TKN心理サロンブログ:心術・人術・算術

yokoitomizou 2014年10月7日 by yokoitomizou

「医は人術か?算術か」と、言われる事が在ります。

 

建て前と、本音が入れ交る処ですね。

 

カウンセリングの世界も同じ事が言えるかもしれません。

 

当然、カウンセリングの世界は「人術」。

 

クライアントの悩みを聴き、

心の問題点を見つけ、

謎を解決に導くのが大切なテーマです。

相手がどんな人でも、関わり方は一緒です。

 

例え、相手が加害者であっても、

時には自分にとって嫌な人でも。

地位や身分で、差はつけません。

総ての人が同じ、平等の扱いで関わります。

 

まして、相手が「イケメン」「かわいい子」だからと言って、特別扱いもいけません。

 

心の問題を、「算術」お金次第で態度を変えてはいけません。

相手が、金持ちだから、身分の対人だから、有名人だから、と言って、差別をしてはいけません。

また、かわいそうだからと言って、関わってもいけません。

 

「ひとりの人間」として、関わります。

特に、クライアントの心を扱いますので、

「心術」がテーマに成ります。

しっかりと「心の叫び」を聴き、受け止める。

そして、自分力で立ち直る。そのお手伝いをするのが「カウンセラー」です。

 

「心と心の信頼関係」が大切です。

 

クライアント自身も気付いていない、

心の問題点「核心:悩みの球根」にテーマが在りますので、

 

心のかなり奥深い処まで、触れ合っていきます。

 

カウンセリングは「心術」に成ります。

とても大切です。

 

ただ、此処で「算術」も大切なテーマでもあります。

 

カウンセラーと言えども「人間」です。

仙人の如く「霞」を食べて生きていけません。

家族も養わなければなりません。

 

その上で、

カウンセリングルームを維持しなければなりません。

綺麗事では済みません。

 

また、カウンセリング料金を頂く事により

「責任」を持たなければなりません。

 

ボランティアで無料ですると、

心の片隅に「逃げ」が産まれてきます。

 

「料金を貰ってないのだから、この程度でいいか?」と言い訳をしないためにも。

 

そして、クライアントも「高い料金を払っているのだから、治す。」と言う、気持ちも必要です。

 

長引けば長引くほど支払いが、積み重なっていくのですから。

 

カウンセラーとクライアントのためにも、「算術」は必要です。

 

「心術」+「人術」+「算術」この三位一体のバランスが必要となります。

どれ一つ欠けても、成り立ちません。

綺麗事で済む世界ではありません。

 

クライアントもカウンセラーも、

真剣勝負をしているもけですから。

 

でも、バランスのとり方は難しいですよね。

 

此処にも「ゲシュタルト」のテーマが、

顔を出してきますね。 🙄 

 

IMG_0213

ホリホックのメディテェーションルーム

 

 体験講座への申込みはこちら!

 

コメントは受け付けていません。