TKN心理サロンブログ:心優しさと心強さ

yokoitomizou 2014年5月19日 by yokoitomizou

心優しい方が良いのか、

 

心強い方が良いのか!

 

カウンセリングの場合は、

両方兼ね備えて居なければなりません。

 

卒業生でカウンセリングを行っている人をみていますと、

家族をベースにして、カウンセリングをいる人、

仕事をベースにカウンセリングをしている方が居ます。

 

家族中心型の人は、

心優し過ぎる方多い様です。

カウンセリングを請けても、

予約日に子供が急に熱を出したら

キャンセルしなければならないので、

100%の準備が出来ないと、考えがちです。

 

仕事中心型の人は、

請けたカウンセリングならば、

例え子供が熱を出しても

カウンセリングを行なうべきだと、考えがちです。

 

どちらが正解とは言えません。

仕事とすれば、

どんな事情があっても、請けたカウンセリングは行なうべきです。が、

 

家族にトラブルが発生してるのに

カウンセリングを優先すべきか?

 

倫理面から言えば、

何が有っても、カウンセリングを行わなければなりません。

 

難しい処です。

 

柔軟性をもって対応する事が必要です。

 

いろいろなケースを想定して、

いざという時の対応の準備が必要ですね。

 

「心優しさとと心強さ」

 

「母性と父性」の両立!

 

カウンセラーには必要です。

 

 

 

20140519-182217-66137905.jpg

 

コメントは受け付けていません。