TKN心理サロンブログ:MKノー≒WKノー

yokoitomizou 2014年3月4日 by yokoitomizou

先般、新聞のコラムで「MKノー」という言葉を見ました。

 

在るコンサルタント会社が、

企業の立て直しの為にプロデュースしている時の事です。

 

古い体質の企業ほど「MKノー」が現れるそうです。

亡霊の如く!

 

新しい企画を提案したら必ず、現れるそうです。

 

「M:そんな事、今まで見た事がない!」

 

「K:そんな事、聞いた事がない!」

 

と、叫ぶそうです。

化石化した考えの管理職、役員達の口から!

 

そして、新しい企画を、次から次へと潰しに掛かるそうです。

 

結局、変わりたくないようです。

これでは、その企業の立て直しなど出来る筈がありません。

現状のまま、改善が出来る訳ありません。

現状が問題だったからその会社が傾いたのですから。

 

問題点に直視して、

改善して行かない限り、

変革は産まれません。

痛い思いも時には必要です。

 

 

この事は、カウンセリングの世界でも言えます。

カウンセリングの世界では「WKノー」です。

カウンセリングをすすめている時に、

「悩みの核心」に近付くと、

みなさん思考能力が停止します。

 

そこで、出てくる言葉が、

 

「W:分かりません。」

 

「K:怖いです。」と、

この言葉が出てきます。

そして最後に「N:泣く」です。

 

やはり、こちらも変わる事が怖いのです。

 

変わりたい。

自分らしく生きたい。

幸せになりたい。と、

みんな願い、頑張っています。

 

でも、何処かで変わる事の恐怖が、

「WKノー」を言わせるのです。

 

古いしがらみ。

ひとりになるのではないかへの恐怖が、

変える事を拒みます。

 

「幽霊(の正体)見たり枯れ尾花」です。

(先日の講座で、この「ことわざ」を使ったら、すべりました!何で?)

 

幼少期に刷り込まれた

「恐怖:見捨てられる恐怖」に、

縛り付けられているだけです。

拘りです。

 

現実は、

もう私たちは成人して、

社会人として生きて居ます。

過去の事に脅えて生きる必要は、もうないのです。

 

ほんの、チョットした勇気です!(何処かで聞いた事のある、セリフですね!)

 

一歩、前へ足を踏み出しませんか!

 

 

「WKノー」から、バイバイする勇気を持って!

 

 

 

つるスイトピー

コメントは受け付けていません。