男性不妊

cocorotkn 2008年2月14日 by cocorotkn

いよいよ明日は、バレンタインですが期待されていますか?

 

私も、女房と娘達から貰いました。

そして開封と共にみんなに食べられました。

いつもの事ですが、

娘たちは自分達が食べたいチョコレートをプレゼントしてくれます。

今度私が食べる時には残っているのやら!!

お返しが怖いです。

 

先の祝日には、「お雛様」を出しました。

確かこの前出して、閉まったはずなのにもう出す時期が来てしまいました。

一年てあっと言う間ですね。

私の家は立派な七段飾りですので、飾るのに時間がかかります。

初めの頃は半日掛かりでしたが、今では2時間ほどで出来ます。手を抜いているのですが!

でも今年は、娘たちも手伝ってくれたので、一時間ほどで飾り終える事ができました。

 

午後からは、娘たちは「友チョコ」を作るのでキッチンは戦争状態です。

部屋の中は、甘~いチョコレートの香りが充満していました。

まだ、好きな彼が居ないようで、友チョコです。少しホッとした気分です。

 

子供達が悪戦苦闘しているときにTVのニュースを見ていると、

「男性不妊」の特集をしていました。

すこしズッシとくるものがあります。

HPにも書いていますように、

私自身が男性不妊でしたので、他人事のように見る事が出来ません。

あの時の事が思い出してきます。

「検査」「手術」「嫌な思い」等、色々と。

インタビューに答えている男性が「男性を否定された気分になった。苦しかった」と答えていました。

確かにこの気持ちはよく分かります。

同じ気持ちでした。

精能力が無い=男性失格=ダメなやつ=人間失格=恥ずかしい事=人には言えない、

と勝手に決め込んでいました。

 

何か暗く重たいモノが、

心の中に常に引っ掛かっていて、

気持ちが晴れることはありませんでした。

 

しかし、今は受け止め方が違っています。

「こころの世界」に携わっているおかげで。

決して子供に恵まれたからではありません。

 

「男性を否定された」とは、誰からでしょうか?

誰も私を否定していません。

否定しているのは自分自身です。

他人お目を気にして!

確かに他人は勝手な事を言います。

馬鹿にしたり、

蔑んだり、

否定したり。

でもそれは、その人の価値観で見ているだけで、

決して自分自身を否定されたわけではありません。

 

現に他の価値観を持つ人に出会えば、

「肯定」と結果も変わります。

自分自身が自分を「否定」している限りは、何も変わりません。

 

先ずは、「男性不妊」である事を、

自分自身が受け入れる事です。

 

他人の評価を気にして、自分を見失わないようにしましょう。

「あるがままの私」を認める事をしませんか?

 

私も、
「男性不妊である私が、今の私。」

「肯定も否定もない。」

と、思えるようになった時に、

真剣に「不妊」に対し向き合う事が出来ました。
 

 

この事は、人生でも言える事です。

「ありのままの自分自身を、受け入れる。肯定も否定もなく。」

「良いもなく悪いもなく、そのまんまの私。」

を認める事をしませんか?

コメントは受け付けていません。