TKN心理サロンブログ:プロの技

yokoitomizou 2014年3月11日 by yokoitomizou

スプリングコートを買いました。

 

どうもスプリングコートには縁がなく、

春先だけのコートなので購入するタイミングを逃して居ました。

この、ひと月さえ誤魔化せば乗り切れる乗り切れる処が、在りましたから。

 

昨日、女房と一緒にデパートへ買いに行い来ました。

 

ただ、私の年齢からすると選択肢が限られて仕舞い、

選びようもないのですが、

一つの店に入りました。

 

「バーバリー」です。

 

そこの男性店員さんが素晴らしかったです。

私より年上ですが凄腕です。

 

私を見るなり、

サイズを見抜き、

コートの下に着せるジャケットを選び、

コートを着せました。

 

ボタンを留め、

ベルトを締めました。

 

ピシッと決まりました。

 

見事な着こなし方です。

思わず「ほぉ~!」と納得してしまいました。

 

これぞ、このコートの着こなし方だ!と

納得させられました。

私までが別人に見えました。

 

鏡に映っている姿の自分に成りたいと思いました。

 

ただ、直ぐには決定せずに、他の店とコートと比較する事に。

 

そこの男性店員さんが、

やはり同じような手順でジャケット、コートを着せてくれました。

 

そこに映っている「私」は、

貧弱な年老いた「おっちゃん」でした。

 

コートが悪い訳ではありません。

良いコートです。

着こなし方でした。

 

何時もならば、直ぐに決めて購入するのですが、

何故か二人とも悩みました。

選べない特別の理由が在る訳でもありません。

 

その代わり、どうしても必要だからという思いも有りましたので、決めれなかったのです。

 

二人で、一旦は諦めたのですが、

あのバーバリーの男性が忘れられないのです。

 

商品に誇りを持ち、

自信を持って最高の着こなしを魅せた、

あの男性が脳裏から離れないのです。

 

どうせ買うならば、彼から買いたい。

もう一度店に行って、彼が居れば買う。

居なければ買わない。

 

これぞ「プロの技」でした。

お陰でブランド価値も上がりました。

 

因みに、私が何時も買っていた「D」メーカの店員さんは、

軽く感じられ今まで好きで買っていたブランドなのに、

急にランク落ちの安物を着ている感じまでしました。

 

プロの技の凄さを実感させられました。

 

結局、店に戻りもう一度試着して、購入しました。

 

コートの扱い方、着こなしの仕方など、色んな事の話も聞きながら!

 

ここで問題です。

果たして私が、旨く着こなしが出来るか?

おおいに問題です。

 

鏡に映った、自分のようになれるか?

 

これからの私次第ですよね。

ダンディーになれるかな?

 

 

桜

 

 

コメントは受け付けていません。