歯車:家族システム

cocorotkn 2008年9月24日 by cocorotkn

今日のテーマは「歯車」です。

 

日頃、私共の講座を受講されて、

皆さん、自分の「悩み」から少しずつ解放されていきます。

 

 

そしてたまにあるのですが、受講の途中で

「元気になれたので、後は自分の力で頑張っていきます!」と言って、

学校から離れていかれます。

本当にこの言葉は、嬉しい事です。

しかしまだ「一人で歩いていく」には早い時があります。

 

これは、エサレン研修でもエレンのワークでも良くある事です。

私共の講座や、エサレン、エレンのワークを受けることにより、

力がつき元気になります。

自分の力で歩いて、生きる気がします。

確かにこの思いは大切です。

しかしながら、「本当の自分の力で歩いている」と

錯覚をしてしまう事がよくあります。
 

 

私達は、家族という「大きなシステム」の歯車として動いています。

 

順調にこのシステムが動いていれば、問題はありません。

自分もそのシステムの歯車として、幸せに回転します。

でも、システムが間違っていたら!

 

問題を抱えながらも「家族システム」は回転を続けます。

「アンバランスのバランス」をとりながら。

長年の習慣として!

お蔭で、問題点にも気づきません。(困った事です!)

 

そんな時、ひとりの歯車が「問題点」に気づき、

「自分らしく生きたい」と叫び、

「自分らしい回転」を始めたら、

「家族全体の回転(システム)」が狂ってきます。

 

これは問題家族にとっては一大事です。

問題点に目をつむり何もない、

幸せな家族と思っていた家族にとっては、

とても耐えられない事です。

幸せ(問題がある)が脅かされるのですから!

問題家族にとって

「家族全体の回転(システム)」を乱すものは「悪者」です。

「悪者」は倒すべきです。

何をしても構いません!

いじめようが、

バッシングしようが、

傷つけようが、

見捨てようが、構わないのです。

自分達の安全を守るためには!

一気に攻めてきて、

「健全な歯車の回転」を止めて、もとの回転に戻します。

問題家族にとってはこれが「正義」です!

私達に「恐怖」が襲ってきます。

「見捨てられる恐怖」が!

 

 
講座もエサレンもエレンのワークも、

「自分らしい回転する歯車」となり、

「正しい回転」を身につけてもらいます。

それを一緒に実践しながら、回せるように実体験してもらいます。

そして回せば、

どんなに「自分らしく」生きれるか実感してもらいます。

私達はそのサポートをするだけです。

その場を提供する事しかできません。

後は、

自分の力で歯車を回転出来るように、

「歯車が自分で回れるようにモーター」を取り付けるのです。

自分で回転できるようになれば、

家族からの元へ戻す力が来ても、

跳ね返す事が出来ます。

 

講座を受けることにより、

エサレンに行く事により、

エレンのワークを受けることにより、

「みんなの力」によって、

「自分の人生の歯車を回している」と言う事実に、

気づいていない場合が多々あります。

 

自分で歯車を回しているつもりでいます。

しかしながら、

サポートがなくなれば、

初めは惰性で回っていますが、

やがて回転は止まり、

元の回転に戻されます。

もとのポジションに戻されて、何もなかった状態に戻ります。

 

自分の力で「歯車を回転」できるようになるまで、頑張って欲しいのです。

 

今回のワークショップでは、エレンにお願いして、

日常生活で5分間ぐらいでできる「エクササイズ」を作ってきてもらい、

生徒達に教えて貰いました。

ワークショップで獲る事ができた、

「安心感」「幸せ」「希望」「仲間」「やれば出来る達成感」「そしてそれを認める力」を持ち続けるために、

「エクササイズ」を続けて欲しいのです。

 

「不健全な家族のシステム」の力を跳ね除け、

「健全な歯車の回転」が出来るようになるまで、続けてください。

コメントは受け付けていません。