TKN心理サロンブログ:とうとのひとりごと「待つという苦しみ」

yokoitomizou 2014年10月29日 by yokoitomizou

「待つという苦しみ」

 

カウンセリングを行っている時「待つ」と言う事は、

基本であり、当たり前、当然のことです。

 

でも現実、これが難しい!

 

クライアントの話を聴き、

受け止める事が、

簡単そうでとても至難な事です。

 

「受容と共感」を持ってクライアントの話を聴き、

クライアントも気付いていない深層心理の「心の叫び」に耳を傾け、

問題点を導き出していきます。

 

クライアントは、澱みなく喋ることも有れば、

沈黙したり、

詰りながら途切れ途切れに語ってきたりします。

 

言葉と言葉の「間合い」。

この間合いがとても大切です。

 

でも、この間合いがとても難しい。

 

クライアントが次に語りだすタイムングを如何に待つか?

カウンセラーも焦りから、

間合いを詰めてしまいがちになります。

 

今、正しく次の言葉を語りだそうとする時に、

思わず、

カウンセラーが待ち切れずに、

一言を言ってしまう事が在ります。

 

これで、総てが水の泡となります。

 

逆に、間合いを詰めて「水を振る」事により、

次の言葉を促す事も有ります。

本当の「受容と共感」を問われます。

 

クライアントの気持ちに寄り添い、あたかもわが身に起きた如く感じる!

 

クライアントの気持ちを汲み、「待つ」勇気!

 

そのためにも、「ありのままの私」を受け入れる事が大切です。

「I’m not OK」の自分自身を受け入れる。

ウソはつかない事が大切です。と、

言う事は十分承知なのですが、

思わずやっちゃうのですよね!

 

待ち切れずに!

 

 

日々、修行です。

 

 

IMG_0514

 

  カウンセリング:カウンセラー体験講座への申込みはこちら!

コメントは受け付けていません。