神経症Part-②:気にしない精神

cocorotkn 2008年8月26日 by cocorotkn

今年のEllenのワークも20日を切りました。今は準備でバタバタしています。

急遽「マスク・セミナー」を行なう事が決まり、

ワークショップとしては更に充実した物になってきています。

準備に万全を配し、恙無くワークが進むように、

色々とイメージしながら段取りを考えています。

少し神経質になりながら(そんな状態では意味ないでしょ!)

 

そうです、挌言う私も「神経症」の部分を持っています。

その中のひとつとして、

食事をする前、出かける前になると「トイレ」に行って置かないと、落ち着かないのです。

別に行かなければならない状態でも、なんでもないのです。

途中で行きたくなる訳でもないのに!

 

 

皆さんも、見に覚えがある方も多いかと思います!

これは、幼い時の経験が衝動を起させています。(お漏らしをした訳ではありませんよ!)

幼い時に、食事をする前、出掛ける前等、必ず親から言われました。

「トイレに行きなさい!」

「途中でトイレに行きたいなんて、言っちゃダメだ!」

と言われ続けました。

特に、食事中にトイレに行く事など許されません。

もし行きたいと言おうものなら、

「何で、食事前に言っておかなかったんだ!行儀が悪い子だ!」と怒られます!

こんな事が繰り返されると、

「神経症」の芽が育ちます。

 

親に怒られる事は、

「悪い子」=「愛される事に値しない子」=「いい子に成らなければならない」に結びつきます。

親が怒らないように、

敏感に反応をしていきやがて「強迫観念」を植え付けられます。

 

見事に「神経症」に育ちます。

こんな、小さなことからでも「神経症」は生まれてきます。

恐ろしいものです!

 

解決法として、「トイレに行けばいいのです」

行く事により、落ち着くのですから!

気にして、

我慢したり、

イラついたり、

不安になったり、

する方が、自分を苦しめるだけです。

「今私は、トイレに行く事によって落ち着くんだ!」と思えばいいのです。

それが、「今の私」なんですから!

 

大いに「気にしない!」精神で行きましょ!

コメントは受け付けていません。