バリ研修:目的は如何に

cocorotkn 2008年3月25日 by cocorotkn

今年のバリ研修が23日より始まりました。
エレン・ワトソンによる

「エサレン・マッサージ」のプラクティショナーになる為の、1ヵ月に及ぶセミナーです。

 

本来ならば、エサレン研究所に行き1ヵ月間のセミナーを受けなければなりませんが、

エレンはバリ島でセミナーを行いライセンスが取得できるようにワークショップを行なっています。

日本人にとっては、アメリカのエサレン研究所へ行くより少し安心して行けます。

特に今年は東京の「IMSI」の冨野さん

(昨年、秋のエレンのワークショップに参加してもらっています。エレンを通じて知り合うことが出来ました。)が、

通訳兼スタッフとして参加しているので、例年より増して安心して参加できます。

 

今年も私共の学校から、ひとり女性が参加しています。

申し込みの段階から冨野さんに協力してもらい大変助かりました。

でも女性って勇気がありますね。

ライセンスを取るために、一ヶ月間ひとりでバリに行くなんて、

私には出来ません。

とても!だって淋しいですからね。

知り合いも居ない(日本人は居ますよ)のに、

私には耐えられません!

だって私は淋しがりやですから!

 

本人も不安の中での出発だと思います。

しっかり学んで帰国して欲しいものです。

帰国後半年以内に、

30人にマッサージをカルテを作り、

最後にプラクティショナーをマッサージして、

レポート書いてもらいエサレンに送って審査を受け、

初めてライセンスが取得できます。大変な作業です。

 

 

でも本当は、これからが大事なのです。

苦労して取得したライセンスを如何に活かすかが重要です。

まだまだ数は少ないですが、日本でもプラクティショナー育っています。

しかしそれを活かして仕事に、人生に活かしている人は僅かしかおりません。

 

何故、このライセンスが自分に必要か、

何のために使うのか?

と言う問いかけが大事です。

 

 

ライセンスが何かをしてくれるわけではありません。

如何に使いこなせるか?

役立てられるか?

それによって、「エサレン・マッサージ」も生きるか死ぬか決まります。

 

この事は、どんな事にでもいえます。

今までやって来たことが「宝の持ち腐れ」になっていませんか?

それを「如何に活かすか」

一度、考えてみる事が必要です!
 

コメントは受け付けていません。