分らしく生きていない証です。

でも、小林麻央さんは

「でも、一度きりの人生なので、

なりたい自分になろうと

決意できたことは

うれしいです。」

と書き込まれています。

強い方です。母親です。

 

私の捉え方ですが、

癌と共に生きる。

癌も私の中にできた一部。私自身。

それを拒絶する事は、

自分自身を拒絶する事。

癌に呑み込まれ、

癌に振り回されて、自分らしく生きれない。

それよりも、

私の中から生まれた「癌」なのだから、

癌の陰に隠れずに

二人三脚で一緒に歩む

私らしく生きる!

がんを宣告されて、

いっきに悪化する方をよく見かけます。

余命を伸ばす為に

手術や抗がん剤治療、放射線治療を行う事により、

健康な細胞まで傷付け、

私らしく生きられないならば、

自分の免疫力を高め、

癌と共に生き、

自分らしく生きていく。

家族に、何時もの私を見せて残された命を生きていく。

決して、癌に陰に隠れない。

そんな思いになりました。

実際、今はまだ健康ですが

何時死ぬか分からない、年齢になりました。

何時、死んでも悔いのないように

今を生きたいと思います。

 

「癌」の処を「悩み」に置き換えても、

同じ事が言えますね。

 

水辺に咲く彼岸花

 

カウンセリング:カウンセラー体験講座への申込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日を設けました。

 

所長のカウンセリングアドバイス:自分が治る

yokoitomizou 2016年8月23日 by yokoitomizou

カウンセリングの依頼がある時によく言われるのが、

「治してください」です。

でも、私達カウンセラーは「治しません」

カウンセラーはいくら

勉強をしたから、

経験を積んだから、

資格を持っているから、といったて治せません。

治すのはクライエント本人が治すのです。

私達は、そのお手伝いをするだけです。

悩みのクライエントから産まれたものです。

クライエントの悩みですから!

クライエントの中に問題点があり、原因があります。

それ故に、その答えもクライエントの中にあります。

答えにクライエントが気付き、

実践する事により、悩みから解放されるのです。

私達カウンセラーは、そのお手伝いをしているだけなのです。

決して、カウンセラーが治すのではありません。

クライエント自身が治るのです。

もし、わたしが治したというカウンセラー居たら、

そのカウンセラーは、偽物です。

 

身体の病気も同じです。

医者が治すのではありません。

本人が治すのです。

確かにお医者さんは、痛い処を薬で楽にしてくれます。

患部を手術により取り除き、治療をしれくれます。

痛い処、悪い処を取り除いてくれます。

でも、元の身体に戻すのは本人の力です。

除去をしてくれても、治癒をしていくのは、本人です。

本人が治すのです。

ヒーラーとて同じです。

ヒーラーがヒーリングにより治すのではありません。

ヒーリングの力により、本人が治癒する力を助けるだけです。

本物のヒーラーも言います。

「私が治したのではありません。あなた自身が治したのです。

私は、ヒーリングの力により手助けをしただけです」と。

月に祈ろうが、パワーストーンに頼ろうが、

スプリチュアルな力に頼ろうが

あくまでも手助けです。

本人が治すのです。

 

カウンセラーは、

クライエントが自らが問題点に気付き

実践できるように、

お手伝いをしています。

 

若葉茂る

 

カウンセリング:カウンセラー体験講座への申込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日を設けました。

 

所長のカウンセリングアドバイス:告知!何故今やらないの。

yokoitomizou 2016年7月12日 by yokoitomizou

専科の講座に「ターミナルケア―」があります。

「死に逝く人へのカウンセリング!」と言えば、重たく感じます。

「死」を如何に受け入れるか。

「死」をあるがまま受け入れる事により、やすらに逝ける。

言い換えれば

「悩み」をあるがまま受け入れる事により、安らかになる。

カウンセリングのテーマでもあります。

 

この講座時、受講生に問いかけます。

「あなたは告知派。それとも非告知派」?

大方の方は「告知派」と言われます。

でも「何故、告知をされたいのですか?」

と問いかければ、

「残された時間だから、有意義に使いたい。

今まで行けなかった旅行に行きたい。

心残りなく、美味しいものを食べたい。

やり残したことをやりたいから。

後悔したくないから。」と言われます。

何か、おかしい事に気付きませんか?

何故、

やり残した事、

やりたかった事、

後悔している事・・・・等々!を、

「死」というものを突き付けられなければ、

出来ない事なのでしょうか?

そこまで追い詰められなければ、行動に起こせない事ですか?

 

いまのあなたに出来ない事なのでしょうか?

 

人間て言うのは変な生物です。

今できる事、やりたい事を、先送りします。

「明日からやろう」と言って、先送りします。

明日になれば「又、明日から」と言って先送りします。

そして、何もしない。

言い訳だけをして。

何も変わりません。

何処かで、「時間は永遠に在る」と思っています。

明日死ぬか誰にも分からないのに、

やりたい事をやっていかないと、間に合わないのです。

明日の保証は誰にも無いのですから。

 

東進スクールの林進先生の言葉ではありませんが

「何時やるのですか?

