Luciaワークショップ

5リズム®:ダンスカウンセリング・ハートビート   by ルシア

cocorotkn 2016年8月25日 by cocorotkn

5リズム®:ダンスカウンセリング・ハートビートを開催いします。

本来は、アメリカ・エサレン研究所等でしか、受ける事が出来ない

5リズム®ダンスワークを、今年も開催致します。

今年も5リズム®ティーチャーはルシア・ローズ・ホラン女史を招き開催します。

私の20年来のの友人です。

 

今年のテーマは「ハートビート」です。

 

5リズム®ダンス・カウンセリング:ハートビート

     ルシア・ローズ・ホラン ワークショップ

 

ハートビート:感情の波

感情を波の如く、ダンスに表現し吐き出しているように!

ルシアが「ハートビート:感情の波」について語りました。

 フローイング:恐れ→私たちを守る→動かしてくれる

 スターカット:怒り→リーリース→手離し

 カオス   :悲しみ→エンプティ→空っぽに

 リリカル  :喜び→自由

 スティルネス:自愛→繋いでくれる

恐怖が怒りを起こし、そして悲しみが襲う。

その悲しみを解き放した時、喜びが湧き、自分を取り戻せる。

それにより自分を愛する事ができるようになり、他を愛する事ができる。

これを、5Rhythmsで体感し表現しダンスを踊る。

ダンスにより、色々な感情を表現し自分を自由にするダンス。

初めは堅くぎこちない生徒たちのダンスが、

ダンスを重ねるうちに滑らかに動き始めました。

 

リズムリズムとは:

ゲシュタルト療法の創始者:フレデリック・パールズに師事し、

ガブリエル・ロスが考案した「動く瞑想」とも言われる、

ダンスカウンセリング(セラピー)です。

私達は、「喜怒哀楽」の感情を吐き出す事を悪く考え、

呑み込んで身体の中に

「緊張:ブロッキング」と言う形で、溜めこんでいます。

フローイング、スタッカート、カオス、リリカル、スティルネスの

5つ違ったダンスリズム(波動)でフリーダンスを踊る事により

ブロッキングを緩め、心・感情の解放を目指します。

5つリズムを踊り終えた後、身体も心も解放され、

「本当の貴方」と出会う事が出来る。

正しく「動く瞑想」です。

ルシアは、ガブリエル・ロスの義娘であり、後継者の1人でもあります。

 

9/1718(土・日)900am500pm

会場:なら100年会館:小ホール(JR奈良駅前)

ワーク費:TKN受講生:45,000円(税込)

             (前回までのワーク受講者、又は紹介者も含む)

            外部:55,000円(税込)

        全心連会員:50,000円(税込)

1Day参加者は9/17(土)のみとします。

          費用は30,000円(税込)

 

参加条件:

5リズムに興味をお持ちの方。

「ありのままの私」に戻りたい方。

感情を吐き出したい方。

「本当の自分」に出会いたい方。

経験者、未経験者を問いません。

毎回、遠方より参加者が居られます。

 

『TKN心理サロンとしては、「5リズム®」を純粋にワークを行い、

ワークの中で「今、ここにあるがまま 自分らしく生きる」事を目指しす「ゲシュタルト・カウンセリング」を行います。

カウンセリングと言う大きな枠の中で「5リズム®」を「心の叫び」聴く方法として捉え

「ダンス・カウンセリング」を行います。

ただし、あくまでも「TKN心理サロン」としての捉え方です。

「5リズム®」の理念ではありません。』

 

参加を希望される方は、メール又はお電話で、ご連絡をお願いします。

申し込み書等を、お送り致します。

2016-ルシア・ワーク

 

