TKN心理サロン:第17回海外研修 カナダ・ホリホック研修報告

yokoitomizou 2014年6月17日 by yokoitomizou

2014年 第17回海外研修:カナダ・ホリホック研修を終えて:

 

今年の海外研修は、初めての試みでカナダ・ホリホックに挑みました。

 

ともかく、総ての事が初めての体験です。

企画、準備、そして研修、総てに於いて一から創り上げていかなければなりませんでした。

 

ゲシュタルト三大聖地のひとつ「Hollyhock」。

20年前のEsalenが其処に在る。

 

その通りの実感でした。

海と森に囲まれ、

ただ其処には自然が在るだけでした。

 

海は穏やかな波。

波打ち際には、

ヒラメの稚魚、

海の中の砂を掘れば天然の牡蛎が一杯。

野生の鹿やリス、

大空を羽ばたくイーグル、

キツツキ、

見えない処にはもっと居る事でしょう。

森の中を巡り、辿り着く自然の中のワーク場です。

 

Hollyhockのスタッフは、とても優しく思いやりが有ります。

泣いていれば、そっとティッシュを差し出してくれる。

 

カウンセリングの状況になって話をしていると、

さり気なくお水を届けてくれる。

 

必要以上の事はしない、

その状況下で必要なものだけを提供する。

そんなこころ遣いが、嬉しい!

 

心優しく、見守られている安心感がいっぱいあります。

 

ただ、ホリホックの到着するまでが大変でした。

 

バンクーバーまでは順調に到着できましたが、

そこからホリホックの在るコルテスト島に渡る「水上飛行機」で問題が発生しました。

セスナ機にフロートを付けた飛行機ですので、重量制限が有ります。

既定重量までの荷物はOKですが、超えれば別料金。

これは事前に分かっていました。

 

しかし重量オーバー分が20パウンドを超えると、

1座席分を取られる事が現地で知らされました。

その上荷物は別便で送るでした。

私を含めて4人が引っ掛かりトータルで約2400カナダドルをを請求されました。

それも支払いは現金か、

ローカルクレジットカードでしか受け付けてくれません。

通常のインターナショナルカード(VISAやマスターカードです。)は通用しないのです。

支払わなければ飛行機は飛びません。

飛ばなければホリホックに行けません。

本当に途方に暮れました。

ここで、現地のガイドさんが機転を利かせてくれて、

自分のカードで支払い処理をしてくれました。

 

「清算は後でしましょう。今はともかくホリホックに行く事が一番ですから。」と言って貰えました。

「地獄で仏」でした。

 

予め、20パウンド超えの件が分かっていたら、

皆でシエアして通常の追加料金だけで済むように、段取りを組む事が出来ていました。

(最終的には、ホリホックを離れるまでの間に現地旅行社に交渉して貰い、

通常の追加れ金だけで済みました。

その上、別便で来た荷物も、帰りは同じ便で運べました。

ならば、行きの飛行機は何だったでのしょうね?)

 

ともかく、無事にコルテスト島の桟橋に着き(水上飛行機ですので海面に着水です。)、

ホリホックからの迎えの車で、無事到着できました。

 

チェックインも済み、各部屋に電気自動車で連れて行ってくれます。

ホッとしました。

部屋に入りワークショップように着替え、

ミーティングルームに行こうと思って部屋を出たら、鍵が有りません。

 

そうですホリホックには、鍵がないのです。

すべての部屋に!それほど安心できる場所なのです。(Esalenでも鍵は在りましたが?)

 

そんなバタバタした中での、ホリホック研修の始まりです。

(私は、現地旅行社と日本の旅行社とのメールでのやり取りで落ち着きませんでしたが、

Wi-Fiが繋がっているという事は、とても助かりました。)

 

ワークショップは、Luciaによる「5Rhythms® Form,Flow,Freedom」

 

今回のワークの中でLuciaが言いました。

 

「人の評価で自分の器を決めているから、

侵入をされる事を恐れる、

怒りを感じる。

それは自分自身を持っていない証。

内なる声を聴き、

本当の自分を解き放ち、

良いも悪いもない、

それが総て私。

その私をありのまま受け入れよう。

今、ここに生きる。」

 

その通りです。

 

私達は「親の期待に応えて」自分を造ってきました。

期待に応えていれば、

侵入されずに、

恐れることなく、

怒りも感じることなく、

傷つく事もなく、

愛されて平穏に暮らせます。

 

しかし、自分というものを創る事を忘れてしまいました。

自信を無くし、

傷つくのを恐れ、

人の顔色ばかりを見て、

相手に合わせて生きてきました。

空っぽの器を必死に守って。

 

自分自身の本当の叫びを聴く事を恐れ、

耳を閉じてきました。

こころの声を聴き、

それを訴えれば傷つけられます。

悪い子になります。

親の期待に背くからです。

親の期待に応えないは愛されません。

認めてもらえません。

結果、自分を殺します。

 

無理をして、

叫びを訴えれば「恐怖」が襲います。

 

この恐怖を越えなければ、

自分を取り戻す事ができません。

 

その抵抗勢力が、ダンスの動きを止めるのです。

その方法が泣く、

怒る、

水を飲む、

トイレに行きたい、

足が痛い、

辛い、

しんどい、

踊る事が嫌、etc

 

ダンスにより、

ブロッキングが緩み感情が湧き出してきます。

あともう少し頑張れば超える事が出来るのに、

折角高まってきた叫びに水を差してしまいます。

「苦の耐性」が弱いからです。

 

ワーク中に色々な反応が出ました。

足の動きを止め、泣きだした者。

ダンスの最中に水を飲みに行く者。

踊っている時にトイレに行く者。

ダンスをしている事が、みんなと居る事が辛くなり逃げ出したくなる者。

頭や足がが痛くなり、スキップしたくなる者。

様々です。

これも抵抗勢力になっている可能性が有ります。

 

この壁を越えた時、本当の叫びが聴こえてきます。

 

自分は誰なのか?

私は何を求めているのか?

いったい何をしたいのか?

 

その事に気づけば、「空っぽの私」を埋める事が出来ます。

 

「私はわたし」

「私はわたしの為に生きる」

「決して、貴方の為に生きるのではない」

 

この事は、普段の講座の中で幾度となく伝えてきた事です。

 

今回のLuciaのワークショップでダンス・5Rhythms®を通して実践して貰うことになりました。

 

今年のHollyhock研修のテーマは

「Let  it  GO! 解き放て。ありのままの私を!」です。

 

ありのままの私を自由にして、

自らの器に入れて行ってください。

本当の境界線を持ち、

そして、自分を成長させる為に勇気を持って、

境界線から一歩踏み出し、

成長して行ってください。

 

ホリホック研修メンバーは、

「勇気と力と自信の種」を手に入れました。

その種を芽生えさし、

花を咲かし、

実を結ばすのは、

自分自身です。

一歩踏み出しましょう!         

 

「Let  it  GO! 解き放て。ありのままの私を!」

 

Hollyhock研修のスライドショーもYou Tubeにアップをしました。ページはこちらです。観てください。

DSCN3504 IMG_0174 IMG_0190 IMG_0199 IMG_0241 IMG_0258 IMG_0281 IMG_0296 IMG_0302 IMG_0308 IMG_0316 IMG_0319 IMG_0337 IMG_0384 IMG_0401 IMG_0418 IMG_0436 IMG_0429

 IMG_1197

 

 

コメントは受け付けていません。