        今でしょ!」

その通りです。

この言葉は「ゲシュタルト療法」

「今、ここに あるがまま 自分らしく生きる」

と同じテーマです。

今やらないと、「もったいない」です。

 

今に生きませんか!

 

ハス

 

カウンセリング:カウンセラー体験講座への申込みはこちらから!

 

所長のカウンセリングアドバイス:幸せの比較

yokoitomizou 2016年4月12日 by yokoitomizou

幸せの基準

幸せってなんでしょうね。

何をもって「しあわせ」と決めれるのでしょうね。

貴方にとって「幸せの基準」は?

 

お金がある事が幸せ

仕事がある事が幸せ

出世をする事が幸せ

友達居る事が幸せ

旅行が行ける事が幸せ

余裕がある事が幸せ

家族が居て居る事が幸せ

何不自由なく生きれる事が幸せ

悲しみ、不安、悩み、恨み、辛みが無い事が幸せ

今を生きている事が幸せ・・・・・・等々

 

そしてこの幸せの基準は何?

どれだけ有れば、幸せと思えるの?

逆に、どれだけ無ければ、不幸せ?

 

ここに上げた基準の多くは、

人との比較。

 

いくら今、幸せと思えていても、

人と比べると、いっきに消えてしまう。

これって「幸せ」?

幸せと思う為に、

人と比べて少しでも上に居れば幸せ。

相手が、少しでも上に居ると、不幸せ。

これって、本当に幸せなのでしょうか?

だから、人の不幸を探すのですね。

週刊誌、TVのワイドショーを観て、

不幸を観て喜び、

それより私は幸せ!と感じているのですかね!

人の不幸を探して、

自分の幸せを確認する!

これって、変ですよね。

結果、「不幸を探し、望んでいる」のですよね。

 

人と比較する事によって手に入る「幸せ」は、

淡雪の様なものですね。

相手によって、幸せが消えていくのですから。

 

周りの環境に左右されずに、

「今、私は幸せ」と、言える人が

本当の幸せを知っている人ですね。

 

IMG_2666

カウンセリング:カウンセラー体験講座への申込みはこちらから!

無料:学校紹介と悩み&恋愛カウンセリング 開催!

 

所長のカウンセリングアドバイス:図と地

yokoitomizou 2016年2月9日 by yokoitomizou

先週木曜日の夜、次女が「休み迄まだ2日間も在る!」と嘆いていました。

でも私は娘に対して「もう2日間しか無いやないか!」と言いました。

 

「図と地」

これは「ゲシュタルト療法」の講座の時に説明しています。

2010_0218_140000-rubin2008

この絵は何に見えますか?

「ルビンの杯」という隠し絵です。

白の世界を観ると「杯」、黒の世界を観ると「向き合った人の顔」

これが同時に観えるならば「神経症」ですよ。

「図と地」の解釈でいくと

黒を「地」と観れば形にならなくて、白の世界が「図」となる。逆も同じです。

もっと、分かりやすく伝えると

ジュースがコップ半分あります。

この状態を皆さんは、どの様に思いますか?

「ジュースが、もう半分しか無いから悲しい!」と、思うのか

「ジュースが、まだ半分有るから嬉しい!」と、思うのかによって、意味合いが変わりますね。

現実は同じなのに、捉え方一つで意味が変わり、気持ちが変わります。

低金利になり、100万円預けても利息が1年で10円(利息に掛かる税金を除けば8円です)だそうです。

10円しかないと嘆くのと、

10円も有るよ。0円よりイイじゃないか!と思うのと、どっちがいいですか?

面白いものです。

ゲシュタルト療法の面白い処です。

 

人は囚われの生物です。

ひとつの見方をすれば、中々違う見方が出来ないものです。

ひとつの現実を、「不幸せ」と思えば、不幸にしかなりません。

でも、その現実を「幸せ」と思えば、幸せなのです。

同じ、現実ならば「ポジティブ」に捉えませんか!

 

先程の次女の話です。

「休み迄まだ2日間も在る!」と、捉えるか、

それとも「もう2日間しか無いやないか!」と、捉えるか!

皆さんは、どちらを捉えますか!

 

当サロンでは、心理学を難しく学ぶのではなく、

このように、身近な事に結び付けて

日常生活に応用できるカウンセリングの勉強をして頂いています。

 

たんぽぽ

カウンセリング:カウンセラー体験講座への申込みはこちらから!

無料:学校紹介と悩み&恋愛カウンセリング 開催!