「5リズム®とは?受けるとどうなるの?」の疑問にお答えします。

cocorotkn 2016年7月2日 by cocorotkn

踊る瞑想、5リズムとは

私達は対人関係に於いて、

小さい時に刷り込まれた感情に、社会生活の中で強化をし、

「記憶のゴミ」として溜め込んでいます。

それらが滞った場所では痛みになったり、姿勢に現れたりし、

本来の「ありのままの私」ではいられない、

苦悩、鬱などを埋め込んだ「窮屈なカラダ」になっています。

5リズムでは、ダンスという手法を使い、

まず体からアプローチすることで、それらの記憶を緩めて行きます。

ゲシュタルト療法に裏付けられた方法では「ウエイブ」の考えにのっとり、

ダンスを踊りながら、それらを向かい合い、認めていくことで、

次のステップへと流れを変ていきます。

5リズムを続けるということは、

頭で考えていても始まらないことを「今ここ」を感じながら「行動に移す」という、

自立型の心理学的な練習だと思っています。

本当は、やればやるほど深いのですが、

それは机上で説明しても何の意味もなさないので、

実際に体に落とし込んで体験して行っていただこうと思います。

 

ウエイブのマップ   ハートビート(感情のマップ)

 

フローイング     女性性 受け取る      恐怖

スタカート       男性性 表現する      怒り

カオス         統合  もがき吐き出す   悲しみ

リリカル        変容  軽くなる      喜び

スティルネス     静寂  完了        慈愛

私が5リズムにはまったきっかけ

 

5リズムを受けてのレポートです。

2009年のこと。

「通訳さんが急遽エサレンに来られなくなったので、

ダンス、音楽、演劇、ヨガがわかって、英語のできる人はいませんか?」

というメールがカリフォルニア中の日本人に回ってきました。

「英語以外ならわかる」と言う返事を出した時は、

あともう一週間しかないので、すぐに来てくれ、との返事をもらい、参加したのが、

ルシアとエレンの5リズムであり、その時初めてTKNの皆さんとお会いしました。

当時の私は、

脳出血による左半身付随の後遺症からそんなには回復しておらず、

自分が踊るなど、思ってもみなかったのですが

「通訳も踊りなさい」と言われ、

度重なる反抗をしたにもかかわらず

「ガンの人も、車椅子の人も踊るから大丈夫。

自分を信じて、自分のできる範囲で踊ればいい。

皆、ここは自分の問題のためにワークに来ているのだから、

踊らない人は通訳といえども、この部屋には入れない」

と言われ、渋々踊り始めたのですが、

「自分を信じて足を一歩出す」ということをした当時ハンディキャップだった私は、

脳出血後10年、初めて「ターン」が出来たのです。

その時、床にぶっ倒れましたが、

「踊りなど二度とすることもないし、未練もない」と思っていた私が、

ターンが出来たことに感動し、涙と鼻水でぐちゅぐちゅになりながら、

通訳もどきをやらせてもらいました。

そして、TKNのメンバーさんを見ていると、

動きが変わってくるごとに心が開いて、

一緒に笑ったり泣いたりしているうちに、

これはすごいメソッドだと実感し、

即座にルシアの元へ行き

「どうしたら先生になれるのか」

たった1日経験しただけで聞いている自分がいました。

痛いこと、辛いことは、それらを心や体の奥底にしまっていますが、

それをもう一度緩めて、

出してきて、それと向かい合い、

受け入れることでしか、次のステップに進めないんじゃないかと思います。

頭で考えることではない。

だから、私は5リズムを、自分の人生の練習として、

50を過ぎた今も、週に3回、やり続けているのです。

 

此れが、5リズム®を受けた方の生の感想です。

TKNでは、身体の回復は元より

「こころの修復」を目指し、カウンセリングとしての捉え方をしています。

「理論より体験」です。

実際に、体験する事により得る事の出来るものは

何より素晴らしいものになります。

「老若男女」「ダンスの上手い下手」「恥ずかしい」

「身体が不自由だから」何かは、関係ありません。

90歳過ぎの方も、車椅子の方も参加されています。

一歩踏み出す勇気です。

 

2016-ルシア・ワーク

2016年 第19回海外研修:マウイ・ルメリア研修を終えて:

yokoitomizou 2016年6月2日 by yokoitomizou

 

