TKN心理サロンブログ:ケンカに聴こえたの?

yokoitomizou 2013年12月18日 by yokoitomizou

「人生脚本セミナー」の3回目最後の講座で

「再現ドラマ:インナーチャイルドの叫び」を行いました。

 

 

このセミナーは、毎年必ず行う講座で、

かなりハード目のセミナーです。

 

幼い時に、

両親に分かって欲しかったのに、

分かって貰えなく、

グッと飲み込んだ感情を吐き出して貰うセミナーです。

 

幼さゆえに、

自分の気持ちを旨く伝えられなく、

親の勝手な解釈、

都合、

押しつけ、

(時には親からすれば、子供の為と思って良かれと押しつけている場合)により、

分かって貰えなかった思いが、

悲しみ、苦しみ、淋しさ、そして怒りとなって、

心の中のインナーチャイルドが我慢しています。

 

それを、トレーナーと共に「再現ドラマ」を展開します。

 

トレーナーが親役になり、

生徒(幼い子供)の思いをぶつけて貰うのです。

 

初めは、おとなしく気持ちを伝えていますが、

親の反論に合い、

感情が高ぶり言葉使いが激しくなって来ます。

 

優しかった言葉使いが、

幼い子供の言葉使いになり、

キツイ言葉が出てきます。

 

当然、声も大きくなり怒鳴り合いの展開になっていきます。

 

正しく「エンプティーチェアー」のワークショップです。

 

 

処が、私の学校はオフィスビルのひと部屋ですので当然、

両隣りは普通の会社です。

 

ワークの怒鳴り声を聴いて、

「ケンカが起きている」を勘違いをされたようです。

 

普段はおとなしい部屋が、

急に女性の癇高い声で言い争っているのですから、

喧嘩をしていると思われても仕方ないかもしれません。

 

隣の部屋から、

管理人さんの処に連絡が入り、

学校に電話が入ってきました。

 

「大丈夫ですか?喧嘩をしているのではと、お隣さんが心配しています。」って。

 

それ程、激しい感情が飛び出してきたのです。

出しきった後、

親役のトレーナーが受け止める事により、

セラピーは終了します。

 

その後は、スッキリとした感覚に浸る事が出来ます。

 

普段、こんなに感情が溜まっている事に初めて気づきます。

おとなしい人程、激しい感情が吐き出される事が多いです。

 

確かに、状況が分からない人からすれば、

「大喧嘩」にしか思えないでしょうね?

 

事実、親と喧嘩をしていたのですからね!

 

 

IMG_0684

 

 

コメントは受け付けていません。