とうとのひとり言:TKN心理サロンブログ

所長のカウンセリングアドバイス:エリクソンの発達心理学「チームワーク」

yokoitomizou 2020年11月23日 by yokoitomizou

エリクソンの発達心理学の8段階の成長の中に「生産性」が有ります。

ちょうど「小学生」の時期に当たります。

この時期まではみんな、どんぐりの背比べです。

男の子、女の子の区別もありません。

みんな一緒なのです。

でも、ここからは違います。

「個;自我」が形成されていきます。

私とあなたは違うのだと。

1年生はまだまだ未熟です。

ひとりでは何も出来ません。

6年生がフォローをして成長します。

これを順繰りにしていきます。

先輩が後輩の面倒見て、一人前にするのと同じ事をします。

先輩後輩との上下関係を学び

対人関係を修得します。

また、個人が成果を上げることには限界があります。

みんなが助け合い、協力する事により

より大きな成果を上げることを体験します。

個人の喜びから、グループの喜びに価値観が変わります。

クラス対抗競争などで成果を上げることにより

クラスでの大きな喜びを感じます。

このときに必要なのが「チームプレー」です。

ひとつの大きな目的のために

みんなが分業をし、各自の能力を出し合い

助け合いながら、クラスで勝ち取る喜びを実感します。

クラスみんなが力を合わせて手に入れた喜びの方が

個人の喜びより、大きなものになります。

「ミニ社会」です。

将来、社会に出て行ったときに

この経験が、大きな力になります。

この基礎になるのが

友達との遊びや、クラスやクラブ活動などのグループ活動により

育まれます。

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング

所長のカウンセリングアドバイス:フロイト心理学「無意識の意識化」

yokoitomizou 2020年11月16日 by yokoitomizou

フロイト心理学に「無意識の意識化」があります。

私たちのこころは

自分で自分のことを知っている「意識(顕在意識)」と

自分で自分のことを気付いていない「無意識(潜在意識)」に分かれます。

でも、自分自身を意識できているのは、ほんの僅かで

自分で自分のことを知らないことが大多数を占めています。

氷山と一緒です。

海面に出ている氷は僅かです。

海面の下にある氷山の方が遙かに大きく

あの、タイタニックでさえもぶつかって沈んでしまうのです。

普段、私たちは意識された「私」で日常生活を送っています。

もし、対人関係でトラブルが起きても

知っている私が起こした問題ですから

原因が分かっていますので、問題解決が出来ます。

でも、「無意識の私」がトラブルを起こしたときはやっかいです。

「知らない私」がトラブルを起こしたのですから

問題点に気付いていません。

問題点に気付いていなければ、原因が分かりません。

原因が分からないと、トラブルの解決が出来ませんから

対人関係が悪化するのです。

朝、いつも通りに「おはよう」言えば

「うるさい」を怒られ!

いつも通り仕事を熟しているのに

「叱責される」のは、これが原因なのです。

お互い様ですが。

フロイトは「知らない自分が問題を起こすのだけら

無意識の自分を知れば、後は時分の意識でコントロールが出来る」と訴えたのです。

知らない自分を知るのは難しいです。

それ故に、カウンセラーが

クライエントの鏡になり、気付いてもらうのです。

カウンセリングです。

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング

 

所長のカウンセリングアドバイス:カウンセリング「罪を憎んで人は憎まず」

yokoitomizou 2020年11月9日 by yokoitomizou

「罪を憎んで人を憎まず」

犯した罪は憎むべきだが、

その人が罪を犯すまでには事情もあったのだろうから、

罪を犯した人そのものまで憎んではいけないという教えです。

カウンセリングの場面でも同じ事が言えます。

クライエントは、諸事情でいろいろな問題が起き

悩み苦しんでいます。被害者です。

でも、よくよく話を聴いていると、

クライエントの「身から出た錆」の場合もあります。

例えば、クライエントが浮気をして

その結果、家庭が破綻した。

奥さんからは拒絶され、

子供たちからも相手にされず

その上、浮気相手も去って行った。

「私はひとりで淋しい。辛い。苦しい。」と訴えます。

クライエントは、本当に苦しんでいますが

問題を起こしたのは、クライエント本人なのです。

クライエントが家庭を破綻させ、

家族を苦しめている、加害者なのです。

それなのに、被害者顔をします。

虫が好すぎますが、

ここは「罪を憎んで人を憎まず」です。

何も好きこのんで、家庭を破綻さしてまで

浮気をしたわけでもありません。

こころの中の「欠損」が起こしたのです。

生育歴の中に組み込まれた「愛情欠乏症」が起こしたのです。

愛情の修復方を間違ったのです。

本来は、夫婦の中で「愛情の再構築」を行なうべきだったのに

浮気という、自分にとって都合の良い方法で埋めようとしたのです。

違う角度から見ると、

幼い時に、両親から愛情を充分に貰えなかった

(但し、子供本位ですよ!)