2015年 5リズム® ダンスカウンセリング:ライト&シャドウ スライドショー

cocorotkn 2015年11月14日 by cocorotkn

2015年 今年の

緊急来日5年ぶりのルシアによる

「国内ミニエサレン研修:5リズム® ダンスカウンセリング:ライト&シャドウ」

ダンスワークショップが終わりました。

その時の模様を、スライドショーとして「You Tube」アップをしました。

ダンスを開始して時の顔と、ワークをやり遂げた後の、清々しい顔を見比べてください。

 

2015年 5リズム®ダンスカウンセリング:ライト&シャドウ・スライドショー

 

IMG_2474

TKNブログ:ルシア・5リズム®ダンスワークショップを終えて

yokoitomizou 2015年11月12日 by yokoitomizou

5リズム®ダンスワークショップが盛況の中、終わりました。

ルシアの代理として2年間来日して、ワークを行なって貰って居ましたダヴィダが、

6年前起きた首損傷の裁判の関係で来日が出来なくなり、

その代理としてルシアが来日してのダンスワークになりました。

東日本大震災よる、福島第1原発事故で起きた放射能漏れの影響で

来日を中止していたルシアが、急遽「TKN心理サロン」の為だけにワークを行いに来てくれました。

一歩間違えば、ワーク開催が中止になる処を、救われました。

とてもラッキーな事です。

20年来の付き合いがここに生きてきました。やはり「継続は力」ですね。

 

「ライト&シャドウ」のワーク。とても興味深いワークでした。

5リズム®ダンス ライト&シャドウ

Lightそれは貴方が知っている貴方らしい表の顔。

でもそれは相手に嫌われたくない為に作られた顔。嘘を付いている私。

Shadowそれは、貴方の中に潜んでいる認めたくない嫌な私。

哀しく、苦しく、淋しくそして、その奥に閉じ込められた醜く、汚く、怒りに満ちた顔。

しかし、これが本当の気持ち、そして私。

5リズム®により、受け止められている安心の空間で、

Shadowの感情を聞き受け止める事を目指します。

LightとShadowのふたつが、本当の私。 光と影の統合

 

正しく、このテーマの通りでした。

光と影の統合

光と影が在って、「ひとつ」です。

どちらか片方が欠ければ、片方も存在できません。

光は、影があるからこそ、光として存在できます。

幸せも、不幸が在るからこそ、幸せを実感できるのです。

「表裏一体」「コインの原理」まさしく、「ゲシュタルト療法」です。

私が行っています「マスクセミナー」のテーマと同じ事が言えます。

 

今回のワークはルシアによる魅力的な誘導で、

ライトをシャドウを引き出し、統合し受け入れる事がスムーズに行きました。

流石です。

シャドウを踊るだけで、感情が湧き出してくる参加者も多数いました。

自分自身の「良い処も悪い処も、総てが私」と少しずつ、受け入れて行けたようです。

 

ワーク最後には、等身大の「私」を描きました。

そこには、その人自身の「ライト&シャドウ」が現れています。

部屋の壁に描いた絵を貼りだし、その中での「メディスン・ダンス」

みんな、素直な「私」を表現した、ダンスを踊っていました。

ルシアもダンスを観て、感動していました。

 

外部からは東京、熱海、香川、福岡、そしてカナダからも夫婦で参加して頂き、

何時もと違った関わり方が出来、より充実したワークになりました。

 

ルシアは、来年も来日してくれる事を約束してくれました。

ルシアのワールドツアーになるようです。

世界中の5リズム®とルシアの仲間が集う、大きなイベントになりそうです。

準備が大変ですが、それよりも、楽しみの方が大きいですね。

皆さんのお力添えをお願いします。

 

IMG_1570 IMG_1597 IMG_1603 IMG_1612 IMG_1619 IMG_2436 IMG_2460 IMG_2474 IMG_2489

 

 

TKNブログ:表裏一体

yokoitomizou 2015年10月20日 by yokoitomizou

基礎講座の中の一つに「森田療法」があります。

神経症の治療には打って付けで、

私も森田療法のテーマはとても好きです。

「症状を取り除くよりも

症状を持ったままでも、

生きて行ける強い人間を作る」

「肯定も否定もせず

あるがままの私を受け入れる」

 

どうしても私たちは「他人から診て良い処」だけを良しとします。

逆に「他人から診て悪い処」を悪いとします。

その結果、良い処だけの自分で生きて行こう。

その為には、悪い処を排除しようと、します。

 

それで良いのでしょうかね?

仮に悪い処を捨てて、良い処だけに出来たとしても、

やがて、その良い処の中から、「悪い処」が発生してきます。

いたちごっこです。

 

悪い処が在るからこそ、良い処が在るのです。

悪い処が無くなれば、良い処も無くなるのです。

「表裏一体」良い処と悪い処が在ってこそ、「ひとつ=私」なのです。

 

「神経質」と聴けば悪いイメージがあります。

でも、神経質が故に、細かい作業ができ、根気よくやり続けれます。

又、人のこころに対しても、きめ細やかです。

逆に「おおらかな人」と聴けば、良いイメージがあります。

でも、仕事は大雑把、雑です。

そして、人のこころの中に、ズケズケと入ってきます。

どちらが良いですかね!

 

総て、良い処と悪い処が在って「ひとつ」なのです。

 

無理して、「良い処」だけで生きようと思う事を、辞めませんか!

 

問題点に対して「ダメだし」して、自分を追い詰めても意味がありません。

苦しむだけです。苦しい間は何も出来ません。

特に「良い処」は他人から診ての私=他人に都合の良い私

「悪い処」も他人から診ての私=案外、本当の私

 

 

イチョウ_A02

カウンセリング:カウンセラー体験講座への申込みはこちらから!

無料:学校紹介と悩み&恋愛カウンセリング 開催!