2021年3月

所長のカウンセリングアドバイス:ボタンの掛け違い

yokoitomizou 2021年3月29日 by yokoitomizou

受講生さんの中でもよく聴く話ですが

夫は何も分かってくれない!と、独りが言えば

大合唱になり

旦那さんの不平不満、悪口がいっぱい出てきます。

そんな時

「何を分かって欲しいの?」と問いかければ

「分からない!」

「自分でも何を分かって欲しいか分からずに

どうして、旦那さんが分かりますか?」と、問いかけます。

後は、沈黙です。

好きな人と恋をし結ばれた筈ですよね。

なのに何故、不平不満、憎しみあい別れるのでしょうね?

お互いが「私のことを分かって欲しい」の叫び合いです。

いわゆる「ボタンお掛け違い」です。

お互いが違った環境で人生を育んできました。

価値観が違うのです。

違う価値観の二人が

新しい価値観を育んで行くのが夫婦です。

例えば

結婚当初

料理の味付けは旦那さんに合わせます。(今は逆かも!)

でも、時間が経つとともに

だんだん奥さんの味に変わってきて、

やがて、奥さんの味に変わります。

でも、元の奥さんの味には戻りません。

旦那さんの味が加わり

新しい夫婦の味が産まれます。

夫婦というのは

違う人生を歩んだふたりが

新しい人生(価値観)を創り出し

成長をして歩むのです。

新しいボタンの掛け合いをしていきます。

夫婦生活を送るうちに

どこかでボタンの掛け違いが生じます。

掛け違い気付かずにボタンを掛けていくと

ズレが大きくなります。

修正が利かなくなり、破局に向かいます。

掛け違えた場所に戻り

掛け直せば、元に戻ります。

何処で、掛け違えたか見つけ

二人で掛け直しをしませんか?

好きな人と恋をし、結ばれたのですから!

 

 

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング

 

 

 

 

所長のカウンセリングアドバイス:表裏一体・森田療法

yokoitomizou 2021年3月22日 by yokoitomizou

「症状を取り除くよりも症状を持ったままでも、

生きていける強に人間を創る」

これが森田療法のテーマでもあります

私達は、「ダメな自分」を見がちです。

「ダメな私が悪い。だから幸せになれない」。

「ダメな私を取り除けば、幸せになれる。」と思いがちです。

でも、やっかいなもので

ダークな部分を取り除けば、クリーンなるはずなのに

暫くすると、クリーンの中からダークが産まれます。

また、ダークを取り除けば、その中からダークが産まれる。

この繰り返しです。

表裏一体

ダークがあるからこそ、クリーンがあるのです。

ダークを消せば、クリーンも存在できないのです。

切り離す事は出来ません。

幸せの裏には不幸せがあります。

幸せと不幸せとを比較して「幸せ」を実感しています。

幸せばかりでは、幸せは感じられないのです。

絵画で光を表現するときは

影を強調します。

その反対側に光を表現することが出来ます。

絵の具では光だけを表現できないのです。

影がなければ「光」は存在できないのです。

私達も一緒です。

良い性格だけでは私は存在出来ません。

悪い性格があるからこそ、良い性格が分かるのです。

良い性格と悪い性格が有って「私」なのです。

まして、良い性格、悪い性格は他者評価で決めていています。

自分で自分を的確に評価出来ている人は、ほぼ居ませんからね。

悪いところばかりを気にして、

取り除かなければなれないと思うからこそ

苦しくなり「神経症」になるのです。

「良いところも、悪いところも有って私」なのです。

「あるがままの私」で生きませんか。

総てが私の魅力なのです。

 

 

