ゲシュタルト(全体性)

cocorotkn 2006年5月15日 by cocorotkn

昨日は、専科卒業生の勉強会・アカデミーでした。

卒業生達の勉強の場です。

色々なテーマで話し合い勉強します。

ここから、講師が誕生していきます。
 

昼・夜クラスに分かれ各クラスでリーダーがファシリテーターとして、テーマを出しまとめて行きます。

今回は昼クラスは「自信について」、

夜クラスは「自己主張できない(しない)」でした。

色々話し合っていきましたが、結論は似ていました。

自信の持てる私(認められる私)と自信の持てない私(認められない私)が顔を出していました。

(私達の表現ではI’m OKとI’m not OKです。)
 

幼い時に、充分に認められ、誉められていればこんな事は少ないのですが、

体験が少ないので自分に対して自信が持てず、すぐに諦めてしまいます。

又、その自分にがっかりしてどんどんマイナスイメージしか持てなくなります。

でも、そんな自分を否定的に見ている間は何も変わりません。

 

先ずは、「そんなダメな自分も、今の自分なんだ。」を言う事を認めて欲しいのです。

自分自身に「良いも悪いも無い。それが今の自分なのだ。」そして今の自分が好きかと問いかけ、

嫌なら好きな自分に変わることを目指しましょう。

 

「今、ここに」自分を見つめどのように生きるかを感じ取ってください。

良いも悪いも含めて、私なのです。

悪いところだけを取り除いていってもムダです。

良いところだけが残ったはずなのに、何故かその中から又嫌な自分が見えてきます。

こんな繰り返しよりも、

「すべて(全体性)が私。良いも悪いも無い」と言えるように!

コメントは受け付けていません。