被害者ではあるのです。

会社では、

みんなが、私を仲間外れにして、無視をする。

私には居場所がない。

みんなが私に辛くあたる。

苦しい。淋しい。辛い。

毎日針のむしろです。と訴えるクライエントも

自己中に振る舞い

周りの人に迷惑を掛け、

気がつけば、誰もそばに居ない状況に

追い込んでいることに気づいていない場合も同じです。

誰もが、嫌われて生きたくありません。

仲良く楽しく暮らしたいのです。

でも、幼いときの環境が、

クライエントを創り上げたのです。

カウンセラーは、この原因を見つけ

カウンセリングを行ないます。

今、咲いている「悩みの花」に囚われることなく

「悩みの花」を咲かしている「根っこ」見つけ

処理することを目指します。

「罪を憎んで人を憎まず」です。

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング

所長のカウンセリングアドバイス:親は子に依存をしている

yokoitomizou 2020年11月2日 by yokoitomizou

親子関係は難しいです。

子供を成長させ自律して自己責任を取れるように育てています。

その期間に、子供は親に依存をします。

充分に守られた安心の空間で

親に見守られながら成長をします。

そのために、親は子供に「愛情」を惜しみなく注ぎます。

子供が親に資本的信頼を獲得しているからこそ、

安心して「依存」が出来ます。

充分に依存が出来たからこそ

親から安心して「自律」出来ます。

親から離れるときに起きる「分離不安」も

信頼関係を強化します。

依存は子供が自律するために必要なことです。

結果、子供が親になるときには

子供に愛情を注ぐ事が出来ます。

しかし、充分に依存が出来ずに親離れをしてしまうと

今度は、自分の子供に「依存」をします。

自分の価値観、思いで子供を育てます。

時には、自分の果たせなかった夢を子供に託す親。

自分の思い描いた世界を、子供に託します。

精神的な「デザイナーベイビー」です。

親にとって、子供は作品です。

その作品に欠陥が有ってはいけません。

まして、その作品にケチを付けられては怒ります。

「モンスターペアレント」です。

子供を、自分の思い通りに育てたい。

他にも、夫婦仲の関係が悪化している場合

子供を利用して

子供が居るから我慢をしているとか

子供に関わり、

愛情を注ぐことにより

親で有ることを確認して

夫婦関係の問題点に直視せず

夫婦の関係を誤魔化して

夫婦関係が維持しているように見せかけていたりしています。

つまり、親は子供に依存をしているのです。

自分を必要とされるように依存をしているのです。

子供に「共依存」している状態です。

但し、

多かれ少なかれ、何処の親にも有りますが

普通の親は、子供の幸せを願っていますので、

ここまでは行きませんが、

愛情欠乏症の親は、この傾向に有ります。

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング

所長のカウンセリングアドバイス:神経症『石橋を叩いて渡る』

yokoitomizou 2020年10月26日 by yokoitomizou

「石橋を叩いて渡る」

どんなに安全そうなことでも十分に確認してから行動することのたとえですね。

人生にも言えます。

夢に向かって進んでいくと

はやる思いから、ついつい急ぎ勝ちになり

落とし穴にも気付かず、進んでしまい

痛い失敗をすることが、往々にして有りがちです。

物事をしっかりと見極め、慎重に進むことが大切です。

失敗や挫折をしないために。

ただ、神経症の方々は

慎重すぎて、石橋をたたいて安全と分かっても

渡らない方が居られます。

石橋を叩きまくって、石橋を壊す方も居られます。

「そら、危なかったでしょ」

「今、叩いて石橋は崩れ無かったけれど

叩いたときが最後で、次叩いたときには崩れるのでは?

叩いたことにより、表面は見えないが中にひびが入ったのでは?

渡りだしたら、石橋が落ちるのではないか?」などと、

悪い想像をし、渡らない言い訳をします。

勿体ないです。

石橋は、渡るためにあるのです。

橋を渡った向こう側に「夢」が有るのです。

渡らない限り、夢は叶いません。

石橋は木の橋より丈夫です。

だから石橋です。

石橋に「ひび」が入っていても良いじゃないですか!

走って渡ってしまえば。

走って渡れば良いじゃないですか!

たとえ渡った後、石橋が落ちても構わないじゃないですか!

