一歩進んで二歩下がる:動く

cocorotkn 2007年10月23日 by cocorotkn

「一歩進んで二歩下がる」えっ!

 

「三歩進んで二歩下がる」ではありません。

一般的には、

三歩進んで二歩下がっても、

結果として一歩進んでいるのだから、OKではないか。

一歩ずつ確実に進んで、積み重ねていく事も大事だ。

その通りです。

下がってしまった自分に目を向けて、

後悔したり、

ダメ出しするより、

結果として、

一歩進んだ事に、目を向けようとする事はとても大切な事です。

とても前向きに考えられます。

物事を悪く観るより、

前向きに物事を捉えるこの習慣が大切です。

 

「一歩進んで二歩下がる」これはどうでしょう?

 

一般的に観れば結果として、

一歩下がってしまっているので、ダメですよね。

 

しかし、ものは捕らえようです。

確かに一歩下がってはいます。

でも一歩、歩けた自分自身に注目をして欲しいのです。

間違いなく一歩、歩けたのです。

 

グチュグチュ言い訳をして、

人のせいにして歩かない人たちより、

はるかに立派です。

歩きもせずに失敗だけを怖がって、何もしない人達より!

 

一度、歩けたのだから次も歩けます。

歩き続ける(動き続ける)から、変化も生まれます。

歩かない人には変化は生まれません。

 

その人に、新たに産まれ変われる、

自分らしく生きれるチャンスが生まれたのです。

 

水は、流れているからこそ、清流でいられます。

止まれば澱み、

腐っていきます。

私達も一緒です。

歩き(動き)続けるからこそ変化が生まれます。

 

変化を怖がり、

歩みを止めると、自分らしく生きる事はできません。

他人に合わせた、人生しか出来なくなります。(他人本位の人生)

 

先ず、一歩を踏み出しましょう!

そしてその一歩に自信を持ちましょう。
  

「最初のだ~い 一歩」

子供の頃の、あの言葉を思い出して!

 

カウンセラー養成体験講座への申し込みはこちらから!

「特別カウンセリングサービス」カウンセリング専門日をもうけました。

本気の恋愛・結婚メソッド:恋愛カウンセリング

親活・親婚・代理婚活カウンセリング

コメントは受け付けていません。