立場変われば

cocorotkn 2008年3月28日 by cocorotkn

桜の華も咲き始め、春が近づいてきましたね。

ここ2・3日は肌寒い日ですが!

子供達も春休みに入り、

少し生活のリズムがくるって来ました。

夜遅くまで起きていて、朝はゆっくり起きてくる。

おかげで一日子供達の顔を見ない日が出てきます。

只でさえも、顔を合わしたり、話しをする時間が少ないのに困ったものです。(実は私が淋しかったりして)
 

 

この一週間嫌な事件が続きます。

 
無差別事件があっちこっちで!

以前にも書きましたが「共時性」が起きているかの如くです。

(無意識の世界でみんなが繋がっているので、誰かが意識すれば、他の人も意識する。簡単に言えば)

 
今、専門家の人たちが原因を追究していますが、謎が多すぎます。

無理に答えを出せば、

本当の謎が迷宮入りしてしまいます。

難しいことです。

特に、人間の心理の解明は!

 

今回の事件で、ふと思ったのですが、(岡山の突き落とし事件です)

彼は、13年前に「震災」遭遇して、

家を失い大阪に移り住み、

学校で「いじめ」遭い辛い思いをし、

いじめから逃れるために遠い高校へ進学して、

勉強に励み成績を上げ、

トップクラスまで行き、

「大学受験」では、家が貧しいから「断念」する。

「働いてお金をためて進学する」

しかし、就職先が決まらない!

かなりの苦労をしているとの報道でした。

 

ここで立場が変わればですが、

もし彼が不幸から苦しみ嘆き、

「自殺」の方向に行けば彼の立場は

「悲劇の主人公」になっていました。

みんなからも同情をされていたでしょう。

 

しかし、彼は取り返しのつかない事件を起しました。

彼の立場は「犯罪者」です。

みんなから非難ごうごうです。

 

同じ環境なのに、こんなに立場が変わります。

 

環境・条件だけで、答えが出せないと言う事を、

改めて実感させられました。

同じ環境中で育っても、

しっかり生きていく人のほうが多い中で、

「自殺」「犯罪者」になってしまうのは何故なのか?

 

その、ひとなりの立場に立って物事を聴かないと、

答えが変わってきます。

 

今回の事件は「きっかけ」にしか過ぎません。

根本的に巣くっているいる物は何なのかを、しっかり見極める必要があります。

 

 

私達も、気づかぬ間に色々と葛藤が生まれています。

何かの拍子で飛び出してきた時に、

どのように対応するかによって、大きく立場が変わります。
 
 

 

しっかり自分の事を知る必要があります。
 

 

カウンセリングとは難しいものです!

コメントは受け付けていません。