渡りきったのですから。

戻るための石橋も無くなったのですから

戻ることが出来ません。

前に進めば良いのです。

慎重に越したことはありません。

でも、慎重しすぎるのも困ったものです。

ケースバイケース

臨機応変に生きましょう。

 

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング

所長のカウンセリングアドバイス:人生共同体

yokoitomizou 2020年10月19日 by yokoitomizou

人生共同体って書けば、重たく感じますが

私たちは「共生の動物」です。

ひとりでは決して生きていけません。

人と触れ合うからこそ生きていけます。

触れ合うからこそ、存在感を確認し心の安定を図ります。

私たちは、助け合って、触れ合ってこそ生きていけるのです。

スキンシップは心の安定を図ります。

産まれた子供は「ひとり」ですが

母親と触れ合うことにより、信頼関係の基礎が育まれ

自分以外の人と触れ合うことが出来ます。

やがて、家族、親戚、近所、保育園、幼稚園、学校と

どんどん触れ合って、対人関係の関わり方を学びます。

そして、学校生活の中で

個人中心主義から、集団中心主義つまり

個人の利益から、グループの利益、成果に価値観が変わってきます。

クラブ活動に於いて

先輩後輩の上下関係を通じて

人間関係性を学び

勝つことの喜び

負ける事への悔しさを知り、

クラスでチームワークを学び

個人の成果、達成感より

グループによる大きな成果に喜びが生まれ

達成感もてきます。

個人では、達成できないことでも

グループでやれば、大きな事が達成できる。

チームワークの大切さを修得します。

これは「ミニ社会」ですね。

社会人となった時に必要となります。

社会(企業)では、大きなプロジェクトの成果が要求されます。

個人で能力ではとても出来ないことでも

チームワークで分業制などを活かして

協力し合い、能力を引き出し合いながら

大きなプロジェクトの成果を出します。

新入社員ではできませんが、

学生生活で修得したグループ行動が

ベースにあれば、経験を積みながら

社会に順応出来ます。

学生時代の、失敗経験、

失敗から学び成功に導く成功体験

仲間たちと協力、助け合いながらをしながら

テーマを達成する力を養っています。

クラス対抗競技、クラブ活動の経験が

このベースになります。

 

 

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング

 

所長のカウンセリングアドバイス:箱庭療法「風が吹けば桶屋が儲かる」

yokoitomizou 2020年10月12日 by yokoitomizou

「風が吹けば、桶屋が儲かる」

昔から諺として伝わっていますが

何故、そうなるのとのそうなるのとのという疑問がありました。

  • 突風で砂ぼこりが立ち
  • 砂ぼこりが目に入り、視力を失う人が増える
  • 三味線を買う人が増える(※江戸時代では、三味線弾きは視覚障がい者の代表的な職業でした)
  • 三味線の皮の材料として猫の皮が必要になり、猫が捕獲される(昔は)
  • 猫が減るとねずみが増える
  • ねずみが増えて、かじられる穴の空く桶が増える
  • 桶の修繕や買い換え需要が増え、桶屋が儲かる

関連性ですね。

一つ一つでは、意味を持ちません。

でも、一つ一つの持つ意味が繋がれば

答えが出てきます。

箱庭療法でも言えることです。

ピース(おもちゃ)自体では

あまり意味をなさなかったりしますが

ピースとピースの関連性により

大きな意味をなすことがあります。

箱庭の中の主人公(中心ピース)に意識が奪われがちです。

だって、問題のテーマですから。

テーマのピースに拘りすぎて

クライエントの心の叫び聴こえなくなっていることがあります。

周りのピースがいろいろな関わりをして

クライエントも気づかない

大きなテーマを関連付けていることが多々あります。

ピースピースが絡んでいき

思わぬ叫びを引き出してくれることがあります。

カウンセリングに於いてもよくあります。

クライエントの主訴に拘っていると

大きな落とし穴に引っかかる事があります。

クライエントは今起きている問題に意識が言っています。

この問題さえ解決すれば、

私は楽になれると思い込んでいますから、

自分が置かれている環境が見えなくなります。

その悩みに至る、経緯があるはずです。

急に、悩みが発生して訳ではありません。

悩みが発生した関連性を見つけ出さなければなりません。

クライエントの何気ない言葉の中に

「キーワード」が隠されています。

このキーワードを見つけ出す事が大切です。

クライエントの話に振り回されないように

クライエントの話をいかに繋ぐかが大切です。

「関連性」をしっかりと見極める!