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング

所長のカウンセリングアドバイス:カウンセリング・自分が変わる

yokoitomizou 2021年3月15日 by yokoitomizou

ヴィクトール・フランクル

「状況がどうしても変えられない時、自分自身が変われるかどうか迫られている」

フランクルがアウシュビッツ「ユダヤ人捕虜収容所」での体験からの言葉です。

ホロコースト(ユダヤ人の大量虐殺)、

あの過酷な環境の中で生き延びるためには、

自分自身が変わるしか生き延びる術はありませんでした。

ここまで過酷な環境でなくても、人生の中では起こります。

色々な家庭環境の中で苦しみ悩んでいる方が多く居られます。

子供は、親の価値観の中で成長します。

人生の生き方、ご飯の食べ方、物事の考え方・・・等々

何の疑いもなく、

ごく自然なもの、

当たり前の事として成長します。

例えそこに問題があっても。

今までがそれで問題なく生活が出来たからです。

子供が成長をする中で、色々な矛盾が出てきます。

当たり前と思っていたことが、問題があることに気付きます。

その結果、自分自身の人格に悩み苦しみます。

特に思秋期に。

思春期の子供はこの矛盾に苦しみます。

自分自身を取り戻すために、

環境を変えるためにもがき苦しみます。

ただ、家庭の環境は変わりません。

親の世代では、

問題なく当たり前に進んだから変える必要などないのです。

親の価値観が正しいのだと信じて、

もし変えれば、

親自身の生き方が崩壊するからです。

絶対に変えることはありません。

いくら子供が訴えても。

親が変わる事を期待しても無駄です。

自分自身が変わる方が、早いのです。

職場や対人関係でも同じ事が言えます。

相手に変わることを来しても無駄です。

自分自身が変わることを目指した方が

自分らしく生きられます。

私が「A」のボタンを押します。

相手は「A」の反応をします。

「A」のボタンを押し続ける限り、相手は「A」の反応しかしません。当然です。

もし、私が「B」のボタンを押す(自分が変わる)と

相手は「B」の反応をします。

相手は変わったのです。

自分が変わることを目指しませんか!

 

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング

 

所長のカウンセリングアドバイス:やればできる「夢は叶う」

yokoitomizou 2021年3月8日 by yokoitomizou

「やればできる」

芸人のティモンディの高岸さんではありませんが

夢が見つかり希望に満ちて進んでいくと

何かと問題が発生します。

スムーズに物事が進むことは稀です。

ともかく壁が出現してきます。

これでもか、これでもかと!

本当に、夢を打ち砕くかの如く。

ひとつクリアすれば

次の問題が現れ

挫折してしまいそうになります。

いつの間にやら、出来ない理由探しをします。

ここで諦めたら夢は潰れます。

それが、あなたの夢だったの!

そんな、薄っぺらい夢だったの!

でも、本当に実現したい夢ならば乗り越えられるはずです。

もう無理、ダメだと諦められますか?

本当にやりたいのならば

色々な方法を探し

色々な人に力も借り

夢の実現に力を注げます。

だって、やりたいことでしょう!

諦めたくないのでしょ!

「夢を実現するにはどの様にすれば良いか!」

一つ一つ壁を潰し、クリアしていき

夢を繋いでいきます。

頑張って乗り越えたひとだけが掴めるのが「本当の夢」です。

夢を実現するのです。

諦めない限り。

時間が掛かるかもしれません。

夢の結果が変わるかもしれません。

でも、やりたい夢ならば

遣り甲斐がります。

「やり遂げた」の達成感があります。

夢は叶うのです。

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング

 

所長のカウンセリングアドバイス:ゲシュタルト療法・感情を溜める

yokoitomizou 2021年3月1日 by yokoitomizou

皆さんは、感情を吐き出していますか?

逆に、感情を抑え込んでいませんか?

喜怒哀楽の感情は素直に吐き出して正常なのです。

哀しいから泣く

嬉しいから笑う

腹が立つから怒る。当たり前の感情です。

でも、素直に出すと怒られるのです。

悪い子になるのです。

悪い子は嫌われ、愛されません。

だから、感情を吐き出さず溜め込みます。

溜めすぎて、心が破裂しそうになると

八つ当たりという形で、人にぶつけます。

ぶつけられた人は犠牲者ですけれどね。

皆さんは、感情を殺し押さえ込むとき

何処に力を入れていますか?

また意識したことが有りますか?

筋肉が硬かったり、柔らかすぎたり

熱を持っていたり、冷たかったり

感情を筋肉の中に「緊張」という形で

閉じ込めます。

「ブロッキング」と言います。

怒りをお腹に

恐怖を胸に、

肩に泣くことを閉じ込めています。

泣くときに肩が震えるでしょ。

怒りが出てくると、息苦しくなるでしょ。

奥歯にも力が入っていませんか?

人は感情を殺すとき

奥歯に力を込め食いしばります。

口を開けば、感情が飛ぶ出でるからです。

これが常習化している人は

顎がガチガチです。

首筋もパンパンに張っています。

声も小さく、息も浅いです。

こんな事をしてる限り、苦しいだけです。

一度、自分の心に聴いてあげてください。

哀しくない

苦しくない

辛くない

怒っていない

しっかりと受け止めてあげてください。

そして、吐き出すことを許してあげてください。

カウンセリング場は

それを、許される場です。

 

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング