TKN心理サロンブログ:子供達からの挑戦状

yokoitomizou 2014年7月31日 by yokoitomizou

先日書いたブログの続きみたいになりますが、

今、正に「子供達からの挑戦状」が

大人たちに叩きつけられている気がします。

 

「高1殺人事件」は、

社会的に見れば「加害者」になりますが、

心理学:カウンセリングの世界から見れば

「被害者」とも言える処が在ります。

決して、加害者を擁護している訳ではありません。

罪は罪ですから。

裁かれた刑に服して貰わねばなりません。

被害者の尊い命は、

失われ、

一杯いろんな事が出来きる未来を奪われたのですからね。

何の非もないのに。

 

カウンセリングの世界から見れば「産まれてきた時」は、

真っ白な心で産まれてきます。

産まれた時から心に色が付いている人はいません。

 

育てられた環境の中で色が付いていきます。

 

如何に親から愛着:スキンシップを貰うか。

それによって心の安定が産まれ、

親との中で信頼関係が結ばれます。

そして人に対する「思いやり」。

 

私達は、メディアによる情報しか入りませんから、

詳しい成育歴は分かりません。

流れて来る情報だけでも、

彼女は叫んで居たと思います。

 

「誰か、私を止めて欲しい。私の暴走を!」と。

彼女の悲鳴が!

 

幼い時から「小さな悲鳴」を上げていたと思います。

その悲鳴に応えて安心感が育ちます。

その叫びに応えられなければ、

子供の心に「疑惑」の芽が育ちます。

その役目は「親」であり、

その周りにいる「大人」です。

 

外で何か傷つく事があっても「家」に戻れば、

守ってくれる、

癒してくれる「親」「大人」が居るからこそ、

安心感が在り、

外で頑張れるのです。

 

「疑惑」から「安心感」に切り替えるために、

子供達はいろいろな事を起こします。

事件やいたずら。

時には自分の気持ちを殺して「良い子」を演じ続ける子。

 

「私の叫び」を分かって欲しいから。

 

此処からは、私の勝手な想像です。

「猫の解剖」「給食への薬品混入」など、

色々有ったのではないでしょうか?

給食の件では、

校長先生と両親と一緒に同級生の処に謝りにいっているようです。

 

その時の親の、大人の対応次第で、

子供の心は却って傷つきます。

 

子供は、「悪い事をした」事は、分かっています。

その時に過剰に反応をして罰せられると「罪悪感」が増します。

 

それと同時に「分かってくれない」との思いが、募っていきます。

本人も気付かない、無意識の中での行動です。

 

「自分に対して、真剣に向き合って欲しい」そのための危険な反応行動です。

 

その時に「大人の常識反応:社会的対応」をされれば、

子供はどの様に受け取るでしょうか?

 

「我が子」を取るのか「世間体」を取るのか!

 

真剣に向き合って怒ってくれる!

それが父性です。

母性で子供を擁護し、

父性で躾ける。

我が子を愛する。

 

その上で、「良いものは良い、悪いものは悪い。」

何回かチャンスは在ったと思います。

その時に「心の叫び」を聴き受け止めていれば、

ブレーキが掛ったのではないでしょうか?

分かって貰えなければ、

ブレーキの壊れた暴走車の様なものです。

停まるまで暴走をし続けます。

 

最後のチャンスは「父親への金属バットによる暴力」だったかもしれません。

この時の止めれなかった故の、暴走かも知れません。

 

世の中では、思春期を迎えた子供たちが、

「もし、今回の様な事が起きれば」と心配している親御さんが一杯、居られると思います。

 

私とて、思春期真っ盛りの娘を抱えていますから。

でも大多数の子供達は、こんな暴走はしません。

でも、因子は持っています。

 

子供達の心は「小さい器」の様なものです。

思春期を迎えた子供達は不安だらけです。

子供から大人に変わる大変な時期です。

 

今まで正しかった事が、

大人の世界では間違いなのです。

間違っていた事が、正しいのです。

 

だって、私達大人が「正しい事をしなさい」と

言いながら「悪い事」をするのです。

 

そしてその非を認めず、

平然と嘘をつき誤魔化すのですから。

時には他人に罪を擦り付けるのですからね。

 

そら、子供達には矛盾した事ばかりで、

信じることができません。

大人を。

 

そんな大人に、自分もこれから成るのですから、

「小さな心の器」はパンクしてもおかしくありません。

 

でも、大多数の子供達は、

親や大人たちに守られ、

「そんなもんなんだ」と、

この矛盾を受け入れていきます。

 

居場所である家=Home=家族、が在るから。

 

しかしながら、

彼女の場合は「心の叫び」を吐き出しても「OK」という、

安心の居場所が無かったのかもしれません。

 

今回の事件は、他人ごとでは在りません。

また何処かで起こりうる事件でも在ります。

 

その証拠は「神戸連続児童殺傷事件酒鬼薔薇事件」です。

この事件も、今回と似たような環境かもしれません。

 

彼も叫んでいたと思います

「誰か俺を止めてくれ!」と。

 

今回の事件も、「心の病気」と片付ける方が楽かもしれません。

 

心の病としてならば、根本的に治療が必要でしょう。

「高校1年生にマンションで一人暮らしをさせている」

「親が名士だから、甘やかして育てすぎた」

「以前の事件も、親がもみ消した」

「母親が病死して、一年も経たないうちに再婚した。そのために子供が問題を起こした」などと、

ワイドショー的に物事を捉えたら楽なのかもしれません。

 

「自分の子供は別」と思えるからです。

 

しかし、先程も書きましたが、

親、大人がしっかりと子供たちの「心の叫び」に真摯に向き合い、

受け止めない限り、

また子供達は「暴走」を始めるでしょう。

 

子供達は、

私達、親や大人たち、

世の中に挑戦状を叩きつけてきたのです。

 

「私達に対し、真剣に向き合ってくれるか!」

 

私達は、この子供達からの挑戦状から逃げる事はできません。

 

真剣に向き合わないといけない時です。

簡単に済む話ではありません。

 

それは、私達、親、大人たちが、

その親や大人たちに、

受け止めて貰っていないからです。

また、その親や大人たちも同じことが言えます。

の因果が、大きくなり襲ってきています。

 

だからと言って、私達親は言い訳はできません。

 

これからの子供たちの為にも、

真摯に向き合わないといけません。

 

子供たちの挑戦状に対し、受けて立ちましょう!

 

PS:私の考えを書いてしまい、逆に不愉快の思いをされた方、また反対意見のお有りの方も、多々居られると思います。

その時は、メールでご意見をお寄せください。色々な見方が出来き私の勉強にもなりますので、よろしくお願いをします。

 

 

 

 P7107090 110710_1137 ますく-02_0001

 

 

 

 

 

体験講座への申込みはこちら!

コメントは受け付けていません。