教えられること

cocorotkn 2008年12月2日 by cocorotkn

講座を行っている関係上、

どうしても「教える」立場になります。

 

常に、アンテナを張り色々な情報を仕入れ、

それをカウンセリングの立場に置き換えて、生徒さん達に伝えています。

 

でも時々、逆の関係になる事もあります。

生徒さん達には、色々な職業、人生経験をされています。

単なる知識による言葉ではなく、そこにはナマの声、実際の経験があります。

実際に体験されて実感された言葉だけに、重みがあります。

説得力があります。

 

講座の中で、「自分を振り返る」作業をします。

そこに出てくる言葉には、嘘偽りはありません。

生徒さんが実際に体験してきた事を、伝えてくれます。

 

この前も、「過去はその時々の今の積み重ね。未来は、今の積み重ね。」と言われた生徒さんがいました。

上級講座の中の「森田療法とゲシュタルト療法」の中で伝える「今、ここに生きる」を実際に捉えた言葉です。

 

自分が、実感して言葉にした時に、その言葉は「命」を持ちます。

知識だけで伝えた言葉は「淡雪」の如く消えゆきます。

私たちは、「言葉」の重みをしっかり捉えて、

その中に含まれている「キーワード」の謎解きに、心を砕きます。

クライアントが必死になって伝えてくれている「言葉」を大切にしなければなりません。

「言霊」まさしくその通りです。

 

生徒さんの何気ない一言に「ハッと!」気づかされる事があります。

その言葉を聴き漏らさぬ様に、常にアンテナを張っていなければなりません。

 

私の方が、一杯教えられることがありますので。

案外、教えているより、

教えられている事の方が、多いかもしれません!

人生、いつも総て勉強です。!

すべてのものに感謝します。

コメントは受け付けていません。