創立20周年を記念して、

エサレンやホリホック以外の施設で研修を行いました。

5リズム®ティーチャー:ルシアの招きで、

ハワイ・マウイ島ルメリアでの研修です。

エサレンやホリホックとは一味違った、

静寂の世界は得難いものです。

ワーク最大のヤマ場に達した時、

疲れもピークに達し、理性も緩み 、

今まで自分の事をコントロールできた事が 出来なくなって来ます。

こころの声が聴え出して来ているからです。

本当の私、「よい処、悪い処。ダメな私。素敵な私」が顔を出してきます。

時には恐怖からこころの私の叫びを聴きたくないと、思う事も有ります。

でもそれは総て私。「良い処と悪い処」が在って私なのです。

表裏一体:コインの原理です。表は良くて、裏は悪い。

でも、裏があるからこそ、表が存在できます。

逆に言えば裏が存在しなければ、表も存在できません。

悩みは問題点を気付かしてくれるサインです。

気付きが無ければ、変革はありません。

でも、問題点を出す事は恐怖です。

嫌われるからです。ワーク中はこの恐れはありません。

ワーク仲間が「ありのままの私」を受け止めてくれているからです。

「良い処も悪い処も含めて貴方だからね」この安心感があるからこそ、

「ありのままの私」を受け止める事が出来るのです。

 

「小さな戦士」自分らしく生きる為に戦います。

恐怖に逃げずに 今を自分らしく生きる。

その恐怖は過去の事。縛られる必要はありません。

今を生きる。今回のワークテーマです。

悲しみから湧いてくる恐怖!

この恐怖を受け入れ 乗り越える勇気を

ワークを通じて掴み取って 欲しいとねがっていました。

こころの中の「センター≒体幹≒コア」を持って居れば、

どんな試練に襲われようが必ず、元の私に戻れます。

稲穂の如く揺れても、外圧が収まればセンターに戻ります。

ワーク中、生徒達に課題を出しました。

ひとりで、自分の声を聴いてごらん!

「小さな戦士」が叫んでいるよ!私と共に、自由になろうって。

一人ひとりになり、 ルメリアの中を旅する。

内なる「小さな戦士」が 帰還します。

 

今年は、初めて「バディ制」を取りました。

海外研修経験者が、初参加のメンバーとチームを組み、

共に助け合い成長を目指します。

今までは、どうしても「受動的」な研修になり、

気付きが促されても変革には中々、

結びつき難い処がありました。

「バディ制」を取る事により、

「能動的」にパートナーに関わり、

そして自分自身を還り観て、

共に成長をする事を目指しました。

時には参加者全員が、意見を出し合い計画をし、実行にうつす。

助け合いながら、やり遂げた達成感を味わう。

「小さな戦士」が成長しました。

 

 

2016年9月17・18日(土・日)に、ルシアを招聘して

奈良100年会館・小ホール・5リズム:ハートビートを開催します。

2017年6月4日~9日に、

アメリカ・エサレン研究所於いて、ルシアによる5リズム研修を行います。

 

 

IMG_3138 IMG_3076 IMG_2946 IMG_2894 IMG_2878 IMG_2868 IMG_2737

 

 

2016年 第19回海外研修 5リズム®ハワイ・マウイ島研修

cocorotkn 2016年1月14日 by cocorotkn

2016年の海外研修が決まりました。

今年は、再びエサレン研修から離れ、新しい環境での海外研修に挑みます。

今回は、ハワイ・マウイ島「LUMERIA:ルメリア」のリトリートにて、

ルシアの5リズム®ダンスワークショップに参加します。

テーマは「小さな戦士」です。

 

温暖な気候の自然の中で、ムーブメントを楽しんで頂きます。

円安や滞在地ワーク参加費用等の為に、料金が高くなりますので、

色々なプランで、参加して頂ける様に致しました。

参加を希望される方は、ご連絡をください。

※外部者の方も参加が出来ます。

※ワークを受けたいが、英語が分からなくて参加を迷われている方も、安心して頂けます。

 通訳は日本人ティーチャーのMasayoさんが行なって頂けます。

 ワークへの申し込みも、私どもで代行して申し込みをいたします。

 

2/27(土)には、TKN心理サロンで、予約申し込み会も開催いします。

 

5リズム 小さな戦士 ルシア・ホラン 2016年 5月22日~29日(ワーク期間は5/22~27)

もし、私たちが恐怖に対して勇気を持って面と向かえるとしたら、自分の弱さを知る事や、弱さそのものは、逆に最大の強みの一つになる
事でしょう。自分のどこが強い所で、どこが無防備で弱い所なのかを探り、どこを強化する必要があるのかを探し当て、その部分を強くす
る練習をしながら、私たちを守って生き伸びるために今まで守ってくれた、自分の中の「小さな戦士」に光を当てていきます。
あなたの中にある勇敢な「小さな戦士」は、本当のあなたという宝物を、表面に出す役割をします。

5リズムとは動く瞑想の練習です。体からのアプローチで、体を動かすことによって、心と 思考を流れるように緩やかにしていきます。
5つのリズム【フローイング、スタッカート、カオス、リリカル、スティルネス】は、日常の生活の中にもいたる局面に出現しており、5リ
ズムの練習の中では、それらを実生活に照らし合わせ、人生の比喩として、ダンスフロアで自分の問題と向き合う事により、誰かになおして
もらうのではなく自分の足で立ち、本当の自分に気づいてゆく自分づくりをします。いわば、究極の「自立型ヒーリング」です。

5リズムでは、創始者ガブリエルロスが作ったウエイブと呼ばれるレベルのマップ(5リズムの道しるべのようなもの)を学ぶ事により、
世の中の有機的な秩序を理解し、さらにハートビートのレベルのマップを使って深く深く自分を探りながら、ハートの領域である感情を掘り
下げていきます。 マップにのっとりダンスという手法を使い、過去の様々な問題点や苦しみなどを、アートとヒーリングに昇華、変容させ
ていきます。
今回は特に、ウエイブとハートビート、二つのレベルにまたがって、これらのシステムを理解し、自他をより深く理解する為のワークをして
いきます。このワークショップで自分の可能性を広げるだけではなく、愛する人たちを理解するのにも役立てる事でしょう。

【ルシア・ホラン】
ルシア・ホランはカリフォルニア州ビッグサーのエサレン研究所にて、5リズムの家族の申し子として生まれました。5リズムの創始者である
ガブリエルロスと共に生まれた時からダンスをしてきました。1998年に5リズム認定講師となり、以来、国際的に活躍する5リズムの先生
として、また5リズム・グローバルの講師として活躍しています。現在は、マウイ在住。
このワークショップに参加するにあたって、5リズムやダンスの経験は不要です。
このワークショップは5リズムのティーチャーズトレーニングに必要な時間としてカウントされます。

 

期 間 :  2016年5月22日(日)~5月30日(月)9日間 (ホノルル2泊)

費 用 :  参加者10名の場合:570,000円 大阪発着 (外部参加者も同じ料金)   

            ※サーチャージ料及び、空港利用税、航空保険等は別途必要です。

Masayoさんの通訳付き

プラン① 7日間研修(ホノルル滞在なし)50万円

プラン② 7日間研修(現地集合・解散) 38万円(5/22~5/28)

プラン③ 9日間研修(ホノルル滞在)  46万円(航空チケット各自手配)

外部参加者:プラン① 7日間研修(現地集合・解散) 43万円

プラン② 9日間研修(ホノルル滞在)  51万円

※マウイ島現地集合・解散の方は、私共のマウイ島着合わせて、航空券を手配してください。

※マウイ:ルメリアのワーク中の食事は付いています。

※ルメリア:www.lumeriamaui

申し込み先:TKN心理サロン

℡ 06-6777-2518  Mail:tkn@cocorotkn.com

URL http://cocorotkn.com (TKNで検索)

〒556-0016 大阪市浪速区元町1-2-17 エスペラントビル4F

 

2016-マウイ

 

2015年 5リズム® ダンスカウンセリング:ライト&シャドウ スライドショー

cocorotkn 2015年11月14日 by cocorotkn

2015年 今年の

緊急来日5年ぶりのルシアによる

「国内ミニエサレン研修:5リズム® ダンスカウンセリング:ライト&シャドウ」

ダンスワークショップが終わりました。

その時の模様を、スライドショーとして「You Tube」アップをしました。

ダンスを開始して時の顔と、ワークをやり遂げた後の、清々しい顔を見比べてください。

 

