TKN心理サロンブログ:今昔ドラマ:MOZU

yokoitomizou 2014年7月22日 by yokoitomizou

私は仕事がら、TVドラマを」観る機会が極端に少ないです。

 

毎日、自宅に着くのが早くて11:00PM。ドラマはすべて終わっています。

 

観れるのは、休みの日で子供たちがTVを観ていない時間帯だけです。

 

今シーズンは何が話題のドラマなのか?全く分からないのが常です。

 

でも、講座中の例題としてドラマ等から、

テーマを見つける必要があります。

 

そんな時には、

子供たちが録画した番組を観ている時に、

一緒に観て話題を仕入れます。

後は、新聞のTV解説で把握するようにしています。

 

前回クールで、

上の娘が興味の持っていたのが「MOZU」でした。

娘もリアルタイムに観る事が出来ないので、録画をしていました。

私も休みの時に参戦しました。

 

心理的に観ても、面白いドラマでした。

一回目から最終回まで観ることはできません。

話はとぎれとぎれになりがちですけれどね。

 

じっくりと考えさせられる推理物語でも在ります。

 

「真の犯人探し」。

裏切りあり、

どんでん返しあり、

予測がつきにくいドラマでした。

 

全話を通して、

「一つのあらすじ」になっていますので、

じっくりと考えさせられました。

 

次回の展開、真実探しの謎解き。

回を追うごとに謎が謎を呼び、

真実へと向かいます。

 

本当の「連続ドラマ」でした。

 

でも今のドラマは、一話完結型ドラマになっていますね。

その日の回で、「起承転結」が起きています。

刑事ドラマでも、その回で事件が起きて、解決する。

その回で、話が決着しないと、落ち着かないのでしょうかね?

 

一つの事件を1クールを通して、解決する。

では、そのドラマを観なくなるのでしょうかね?

 

じっくりと考えて、次回の放送まで期待する。

 

日々、私達の生活が時間に追われ、

ゆっくりと物事を考えて観る事が、

だんだんと許されない時代に成って来ているのでしょうか?

 

「水戸黄門」型の、ドラマがいいのですかね?

 

私が子供の頃は、

一年間かけて、

ドラマが完結する時代でした。

これも、ちょっと長すぎますけれどね。

 

久々に、じっくりと観たいと思ったドラマに出会いました。

も、シーズン2は「Wowow」なので、観れないのが残念です!

 

 

 

IMG_0261

体験講座への申込みはこちら!

 

コメントは受け付けていません。