プロセス:悩みに至る経緯

cocorotkn 2008年4月9日 by cocorotkn

結果を重要視するか、

プロセスを重要視するか?

 

どちらも大事な事ですね!

ただ私達カウンセリングの世界では、

特にプロセスを大切にします。

その中に本当のテーマがあるからです。

 

悩みを解決してスッキリする。

そして元の生活に戻る。

確かに大事です。

ここでひとつ、気にして欲しい事があります。

その悩みに至った、経過をそして原因を。

何でもかんでも治りさえすればOKなんだ。

と言う考え方では少し困ります。

結果さ出ればOKなんだ。

細かいことを言って拘るより、

元気になったら良いじゃないか。

これも時には構わないと思います。

「結果オーライ」

 

でも問題があります。

「うつ」になり診断されて、

薬を貰い治療をします。

そして症状が安定して改善します。

ただこれでは治った事にはなりません。

原因が取り除かれていないからです。

 

「うつ」になったプロセスが各自あります。

そして各自が違います。

 

ここに至る間の、

経緯、こころの叫びが色々あります。

100人いれば100人の叫びがあります。

私達はその経緯、叫びを聴かなければなりません。

それを受け止めてこそ、本当の原因が見えてきます。

 

クライアントの心の叫びをしっかり受け止め、

感じ取れる事がとても大事です。

 

「受容と共感」この事が出来る勉強を、学校で行なっています。

コメントは受け付けていません。