2015年 5リズム®ダンスカウンセリング:ライト&シャドウ・スライドショー

 

IMG_2474

2011年 Lucia ワークショップ(6/11、12)

cocorotkn 2011年3月1日 by cocorotkn

2011年の「Luciaワークショップ」が決定しました。
HP用縮小版.jpg
 今年のタイトルは
「5Rhythms®Heartbeat Lucia Rose Horan ワークショップ」です。
昨年の「Waves:A 5Rhythms」、エサレン研修「5Rhythms」のステップ・アップ
と、続くワークショップです。
そして、今年10月30日より行われる「エサレン研修」に繋がっていきます。
  5Rhythms®Heartbeat
         Lucia Rose Horan ワークショップ

    ハートビート:感情の波
    感情を波の如く、ダンスに表現し吐き出しているように!
     Luciaが「ハートビート:感情の波」について語りました。
         フローイング:恐れ→私たちを守る→動かしてくれる
         スターカット:怒り→リーリース→手離し
         カオス   :悲しみ→エンプティ→空っぽに
         リリカル  :喜び→自由
         スティルネス:慈愛→繋いでくれる
  恐怖が怒りを起こし、そして悲しみが襲う。
  その悲しみを解き放した時、喜びが湧き、自分を取り戻せる。
  それにより自分を愛する事ができるようになり、他を愛する事ができる。
  これを、5Rhythmsで体感し表現しダンスを踊る。
  ダンスにより、色々な感情を表現し自分を自由にするダンス。
  初めは堅くぎこちない生徒たちのダンスが、
  ダンスを重ねるうちに滑らかに動き始めました。
  2011年6月11日(土)・12日(日)開催
  
  費用:45,000円(申込受付中)
  会場:ザ・ゴールデンパレス大阪
  主催:日本マイクロカウンセリング協会
      TKN心理サロン
 参加を希望される方、
 詳細をお知りになりたい方は
 
 お問い合わせください。

Luciaワークショップ:湯河原

cocorotkn 2010年8月24日 by cocorotkn

 Luciaから連絡が入りました。
Luciaが10月に日本に来てワークショップを行います。
興味がある方は、参加してください。
 ※但し、このワークショップは「TKN心理サロン」の主催ではありません。参加を希望される方は方は、直接申し込みをしてください。
2010.5rhythms.10.01.pdf
2010.5rhythms.10.02.pdf

A 5Rhythms Workshop  Luciaワークショップ

cocorotkn 2010年6月18日 by cocorotkn

 Luciaのワークショップが、大成功の内に終了しました。
 
今回は、私の予期せぬ手術のお陰で開催自体が危ぶまれたのですが、

スタッフやみんなの力添えで、

無事開催する事が出来ました。
  

感謝しています!

P1010162.JPG

今回の5リズムのワークはEllenにより少し紹介されていたのですが、

今回は本格的なワークになり、

次のステップアップのためのワークでもありました。

Ellenが伝えてくれた5リズムのダンスの本当の意味が分かりました。

そしてダンスも!

「flowiing」 (流れ)を通して、女性的な柔らかさ・優しさを表し、

「staccato」(スタッカート)を通し、男性的な強さを表し、

「chaos」(混乱)で、女性的な柔らかさと男性的な強さを結合させます。

「lyrical」(詩的)で発展させていきます。その後に、

「stillness」(平穏)の扉をくぐります。

そして各リズムに
 ① 恐れ
 ② 怒り
 ③ 悲しみ
 ④ 楽しみ
 ⑤ 思いやり
の感情のテーマがあり、ダンスに表現していきます。

まるで、チューブから中身を絞り出すように、

感情を絞り出して作業をダンスでしていきます。
 

Luciaは、

5リズムをテーマを理解しなければ5リズムのダンスが表現、理解できないと言うので、

まずは生徒たちが理解できるように、優しく伝えてくれました。

そして自らが5リズムのダンスを踊り、

みんなに分かりやすいように見せてくれました。
 

「ダンスは自由に踊ればよい、時に私のダンスを真似てもよい。

仲間のダンスを真似てもよい。

ダンスに決められた形は無い。

上手いも下手もない。

自由に踊り、ダンスを楽しんで!」とみんなに伝えたので、

みんな構えずにダンスに入り込んで行きました。
 

時には、優しく。

     優雅に。

   また軽やかに。

      激しく。

 

日頃、あまり自分を表現しない生徒たちが、少しずつ緊張がゆるみ感情が湧き出してきました。

 P1010085.JPG

 Luciaのダンスはとても魅力的です。魅せられます。
 各リズムに合わせ、感情を表現していきます。
 恐れ!
 怒り!
 悲しみ!
 楽しみ!
 思いやり!

P1010123.JPG

P1010125.JPG

P1010135.JPG

特に悲しみの感情の表現はみんなの心を捉えました。

Luciaのプロフィールから、

5年前に婚約者を亡くしている事は知っていたのですが、その真実を聴かされました。
 

仕事帰りに携帯が鳴り「自宅で婚約者が殺害された!」事を知らされました。

その時から5感が止まり、

まるで「心が粉々に砕け散った」思いだったそうです。

その後何をやっても感動が無い。

今まで楽しんでいた事にさえも感覚がない状態だったそうです。

そして「私にはやはりダンスしかない!」ことに気づき再びダンスを踊り出したそうです。

その結果、「ダンスのお陰で立ち直り、今にある。
だからこの度は、この自分を取り戻した思いを、みんなに伝えたい!」
 

彼女のダンスは真剣そのものです。

結果、生徒たちの心を突き動かしたようです。
 

この経験が彼女を大きく変えたのでしょう!
 

それ故、彼女の「気遣い」「思いやり」は素敵でした。

ごく自然に振る舞いながら!
 

ひとりがリーダーになり踊り、

みんなが後ろからリーダーと同じように踊る時に、

各自が自分の意思でリーダーになってくのですが、

やはり「引っ込み思案の子」は中々、前に出ません!

そんな時、Lucaiはそれとなく名前を呼びその子を前に来させダンスをさせます。

それも決して強制的な所は無く、ごく自然に!

Luciaにとっては、初めて出会う生徒たち、名前と顔は一致しません。

特に外人にとっては、日本人の名前(セカンドネイムです。)は発音が聞き取り難く区別がつきません。

しかし、まだ誰がリーダーをしていないかをしっかり見ていて、名前を呼びながら奨めていきます。
 

昼休み、顔見知りが居なくひとりでご飯を食べて、

一人ポツンといて居る子をしっかり見ていて、

二日目のワークのお昼には、

「みんな仲良くお昼を食べませんか!

全員が一緒になる必要はない。

しかしひとりにだけなるような事は無いように。

ひとりは淋しい。

みんな仲間なんだから!」

私も、初日に気づいていたので、

スタッフにケアをするように指示をしていました。
 

二日目だけを参加した生徒には、

見つけるなり傍により話しかけ、

5リズムの事を分かるように関わって行きました。

決してほったらかしにはしません。

参加者が、みんなワークを理解出来る様に、楽しめるように関わって行きました。
 
 

本当に「気遣い」「思いやり」の人です。

それもさり気なくワーク全体に「受容・共感」の安心の空間を作り上げていました。
 

生徒たちのフィードバックもLuciaに対して、とても好意的でした。
 
 暖かい、
 思いやりのある人、
 私たちの目線でワークをしてくれる、
 決して、私に付いて来いではない、私たちと一緒に歩む、
 Ellenのとは違う暖かみがある、
 こころの奥底を包んでくれる、
 と、とても好評でした!

P1010161.JPG

私は15年間、エサレンより色々力を貰いました。

生徒たちが自分らしく生きる切っ掛けを与えてくれました。

今度は恩返しの番です。
 

Luciaが日本で「5リズムワーク」を広めれる様に、

そしてLuciaがさらなる飛躍が出来る様に、

力を注ぎたく思っています。

採算度外視しても!
 

来年も開催を決めました。

2011年7月9・10日に行います。

期待してください。さらなるステージのワークショップを!