 

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング

 

 

所長のカウンセリングアドバイス:思い込み「幽霊の正体見たり枯れ尾花」

yokoitomizou 2020年10月5日 by yokoitomizou

「幽霊の正体見たり枯れ尾花」という諺があります。

「尾花」はススキの穂のことで、幽霊だと思って恐れていたものが、

よく見たら枯れたススキの穂だったという意味から。

疑心暗鬼で物事を見ると、悪いほうに想像が膨らんで、

ありもしないことに恐れるようになるということを言っています。

思い込みですね。

思い込みにより、すべての物事がそのことに捉えてしまう。

真実は別にあるのに、思い込みにより他のことに気づけない。

私たちが、陥りがちな事柄です。

過去の経験から修得し、頭の中に記憶として定着し

何か似たことが起きれば、経験による記憶を結びつけ

決めつけてしまうものです。

事実を確認せずに判断を下してしまいます。

失敗経験が多いときにも起きます。

過去の失敗から、もう二度と失敗をしたくないとの思いから

現実の行動パターンまで失敗に導いたりします。

時には、チャレンジをしなくなります。

まだ、失敗もしていないのに

思い込みから、判断を下してしまいます。

無意識の行動です。

カウンセリングの中でも

起こりやすい現象でもあります。

カウンセリングを経験していくに

悩みの中に、ある一定のパターンが見えてくるようになります。

その結果、

クライエントの悩みを聴いていくうちに

いろいろな悩みの訴えから

問題点が浮かび上がり、

似たような症例と結びつけ

何でもかんでも

悩みの問題、解決策として結論づけてしまうことがあります。

危険な行為です。

これも思い込みから来る囚われです。

 

カウンセリングは、常にニュートラルの状態で

行なわなければなりません。

経験を活かした、思い込みからカウンセリングは

本当の悩みの叫びを。聴き落としてしまいます。

常に、純粋にクライエントに向き合わなければなりません。

 

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング

 

 

所長のカウンセリングアドバイス:実るほど頭を垂れる稲穂かな

yokoitomizou 2020年9月28日 by yokoitomizou

「実るほど頭(こうべ)を垂れる稲穂かな」

稲が成長すると実を付け、

その重みで実(頭)の部分が垂れ下がってくることから、

立派に成長した人間、

つまり人格者ほど頭の低い謙虚な姿勢である

という事を意味することわざです。

人は偉くなると、

逆に反り返って周りが見えなくなる人が居られます。

本当の自分を知っている人は、

謙虚な姿勢で相手に向き合える事が出来ます。

自分自身に自信を持っている証です。

素敵ですね。

カウンセリング的にこの諺を読んでみると

違った解釈も出来ますよ。

「稲穂と麦穂」の違いです。

麦穂を私たち人間に置き換えてみます。

麦穂は、凜として立っています。

どんな風が来ても、倒れることはありません。

力強いです。

しかし限界があります。

限界を風を受ければ、ボッキと折れてしまい

二度と立ち上がることは出来ません。

人間に置き換えれば

力強く立派な人は

外圧が来ても、立ち向かい

跳ね返します。

凜と立っています。

たくましい姿です。

誰からも頼りにされる人です。

でも、限界点が過ぎれば

ボッキと折れてしまい

二度と立ち上がることが出来なくなります。

バーンアウトシンドローム:燃え症候群

つまり「うつ病」です。

 

稲穂を私たち人間に置き換えてみます。

稲穂はどんな風が吹いても

風に逆らうこと無く

頭を垂れるが如く

柔軟にしなります。

やがて、風が治まれば

元の状態、姿に戻れます。

人間に置き換えれば

どんな外圧が来ても、

外圧に逆らうのでは無く、外圧をいなし

外圧が治まるのを待ち、

治まれば元の状態、姿に戻ることが出来ます。

心の健康体ですね。

自分の力量を知ることは

心の健康に繋がります。

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング

 

 

 

 

所長のカウンセリングアドバイス:2020ーマンダラアート・ワークショップ

yokoitomizou 2020年9月24日 by yokoitomizou

今年の「マンダラアート・ワークショップ」が無事に終わりました。

今回は、受講生の中から湧き上がったワークショップでしたので

自主的なワークとなりました。

自らが「ペルソナマンダラ」に向き合い

自らが「シャドーマンダラ」を受け入れ

自らが「トゥルーマンダラ」に挑みました。

各自のテーマいろいろな場面で顔を出します。

時には、戸惑い

時には、苦しみ

時には、悲しみ

時には、怒り

時には、微笑み

いろいろな環状が湧き出して

それをマンダラに描きました。

その結果、今の私の「マンダラ」が現れました。

そして、今なマンダラはこの時点で「過去のマンダラ」になります。

新たなマンダラに挑むことになります。

3回目のマンダラアート・ワークショップを行なうときには

新たなる企画でマンダラに挑んでもらいます。

 

 

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング