もったいない!賞味期限切れ:拘らない勇気

cocorotkn 2008年7月16日 by cocorotkn

学校の休みの日に

何も用事が無ければ女房と一緒に、スーパーに買い物に行きます。

家族で一緒に食べる夕食の買出しです。

色々なコーナーを見ていると、

昔子供の頃に見ていた様子とかなり違います。

(昔は、市場でで対面販売でした。いつの事やら!)

 

 
商品が豊富です。

何でもあります。

でも、季節感はありません。

季節の食べ物が、いつでもあります。(これって、大いに変です!)

又この頃、生鮮食料品の売り場が変わっています。

特に、生鮮食料品の品数が、極端に減っています。

あの「毒入り餃子」以来!外国産がなくなりました。

総て撤去されています。

スーパー勤務の生徒が居て、

関係ない野菜にでもクレームをつけてくるお客がいるそうです。

国産ばかりです。

綺麗に形の揃った野菜だらけです。

それを、みんな触りまくり

その中でも、綺麗な野菜を探しています。

食べるには、まったく問題無い商品でもです。

 

いつの間にやら、触りまくられて傷んだ野菜は、

誰も見向きをしませんから廃棄処分です。

流石に魚は捌かれてパックされているし、

直接魚を触るのは嫌なようなので、傷みは少ないようです。

それでもパックの上から、指で押さえるお客もいます。

 

牛乳やジュース類は、賞味期限の長い物を選んで棚の置くから選んでいます。

おかげで棚の中はぐちゃぐちゃになっています。

牛乳など1パック買えば、2・3日の間に飲んでしまいます。

あまりにも賞味期限に拘りすぎるので、

期限が近づくと売れなくなるので廃棄処分!

 

もったいなくありませんか?

今食べるのに、そんなに拘る必要があるでしょうか?

 

 

対人関係にも、似たような事がいえます。

あまりにも、拘りすぎるとギクシャクしすぎて、

還って問題が起きやすくなります。

流してしまえば済む事でさえも、

気にしすぎると小さいことまでが気になり、

問題にならないことまで、

トラブルにしてしまいます。

その場だけで済ませてしまえることも多いのです。

 

今、必要な事は何か?

と言うことに目を向けてみませんか?

 

現に、賞味期限を気にして買った牛乳を

冷蔵庫に入れっぱなしにして、飲めなくなった事はよくありませんか?
 

 

拘らなければならないことに、拘りましょう!

 

コメントは受け付けていません。